ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

とあるパスタ屋さんでの話

time 2013/05/28


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みなさんこんぬつわ〜、ご訪問有難うございます、羅王のブログです。驚異の偏差値『8』を叩き出した高校時代から始まった『The 補欠人生』にピリオドを打ち、8桁超えの自己投資を通じて人生のレギュラーを目指す軌跡と奇跡を備忘録兼ねて徒然なるままに記しました。大体30分で書いてますので瞬発力重視なのはご愛嬌。。貴方とのご縁に一片の悔いなし!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
今日は書きたい話があったのですが、急遽予定を変更します。感情が高ぶってしまったのを抑えた武勇伝?にしたいので。
最近仕組み化やシステム化を進めるにあたり、そもそもカラダも強くないといけないよねということで、以前のように極真道場にきちんと毎週通ったり、マラソンを申し込んでみたりしているわけですが、今日は道場での稽古でした。リハビリ中なのでぜぇぜぇいいながら稽古をこなし、当然のことながら栄養補給をがっつりするためにパスタ屋さんに飛び込みました。
ちなみにパスタ屋さんといえばお馴染み、ジョビジョバの『ボンゴレオ』が有名ですね。僕のカラオケの『19番』でもあるのですが、主旨としては、ある日パスタ屋さんに入ってボンゴレオを頼んだら、待てど暮らせど全然頼んだボンゴレオがこねーよ!!ふざけんじゃねーよ!!という哀愁をメキシカンなスペイン語風歌詞(だけどよく聞くと全部日本語)に歌った歌です。パスタを食べながらいつもこの歌を思い出してしまいます。(興味ある方は http://www.youtube.com/watch?v=JqRKuEEDIJk )ちなみに実話を元に作られているそう。
さて、今日に限ってはまさに僕がその憂き目に遭いました。待てど暮らせど僕より後に注文した人達のパスタが次々と運ばれていき、僕のパスタはスープが来て以来音沙汰なし。目の前を通り過ぎるパスタは、例外なく他の誰かのパスタでした。
ちなみに歌では『テンチョウドコ?』とか『ツクッタリーナチャッチャトコッチハマットンネンボケ』とキレるのですが、僕は耐えました。結局遅れに遅れたのに、店員さんはしらーっと伸びたパスタを僕のテーブルに置くだけ、しかも他のテーブルに一度置こうとしてました。文句の一つでも言っておまけのデザートを付けてもらうとか、淡々と理を説くとか色々考えたのですが、耐えました。そこでケチをつけることによる『残存嫌気』を避けたかったからです。(そんな言葉はありませんがご類推のほど。)
待たされた分の時間は本を読み、せっかく来たパスタが一度は他のテーブルに行った時も、怒りの場合とノン怒りの場合の天秤を比較して心を落ち着け、結局何も言わずにパクパク食べて出てきました。これで良かったと思います。何故ならば、クレームをつけたらつけたで『パスタが遅れたこと』に対する取り返しはついても、僕自身が犠牲にする労力や後味の悪さなどといったものがキングボンビーの如くくっついてくるからです。
結局のところ、僕は『反応』することをやめたわけです。キレるというのは、反応する生き方の一つの具現化された形です。すなわち、待てないからキレるのです。膝小僧を叩いた時と一緒、反応して動いてしまうのです。事態が時間の経過で進展したり、相手の譲歩で局面が変わったり、そういうことを待てないで『反応』してばかりいるからキレるわけです。能動的に働きかけるのではなく、『反応』ことにより、感情表現としては常にネガティブなものになります。
ちなみに学びに関してもこれと全く同じことが言えます。『反応』しちゃダメです。この場合の『反応』するとは、学んだ事柄に対する回収をいの一番にしなくちゃ気が済まないってことです。待てないってことです。植えた種が熟れた実となる前に焦って収穫しようとする、そんな生き方、学び方のことです。数日前のエントリにも書きましたが、例えば人間学のような、学ぶこと自体に数十年かかるようなものですら、1年2年での成果を追求する、これって、非常にカッコ悪い『反応』してしまってる学び方です。数学や物理のようなある程度解の決まった講義のクラスを取るなら、そこに関して成績のアップに関する効果測定をある程度短期に行っても良いでしょう。しかし人生における学びはそうではない、そんなことは皆わかっていることです。分かっているのに『反応』してすぐに回収を望んでしまっているとしたら、そんな自分の浅はかさに気づいた時点で、回収のレンジを1年〜10年、場合によっては30年というスパンで考え直すべきでしょう。
学びというのは、学んだことが直接何かの役に立つこともありますが、全く関係ない方面に関して10年前に勉強したことが、今本業にクリティカルに生かされている、なんてことも起きたりします。このあたりはスティーブジョブズのスタンフォードでのスピーチ’Connecting the dots’に詳しいですが、まさにそんな感じ。だから、『反応』してはいけません。『ほら!いつ!?いつ成果でるの!』と、学びに対してにじり寄ってはいけません。そんな姿勢で学んだことなど、大抵は脳みそから流れ出てしまいます。
そういうわけで今日僕が言いたかったことは本当にたった一つです。
パスタがこねーよ。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
我が人生に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。