ビリから2番目漢のバラモンキング2016完走記③ 〜知らない漢に見つめられて〜 #1015


 

バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!

大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。

※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!

***

(登場人物)

元帥:ポセイ丼の創始者で絶対王。黒くて太い税理士で、パルテノン神殿とかにいそう。

仙人:ポセイ丼最速の漢。常に浮いている解脱系。

えぇ。。さん:ポセイ丼最細の漢。フリーザ様第3形態に体型が似ている。

みよっしー:ポセイ丼最高の成長株漢。弱点と欠点がないのが弱点であり欠点。

ザック:ポセイ丼ラン部門最速の漢。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。

熊:ポセイ丼最重の、厳密には別チームの生き物。まごつき癖あり。

***

現地に着くと、まずは競技説明会に出席しなければならない。この競技説明会に参加すると、「ああ、俺はまた命を賭けた戦いに臨むんだな」と実感する。

IMG_0118

 

トライアスロンは、特にロングの大会になるほどに命のリスクが大きくなる。

スイム、バイク、ランで比較すると、スイムの事故率が圧倒的に高い。年間数人はトライアスロンで死亡しているが、そのほぼ全てがスイムで発生している。

次に危ないのがバイク。僕クラスの重量打線になると、下りでのトップスピードは70kmを超える。(プロだと100kmを超える。アホかと。)

Read more

ビリから2番目漢のバラモンキング2016完走記② 〜出発、五島まで〜 #1014


 

バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!

大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。

※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!

***

(登場人物)

元帥:ポセイ丼の創始者で絶対王。黒くて太い税理士で、パルテノン神殿とかにいそう。

仙人:ポセイ丼最速の漢。常に浮いている解脱系。

えぇ。。さん:ポセイ丼最細の漢。フリーザ様第3形態に体型が似ている。

みよっしー:ポセイ丼最高の成長株漢。弱点と欠点がないのが弱点であり欠点。

ザック:ポセイ丼ラン部門最速の漢。UKC(薄い・軽い・チャラい)が自慢。

熊:ポセイ丼最重の、厳密には別チームの生き物。まごつき癖あり。

***

バラモンキングは長崎は五島で開催される。

東京組としては、羽田→福岡→五島福江空港か羽田→長崎→ジェットフォイルで五島に入るのが一般的。

旅の手配は全て元帥と仙人がやってくれた。

Read more

ビリから2番目漢のバラモンキング2016完走記① 〜レース概要とメンバー紹介〜 #1013


 

バラモンキング2016(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を14時間57分46秒で制限時間2分前、ビリから2番目でゴールしました!

大会テーマ「進め 限界のその先へ」の如く、限界のその先へ進んだ話を赤裸々に語ります。

※老若男女問わず五島で応援してくれた地元の皆さん、五島で死闘を共にした皆さんからのFacebook申請お待ちしております。誰か分からないので一言あると嬉しいです。名前はゼッケンNoから探してちょんまげ。皆さん本当にありがとうございました!

***

バラモンキング2016を、安定の制限時間2分前、完走者中ビリから2番目の成績にてゴール!

去年に続き2度目の挑戦。去年が30分前ゴールだったことを踏まえても、単純比較は出来ないけれど今年の方が断然ツラかった!

ゴール直後に糖質過多と疲労と薬物過剰のせいでパンパンに膨れ上がった顔でチーム「ポセイ丼」の戦友たちと。みんな本当にありがとう。誰一人いなくても、完走が出来なかった。

IMG_0238

Read more

継続は権力なり #1012


 

IMG_0175

我らがトライアスロンチーム「ポセイ丼」は、とある勉強会で知り合った者同士が、その後の交流を経て作ったチームである。

所属するのは生命保険業界に属する僕以外に、税理士、会計士、コンサルタント、などのサムライ業や、ITエンジニアや経営企画などの超大手企業エリート、元フリーターなど、各界を代表する猛者が集まっている。

それぞれの個性の強さと実力の高さがゆえに、誰もが盗んだバイクで走り出したり校舎の窓ガラスを割ってまわらんばかりの社会不適合者となっており、会社でも意思なき指示に従うような輩ではない。

その職種もバラバラ、趣味も性格もバラバラな「ポセイ丼」を一手に束ねているのが、我らが師匠である通称「元帥」であり、我々社会不適合者たち全員が言うことを聞くのは、この方の話だけである。なぜそんなことが可能なのだろうか?

