ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

だからこそ伝説

time 2013/02/02


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『だからこそ伝説』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昨今、『ポジティブシンキング』が注目されています。好景気に沸き日本全体が前に進んでいた時代ならいざ知らず、ネガティブなニュースばかりが流れ、気を抜くと下を向いてしまいそうな時代だからこそ、物事をポジティブに捉えられることが、もはや社会で生き抜くための能力やスキルの一つとして取り上げられるようになっています。
僕も今まで、このポジティブシンキングをしようと何度も何度も試みてきました。勿論、それなりには出来るようになってきたのですが、やはり本音から言うと、なかなか物事ポジティブに考えられるものではありません。それがネガティブなものであればあるほど、額面通りネガティブに受け止めてしまいます。
例えば、訪問先で犬に噛まれた時に、
『あ〜良かった、噛まれたのがゴリラじゃなくて。ツイてるなぁ。』
とか、
営業先でお茶をかけられたら、
『あ〜良かった、かけられたのがファンタじゃなくて。ツイてるなぁ。』
とか、
鳥のフンが落ちてきたら、
『あ〜良かった、降ってきたのが人糞じゃなくて。ツイてるなぁ。』
とか、もはや変態の域に達するようなポジティブさは、やはり身に付けるに至りません。世の中にはスゴイ人がいるもので、ポジティブな人は本当にポジティブ。上記に挙げたようなアホな例でも、本当にそのまんまポジティブに受け止められるような人を、少なくとも僕は2〜3人知っています。が、僕には無理です。凡人ですから、そこまで異常なポジティブにはなれない。それでも、ポジティブシンキングが大事だということは重々分かっているつもりです。
ではどうしたらいいのか?ということで僕のような凡人にとってポジティブシンキングを手に入れる手段を公開したいと思います。それは、
『時間差ポジティブ』
です。すなわち、
『今すぐにポジティブには捉えられないけれど、時間が経てばポジティブに捉えられ、むしろ伝説化するとこまで持っていく』ことです。
人に言えないようなダメダメな生活を送っていたり、公開出来ないようなショボいことをしていた経験があったり、物凄くカッコ悪い時代があったり、人は誰しもそういうコンプレックスを抱えていると思います。でも、それら全てを、今を形成している負債としてみずに、全部ポジティブな伝説にしてしまったらどうでしょう?
例えば僕の場合、
『高校の時に偏差値が8まで落ちた』→『だからこそそこから這い上がって(カンニングして)受験受かってかくかくしかじかで今がある、その軌跡に意味がある』
『同じく高校部活の最後で、レギュラーになれなかった』→『だからこそ人生のレギュラーになるべく、いま尋常でない量と質の努力が出来ている』
といった、わりかしまともなことから、
『小学生の頃、友達の家に朝6時から上がり込んで、となりでおばあちゃんが寝ているにも関わらずスーファミをやりまくっていた』→『だからこそゲームにハマり込む人間がどれだけアホになるのかを良く知っていて、一切断つことができた。ソーシャルゲームにも絶対にハマらない』
『1人に対する恋愛で傷ついた経験から、同じ轍を踏まないために公には10人ぐらい好きということにしていたら、全員から、あんた他の子が好きなんでしょ!と総スカン食らった』→『だからこそ、八方美人は良くないということを肝に銘じることができた』
といったわりかしアホなことから、
『インドを甘く見ていたら、25歳にしてう○こを漏らした』→『だからこそ、日常において一瞬でトイレの位置を発見できるようになり、視野が拡がった。ちなみに旅行中は必ずトイレットペーパーを2個携帯』
という一風変わったものまで、そのものを思い出すだけならば自己嫌悪に陥るだけなことが沢山あるのですが、そこに、
『だからこそ伝説』
形式で伝説を創ると、あら不思議、何故かそれら全てが今を形作っている、今思えば必要不可欠だったピースであるように思えてきます。この『だからこそ伝説』を自分の人生のあらゆるページにおいて編纂することで、自分の人生が、良いことは良いまま、悪いことやイマイチなことは、良いこと以上に光り輝くエピソードとなります。色々と過去にツラかったこと、正直マイナスにしか思えなかったことなどを紙に一度書き出し、それが存在してくれていたことを神に感謝し、そして『だからこそ伝説化』するのです。
そうして自分の過去をいい意味で美化する事に馴れてくれば、いつのまにか自身が付き、ゆくゆくはお茶をかけられた時にも、『あ〜良かった!!ファンタじゃなくて!!!もっとかけてもっとかけて!!!』とスーパーポジティブシンキングが手に入るかもしれません。違うか。。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も良い一日を!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。