ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

【MDRT世界大会シリーズ】こじはるは○○○しない理論

time 2013/06/22


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みなさんこんぬつわ〜、ご訪問有難うございます、羅王のブログです。驚異の偏差値『8』を叩き出した高校時代から始まった『The 補欠人生』にピリオドを打ち、8桁超えの自己投資を通じて人生のレギュラーを目指す軌跡と奇跡を備忘録兼ねて徒然なるままに記しました。大体30分で書いてますので瞬発力重視なのはご愛嬌。。貴方とのご縁に一片の悔いなし!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
※世界中の保険業界の代表選手が集まるMDRT Annual Meetingに出席するため、米国はフィラデルフィアとニューヨークに滞在していました。に関する思考の徒然をここ1週間ほど続けたいと思います。
古来より、人は知らないこと、分からないこと、見えないもの、理解出来ないものに対して、必要以上に畏れを抱いてきました。地球が丸いことが証明されるまでは、地平の先に巨大な滝壺があって船はそこから全て流れ落ちると思われていましたし、人智を超えるものに関しては、神の存在を以てその理解の促進をしようとしました。
過度に畏れることというのは、同じ人間に対しても起こりえます。『川越シェフは毎日朝からフランス料理を食べてるんだろう』とか、『こじはるはう○こしない』といった類いの畏れです。これらの畏れは、相手を神聖化する一方で、そこへの距離や興味に関して半ば思考停止をもたらします。川越さんは、こじはるは違うよね、みたいな。努力したってああはなれないよね、みたいな。
アメリカ勉強関係ということで思い出したのですが、僕はMBAに強烈な憧れを持っています。なにせメアドの一部にmbaと入ってるぐらい。が、生命保険という仕事をしている限り、MDRTのような組織に関わるのでなければ全くと言っていいほど英語ともMBAとも無縁になります。代わりに、『MBAホルダー』という称号を持つ人間に憧れが出てきました。
で、幸運なことに同じ勉強会の仲間の仲間にMBAホルダーの方がいらっしゃるということで、忙しいのを承知で無理やり時間をもらって逢ってきました。『こじはるはう○こしない』理論よろしく、『MBA持ってたら仕事困らないですよね?』とか『MBA持ってたら悩みなんて全部解決できちゃいますよね?』とか、『MBA持ってたら未来も見えるし何でもできますよね?』みたいな、自分でもアホだと思ってるし答えも分かってるはずの質問をバンバンしましたが、答えは予想通り。
『んなわけないでしょ・・』
今日お逢いしたYさんは憧れの名門大のMBAホルダーなのですが、とても気さくに色々なことを話してくれました。え?そこまで細かくて大丈夫?ということまで、初対面の僕に話してくれました。曰く、
『若い女の子が考えるみたいに、結婚したら必ず幸せになれるかといえば、結婚してる人なら誰でもそうではないと分かる。同じように、MBA持ってれば仕事に困らないとか悩みがなくなるかといえば、それもやっぱり必ずしもそうだとは言えない。全然全然全然言えない。むしろ、MBA持ってるだけで、入門したてなのにいきなり幕内力士扱いで土俵に乗せられるようなもので、実はそのラベルゆえにかなりきつい。』
なるほどなるほど。つまり『こじはるはう○こする』し、『MBAホルダーでも悩む』ということのようです。知ってたけど。でもそれを直接本人の口からお聞きすることができたのは良かった。何故か『安心』しました。確かにめちゃくちゃ優秀な方なのだろうと思われる所作でしたが、同じ人間なのだということも改めてわかりました。
こういうことって実は結構大事なのです。
人は自分の知らない世界に関して、前述の通り過度に畏れます。暗闇の中でもたった3m先を照らしながらずっと走れば、太陽が上っていなくともフルマラソンを完走出来るのに、ハナから42.195km先を照らそうとして、そしてその不可能を勝手に悟るのです。僕にとっては最近の例で言えば、戦略コンサルの方や今回のMBAホルダーの方というのが、その具体的な畏れの対象でした。なんだか分からないけど畏れていたのです。そして実際に逢ってみたら、意外と同じ人間だったのです。(もちろんロジカルさとか知識とかは全然違いますが、念のため)
人の成長が妨げられるのは、こういった過度な畏れが原因である場合がかなりあります。勉強会でもよく話すことですが、年収2000万の人と年収1000万の人の能力差は、倍ではなく実は1.1倍程度しかなかったりします。しかし感覚的には倍ぐらい優秀なんだと思ってしまうようです。そしてそれは、年収1000万の人が2000万の人に追いつこうとする意欲をそぎ落とすのに十分な差となってしまいます。実は大したことないのに、人はその畏れ故にチャレンジをやめてしまうのです。
今日Yさんとお逢いしたことで、上記のように自分持つ畏れについて良い形の省察を行うことができました。Yさん、有難うございました!
ま、僕は『こじはるはう○こしない』とまだ信じてますけどね。その分さっしーがしてるんだよきっと。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
我が人生に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。