Read more

尾崎豊が現代にフィットするようにBPO好みの歌詞を考えてみた #1008


 

先日、考えようによっては舛添問題以上の悲劇が起きていることが判明した。

尾崎豊の「15の夜」をBGMにしたアパレルブランドGUのCMについて、「歌詞のせいで犯罪を助長する可能性がある」として多数のクレームがBPO(放送倫理・番組向上機構)に入り、放送の自粛を迫られているという。

ぶほっ!

と、あまりのバカバカしさに茶がヘソを湧かした視聴者も多かったことと思う。僕も豆が鳩鉄砲食らったような顔に一瞬だけなってしまった。

そう、時代は尾崎豊ですら許さない偏狭な世紀末に突入してしまったようであった。

誰が電話したかは大体分かっている。

「暇な人」である。少なくとも、僕の周りにこの手のことでいちいちクレームを入れるバカは一人もいない。みんな忙しいからだ。

Read more

僕は「海老蔵派」というよりは、「あの方派」である #1007


 

マスコミが「マスゴミ」化していると言われて久しい。

今回、奥方である小林麻央さんの乳がんの状況に関する海老蔵さんの、あの腹の底から怒りにまみれた声をかろうじて押さえながら絞り出すような会見を見て、

あるいは、「人の命に関わることなので、これ以上の取材はご遠慮ください」と真摯に海老蔵さんが伝えたにも関わらず、その後も取材攻勢を弱めないマスコミの姿勢を見て、

そう思った人は多かったと思う。有名税とは言え、確かにヒドい。僕でもそう思った。

 

それに対し、ネット上には海老蔵さんの男らしさや麻央さんを支える優しさ、総じて人間としての崇高さを讃える声が多くなっている。

僕もそう思う。海老蔵さんの会見、見ていたけれど、むちゃくちゃな質問を浴びせてくるマスコミに対して、(内心は怒り狂っているだろうに)一つ一つ丁寧に返している姿が、表現が正しいかは分からないけれど精悍だった。

男たるものこうあるべき、と思うほどカッコよかった。

ただ僕のなかでは、その会見を見ながら、数年前に同じような状況で全く別の決断をした、もう一人の有名人がオーバーラップしていた。

そしてその人は、僕のなかでは海老蔵さんよりカッコよかったと思えた。

***

その有名人とは、DeNAの創業者である南場智子さんである。

南場さんは2011年にご主人のガンが発覚。

それまで夫婦揃って仕事一筋(凡人の仕事一筋とはレベルの違う一筋具合)だったのが一転、代表取締役を降りてご主人の看病に専念することにした。

本人も認めていることであるが、表現を雑にすることを恐れずに言えば、要するに南場さんは

全てを放り出して逃げた

のである。

 

その後は南場さんによる献身的な看病と最先端の医療技術を極めた人材が結集し、なんとか快復に向かった模様。

良かった良かった。

そして南場さんは現在はフルタイムの取締役会長として復帰している。

***

海老蔵さんは、麻央さんの闘病が始まってから、情報を伏せつつそれを感じさせないパフォーマンスを本業で叩き出してきた。

一方の南場さんは、自身のそれまでの働き過ぎの人生に対する贖罪の意味も含め、2年間は看病一本の生活となった。

本業目線で見た場合、

 

逃げずに戦った海老蔵さん

全てを放り出して逃げた南場さん

 

というふうに僕には映る。対立構造でも何でもないけれど、同じ「社会的に重責を担う人間の家族の健康問題に対するリアクション」としては真逆だったと言える。

一般的には、前者がその「本業に対する献身性」を称賛される一方で、後者は「家族への献身性」を感じさせるものの、「気持ちは分かるけど・・・」と思われがちになるのではないだろうか。

