ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

【MDRT世界大会シリーズ】日米野球の違い

time 2013/06/18


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みなさんこんぬつわ〜、ご訪問有難うございます、羅王のブログです。驚異の偏差値『8』を叩き出した高校時代から始まった『The 補欠人生』にピリオドを打ち、8桁超えの自己投資を通じて人生のレギュラーを目指す軌跡と奇跡を備忘録兼ねて徒然なるままに記しました。大体30分で書いてますので瞬発力重視なのはご愛嬌。。貴方とのご縁に一片の悔いなし!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
※世界中の保険業界の代表選手が集まるMDRT Annual Meetingに出席するため、米国はフィラデルフィアとニューヨークに滞在していました。に関する思考の徒然をここ1週間ほど続けたいと思います。
日本のプロ野球と米大リーグの最大の違いは何でしょうか。列挙するとすれば思いつくのは下記。
プロ野球は90kgで大型選手だが、大リーグでは100kg超えは当たり前。体格が違う。
プロ野球でメインを張るのは綺麗なストレートだが、大リーグでは手元で不規則な変化をするカットボールが主流。
プロ野球は守備の際に正面で捕球するよう教育を受けるが、大リーグでは最も送球に移りやすいグラブの移動での捕球が好まれる。
プロ野球は選手を育てるのが基本だが、大リーグでは即戦力採用が基本。
プロ野球はバントを多用するが、大リーグでは力技でのバッティングが大勢を占める。
プロ野球はデッドボールの報復を禁止しているが、大リーグでは露骨にそれが行われる。
プロ野球ではホームランを打つと大喜びするが、大リーグではそれは失礼に当たるためガッツポーズはベースを踏んだ後小さく行われる。
プロ野球は日本人がメインだが、大リーグではそれなりのシェアの米国人以外は、他国の人間が多数を占める。
いろいろありますね。野球に詳しい人から見れば筋違いなものもあるかもしれませんが、素人的に思いつくのは以上です。が、僕がそれ以外に最も違うなといつもテレビを見ていて感じるのですが、最も違う点の一つとして、『バッティングフォームの多彩さ』を挙げたいと思います。プロ野球では大体どの選手も同じようなフォームをしています。ピッチャーに対して正対し、ボールが外角に来ても内角に来ても打てるようにバッターボックスの中心に立ちます。もちろん同じ一流選手兼日本プロ野球出身であるイチロー選手と松井選手は打ち方が違います。が、大きく見ればそこまで大きな違いでもないのではないでしょうか。バットをボールに当てるという作業をそれぞれのバッティングスタイルに合わせて最適化しているだけです。
ところが、大リーグを見ていると、よくぞそんなフォームで打てるよね、と素人でも思わざるを得ないような選手が沢山います。というかほとんどそうなんじゃ?? 極端なクローズドスタンスでベースに被さらんばかりの前傾姿勢の選手、反対に、そこまで足開いて外角打てるのかいと思うようなオープンスタンスの選手、意味のない高さまでバットを振り上げて構えて、打つときは結局普通に打つ選手、ダウンスイングが基本のはずの野球なのに、完全にアッパースイングで当たれば確実にホームランだけど当たらなければ・・・という選手。。。本当に沢山の種類の選手がいます。
共通しているのは、彼らは皆超一流選手であるということです。そして共通していないのはそのフォームです。全員違う。自分の得意な型を極めています。成功する選手の型が大体似通っている日本プロ野球と比べて、『バットが一定の回転量をボールに与える角度でヒッティングする』というボールを速く遠くに飛ばすための満たすべき要件以外はてんでバラバラなのです。逆に言えば、それが満たせているのならば、どんな型でも良いということになります。なので大リーグでの調整はかなりの裁量において、選手個人に任されています。
これは野球に限らず他にも言えることです。成功とは、満たすべき法則さえ満たしていれば、その上のアプリケーションレイヤーはなんでも良いということです。OSレベルでは反射神経、運動神経、筋力、動体視力、メンタル、球技適性などが必要なのでしょうが、それらを具現化したプレーの幅というのは、実は僕達日本人が『常識』と考える範囲よりもっと広いのではないでしょうか。iPhoneはほとんど誰が見てもiPhoneと言い当てることができますが、日本の会社の携帯電話のメーカーを一瞬で当てられるのは、それなりのマニアの人だけでしょう。iPhoneには『SDカードの交換が出来ない』、『Flashが見られない』、『充電器が特徴的』という致命的と思われる弱点がありますが、それを補う強みと、そして当たり前のように備えられた通信、アプリ機能を備えています。バッターボックスの範囲内であれば、バッターはどこに立っても良いのです。
成功に決まったパターンはありません。満たすべき最低条件がいくつかあるだけです。それさえ満たせば、どんな型でも実はOKです。イチロー選手は当時特徴的なバッティングフォームを全否定されました。彼にはそれに抗い、自己を貫き続ける意志がありました。しかし普通の人はどうでしょう?なかなかそこまで自分の型を貫くことは難しいのではないでしょうか。人はなかなかどうして、自分が持っている型を全てと思いがちで、それが通じなければ『もう終わりだ!』と悲観的になりがちです。しかし隣の芝生を見てみなはれ。全然違う芝刈り機で芝を刈ってる人がいます。青い芝生を保つのが目的であって、その機械がダメなら違う機械を買えばよし。それもダメなら手で芝刈りを、一人でダメなら近所の人を動員し、毎回は大変なのでボランティアをネットで募集して、功労者には表彰でも良いでしょう。今度はそれを組織化して全国に広げていくのも手です。
成功にパターンはありません。知っていたことではありましたが、本当に沢山の種類の『成功の形』を持つアメリカという国の中心部で数日を過ごし、改めて感じたことです。娘に愛されることが僕の人生の大切な目的の一つなので、たまに家出しようと思います。
ヒットが頻繁に打て、ホームランがたまに打てれば良いのです。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
我が人生に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。