ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

『へぇ〜!』から『そうそう!』を目指せ!

time 2013/05/13


ご訪問有難うございます。一期一会のご縁に感謝します。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みなさんこんぬつわ〜、こちらは8桁超えの自己投資をしてきた羅王のブログです。驚異の偏差値『8』を叩き出した高校時代から始まった『The 補欠人生』にピリオドを打ち、人生のレギュラーを目指す軌跡と奇跡を備忘録兼ねて徒然なるままに記しました。同じように悩み苦しむ誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
先日、師匠の一人としてお世話になっている鮒谷周史さん(http://www.2nd-stage.jp/ 僕が唯一この世で『人の人生を変える力がある』と思ってるメルマガの発行者さん)と3時間半に及ぶミーティングをさせていただきました。今自分が思っていること、感じていること、トライしていること、うまくいかないことを全てまな板の上に乗せ、ちゃちゃちゃっと料理していただきました。詳細はどれだけ文章にしても伝わらないと思いますが、この方の言語能力というのは、ちょっと常軌を逸しています。どんなわかりづらい現象も鍛え抜かれた言葉のノミで深く彫り進んでいき、誰にでも見れば分かるミケランジェロのような像に仕上げてしまう、とでも言いましょうか、そんな感じです。武力でケンカしたら間違いなく秒殺できそうなんですけどね。。不思議な師匠です(失礼!)
で、今回この鮒谷さんとお話をさせていただくのは、セミナー参加も合わせるとのべ50時間近くになるわけですが、今回僕がした相槌のほとんどは、『そうそう!』というものでした。ちなみに鮒谷さんとお話をさせていただいた当初、僕の相槌のほとんどは『へぇ〜!』でした。人は一般的に、知らないことを知った時、『へぇ〜!』となるものです。しかしそれは、まだ『知っているだけ』な状態です。
これが『そうそう(そうだよね)』と思えるようになったら、一段進んだ証拠です。その物事に関して理解が深まり、自分の中でも共感が出来ている状態になります。自分の中で何らかのPDCAが回っていて、対象に関して自分なりの解釈や言葉で語れるようになっているレベルです。
更にそこから経験を積んで『できる』状態になると、相槌は間違いなく『そうそう!(そうなんですよ!)』と、やや興奮を帯びたものになります。なぜ興奮を帯びたものになるかというと、今回の例で言えば、尊敬する鮒谷さんという御大と少なくとも同じステージに立てたという喜びが加わるからです。反対のステージから『いいなぁ〜、いいなぁ〜』と思っていた頃とは違い、レベルの差はあれど同じステージに立ちはじめている自分という存在に対して、この上ない喜びが湧いてくるのです。それが、『そうそう!』という相槌の内実です。
レベルの差は依然かなりありますよ、確かに。でも、この『そうそう!』となってからの学びのスピードというのは、その喜びゆえに取り組みが真摯となり逓増していきます。そこそこセンスのある野球少年が、イチロー選手に『君いいね、プロ野球選手目指しなよ』と言われて興奮して、そこから人が変わったように練習し加速度的に成長していく、そんな感じです。
『そうそう!』は、成長の一つのシグナルなのです。尊敬する人の話を聞いたときに、心のうちに『へぇ〜!(そうなんだ)』と湧いてくるようであれば、まだまだです。『そうそう(そうだよね)』だともう一息。『そうそう!(そうなんですよ!)』になれば、あとは爆進するだけです。目標とする背中は、まだ遠いかもしれませんが、決して手の届かない世界にはありません。
僕の大好きな漫画の代表格はドラゴンボールですが、その中で忘れられない場面があります。セル編で『精神と時の部屋』での修行を終えた悟空と悟飯がセルと戦う場面です。セルへの唯一の対抗馬としていきなり悟空が全力で戦うのですが、その様子を見て、他のZ戦士(ドラゴンボールの正義キャラのこと)は、戦慄を憶えます。なんだこの有り得ないレベルの戦いは・・・と。その中で唯一、悟飯は違う感想を持ちました。『みんなお父さんのこと凄い凄いというけれど、ほんとにそうなんだろうか。お父さんはまだ全力で戦っていないように見えるけど??』ちなみにこの時、悟空は全力も全力、100%で余力のない状態で戦っており、このあとあんなことやこんなことがあって悟飯は覚醒し、ドラゴンボールの世界では絶対とされた悟空を凌ぐ戦士として活躍する展開となります。
『そうそう!』という感想を抱くのは、例えるならちょうど上記の悟飯のような状態なのではないかと思います。すなわち、強くなった当初は、自分が強くなったということになかなか気づけないもの。しかしそれは何かのきっかけで必ず、そして確実に分かる時がきます。悟空という父親は、悟飯にとって偉大すぎる強すぎる存在でした。しかしこの戦いで、『あれ?あれ?もしかして?』というように、父親が自分の手の届く場所にいることを知ります。そして、自分がその場所までいつの間にかたどり着いてしまったことに気づきます。強くなるとは、成長するとはそんなものです。
鮒谷さんに関しては、ドラゴンボール風に言えばまだまだ『こ、この男、戦闘力の底が知れん!!』という状態ですが、鮒谷さんとの時間において僕が感じた相槌に関しては、少なくともかなりの成長が自分の中にあったことを確信しました。人って、自分の成長が分かると嬉しいもんですね。僕は今、相当嬉しいです。てなわけでここからさらに逓増的に成長してきますんで!
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
我が人生に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。