男女の別はあれど、おそらくは前者の評価が後者を上回るのが、今の日本なのではないかね。

んで、僕から見たところ、海老蔵さんも確かに立派だったけれど、南場さんの潔さというか、本当に大事な人、本当に大事なことのために全てを捨て去るという決断力の方が、表現の適切さは別として「カッコいい」と思えたのである。

上場企業の社長がコレをやってのけたということで、今までにないワークライフバランスに関するインパクトを世間に与えたのではないかと思う。

仕事のための仕事、という価値観が変わりつつあるということを感じた出来事だった。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

※羅王の個人コンサル、始めました。ご希望の方はメッセ下さい。

※Facebook友だち申請はお気軽にどうぞ。ただし最低限の自己紹介はお願いします。

※Twitter始めてみました。たまに暴言吐いてます。「羅王」で見つかるかなと。

尾崎豊は15歳でタバコを吸い、バイクを盗み、夜の校舎の窓ガラスを壊してまわった犯罪者ですが何か? #1006


 

芸能界で不祥事のニュースが後を断たない。

ちょっと調べてみたら、結構な数の芸能人、有名人が、実質的な意味もしくは比喩的な意味での「前科持ち」だったので羅列してみたい。

下記は、

①過去にやらかしたことがある。(有罪、懲役、執行猶予、書類送検含む)

②現在は社会的に免罪されている。

の2点に当てはまっていると僕が勝手に判断している方々。

Read more

早朝トレーニングは皇居がオススメ!走って後悔することは何もない! #998


 

長崎県は五島で開催されるバラモンキング(スイム3.8km、バイク180km、ラン42km)が迫っているため、大急ぎで仕上げに入った今週末。

諸事情あり昨年の9月からほとんどトレーニング出来ていないままこの大一番に望むことになってしまったので、毎度今更ながら焦っている。

Read more

ヒドい本だけど面白い。fact is factは本当らしい。#997


 

IMG_9882

最近読んだなかでは最もヒドい、しかし残念ながらかなり面白い本がこちら。

「言ってはいけない〜残酷すぎる真実〜 橘玲」

 

この本は誰もが「それ、ヤバくない?」と思うことにがっつり焦点を当てて、差別だなんだと糾弾されかねないことを、進化論的な視点から恐れず書いている。

書いてあることがデタラメであることを願うほどヒドいことがばかり書いてあるこの本。中身はちょっとだけ抜粋するとこんな感じ。ホントにヒドい。でもたぶん相当にデータや論文を調べた上で書いてもあるし、特定のエスタブリッシュメントの中では半ば常識なんだって。

オーマイガ。

▼黒人は他の人種に比べて有意に知能が低い。次が白人で、アジア人は最も知能が高い。

▼「黒人特有の運動能力が云々」という話と、「障がいは遺伝する」という話は一緒。プラス要素は遺伝するのにマイナス要素は遺伝しないなんてことはあり得ない。

▼バカも依存症も精神病も遺伝する。ちなみに犯罪も遺伝する。

▼ブスと美人の経済格差は生涯で3600万円。

▼「一夫多妻性」で蹂躙されるのは、女性の人権ではなく、負け組の男性の人権である。

▼人間は、「パンツを履いたチンパンジー」でしかない。

▼なぜゴリラはカラダが大きくアソコが小さく、人間はカラダが小さくアソコが大きいのか?

▼子どもの教育に、親は何の影響も及ぼさない。

▼白人グループで真面目に勉強するヤツが大半だと、同じ学校コミュニティの黒人グループは暴力的になる。

ゴリラのアソコの話以外はどれも、正義感を少しでも持つ人なら許せない論調だろうし、僕自身、「人間は平等であり、人生は個人の力で何とでもなる」と考えてきた人間だから、最初はとても抵抗があった。

しかし本書ではそれらに対する疑問をことごとくデータを用いて証明しており、また僕はそれに対する反証を持ち合わせていない。

なにより、ちょっと薄々思っていたこともあったりしたので、やっぱりそうだったかという思いの方が強かったというのが正直なところだ。(勿論、この本に用いられているデータ自体がねつ造であったり信憑性の低いものである可能性はないではないけれど、それに対抗する術もその気も僕にはない。一応そのまま受け止めることとする。)

Read more