ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『とある社長さんの話』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
先日テレアポからお電話がつながり、面会となった会社の社長さんとお話をしました。なんと御年89歳。
必ず社長さんには起業のきっかけや想いを聞くことにしているのですが、この社長さんは、『なんや分からんけどそうなった』とのこと。よくよく聞いてみると、それは100%本当なのだということが分かりました。
社長さんは15歳頃、少年兵として外モンゴルに送られ、終戦の際には、ロシア語が出来た関係で外モンゴル社交界にも知りあいが出来、わりと楽しく暮らすことが出来たり、私たちが教科書でしか知らない『シベリア抑留』をまさに経験し、命からがら東京に逃れてきたとのこと。そこから、気を抜けば見過ごしがちな縁を手繰り寄せて、戦後に起業したということです。食べ物にも事欠き治安も悪くインフラの整備もできていない、本当にぐちゃぐちゃの時代を経験してきたからこそ、『なんや分からんけどそうなった』としか表現出来ないことなのだと思います。そこに計画性や夢や希望はありません。ただただ、必死にやってきた結果が今の状態だということです。
横には娘さんもいたのでその後少しお話を伺うことができましたが、既に同僚のほとんどが亡くなっているため、たまに寂しそうだとのお話が印象的でした。お話をもしかしてしたくない内容だったかなと反省をしたのですが、逆に少しでも残るように話をしたかったらしいとのこと。真剣にお話を聞かせていただきました。
思えば、私にもじいちゃんがいました。一人は生まれる前に亡くなってしまったので、私にとってはじいちゃんは一人でした。でもどんなに記憶をたどっても、戦争の話を聞いた憶えがありません。いや、もしかしたら少しは話してくれたのかもしれませんが、当時の私は聞く耳のないガキンチョだったのかもしれません。また、おそらくは本当には話したくないことだったのだろうと思います。当然、人を殺めた経験もあるでしょうし、それを自分の中で消化しきれないまま何十年も生きてこなければならなかった苦しみみたいなものがあったであろうことは、想像に難くありません。
でも今だからこそ思います。もっとじいちゃんの話を真剣に聞いておけば良かったと。何を想い、何を感じて生きてきたのかを。
2010年は合計特殊出生率が1.39(一生涯に女性が出産する子供の数が1.39人。この数字が2を切ると、人口が減る)と言われています。これは、戦後の第一次ベビーブームには4.5だった頃と比べると激減していて、このままいくと、
2012年現在 約1億2000万人の日本の人口は、
2050年 約8700万人となんと9000万人を割り込み、
3020年 1000年後には日本の人口はなんと『ゼロ』になってしまうと言います。
じいちゃんばあちゃんが、親父おかんが、私が引き継いできて、そして娘がこれから引き継いでいくバトンが、紡いでいく糸が、どこかで切れてしまう。それはとても寂しいことだと思います。国だとか民族だとか、単一国家だけに認識の薄い今の日本人は、自分たちが持たされている旗の重みに今一度目を向け、感謝し、この国の未来のために何をすべきか、何ができるか、を真剣に考える時期に来ているのだと思います。
シベリアを経験した社長さんや、ヒロシマを経たじいちゃんばあちゃんが、もしかしたらボタンの掛け違い一つ違えばあり得なかったかもしれない奇跡の積み重ねで、私たちの世代を生かしてくれています。あの時代に生きていた人たちが、今の日本を見たら何を感じるのだろう。インターネットやテレビをはじめとするメディアに囲まれて人と人とのぶつかり合いを避けて、大事なものを大事にできなくなってたり、大事なものに気づけなくなってきている私たちの現在を見たら、どんな顔をするのだろう。そんなことを、お話の一瞬一瞬に感じさせてくれる面談でした。
ご先祖様、有難うございます。出来ることは多くはないけれど、きちんと生きていきます。そう思った一日でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も良い一日を!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。