ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

クリエイティブにもいろんなクリエイティブがある

time 2013/03/04


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『クリエイティブにもいろんなクリエイティブがある』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『クリエイティブ』という言葉について最近考えています。『これからはクリエイティブな人間が生き残る』とか、『平凡な社員よりもクリエイティブな社員のほうが!』とか、まぁそんな意味あいで使われることが多い単語ですが、一般的なイメージとしては、
『今までの世の中になかったものを創り出すこと』と定義されているように思えます。代表格はアップル。今までの世の中に存在しなかったiPodを創り出し、iPhoneを創り出し、iPadを創り出し、また次なるクリエイティブな何かを世の中に送り出そうとしています。ほんとに素晴らしい。スティーブジョブズは、明らかにクリエイティブな人間だったと思います。クリエイティブを150乗ぐらいしても足りないぐらい。
が、よく考えてみたいのは、世の中のほんの一部にしか存在しない天才のみが、クリエイティブという形容詞を与えられる資格を持っているかというと、僕はそんなことないのではないかと思います。勿論、『今までの世の中になかったものを創り出すこと』はクリエイティブオブクリエイティブですが、それ以外にも
『今まで考えられなかったぐらい早く○○を提供すること』
や、
『今まで考えられなかったぐらい○○を繰り返すこと』
などは、ちゃんとこの『クリエイティブ』という単語の中に含まれても良いのではないかと思うのです。前者の代表格は吉野家やマックであり、後者の代表格は(僕の中では)『あたりまえ体操』です。特に後者に関しては、今僕の娘が3歳にしてあたりまえ体操を毎日毎日家でもどこでもやっているため、繰り返しの凄まじい影響力を目の当たりにしています。トイレに行くにも『あたり前体操』、人に注目されたい時も『あたりまえ体操』、普通に歩く時も『あたりまえ体操』、下半身すっぽんぽんの時も『あたりまえ体操』と、どこで憶えてきたのか、3歳児が芸人並になっています。単発ではあまり面白くない芸も、何度も何度も繰り返すことにより人々の脳裏に焼き付き、theクリエイティブの座を手にするのです。違うか。。
ちなみに小学生の頃、少年ジャンプをいかに早く手に入れるかは、男児にとって一つのステータスでした。当時通っていた四谷大塚に、月曜発売のはずのジャンプを土曜日に買って持っていったら、同じクラスの知り合いに、『ねぇ、それ次の週のジャンプだよね?君のその190円のジャンプを300円で買うから、売ってくれ。そのお金でまた190円のジャンプをまた買えば君はもう一回ジャンプが読めるうえに110円儲かるだろ?』みたいな意味不明な取引もちかけてくる輩がいました。たった二日待てば手に入るというのに、それほどの欲しがり屋さんが近くに何人もいるぐらい、ステータスは高かったのです。
何故僕が土曜日にジャンプを手に入れることができたか、それは、近くの酒屋さんが月曜日に売らねばならないジャンプを、こっそり土曜日に解禁していたからです。家が近いのは有利でした。なんと徒歩2分。土曜日にその酒屋さんに小学生が列を名してればまだ分かりやすかったのですが、それは暗黙の了解でカッコ悪いとされ、だれも行列をつくりませんでした。あくまでたまたまふらっと歩いてたらたまたまそれが土曜日で、たまたま目を止めた酒屋にたまたまジャンプが売っていて、大して欲しくもないけどたまたまそれを手にとった、というのが一流のジャンプ野郎とされた時代でした。
今思えば、僕は当時相当にクリエイティブな小学生だったのではないでしょうか。何故ならば、月曜日にしか手に入らないはずのジャンプを土曜日に手に入れ、みんなが読む前からドラゴンボールの次の展開を知っていたのですから!つまり未来から来てフリーザをメッタ斬りにした青年の名前が『トランクス』であることを他のライバルたちよりも早く知り、ジンジャータウンの人間を何万人も消し去った悪魔のような存在の名前が『セル』であることを他のライバルたちよりも早く知ったわけです。これぞクリエイティブ!ちなみにその情報は月曜には全員が知ることとなるわけですから、僕のクリエイティブ度合いは土曜に急激に高まって、月曜に急激にしぼむという生活でした。よく考えれば分かることですが、土曜日の半分と日曜日は学校はお休みなので、ほとんとヒーローになるチャンスはなかったわけであります。
さて、このように、クリエイティブという単語だけ見れば自分には絶対に出来ないと思う偉業を成し遂げなければならないような気がしてきますが、そうではなく、誰にでもできるようなことを少しでも早くやったり、少しでも繰り返したり、他にも少しでも深くやったり、少しでも広くやったり、様々な少しでもを積み上げていくことによって、その人なりのクリエイティブというのはいくらでも生み出せるのではないか、そんな風に思いました。最近ジャンプが急速につまらなくなってきている一方で、かつての黄金期を支えたような雑誌が一向に出てこないことを憂慮する江戸川区のマニアでありました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
我が人生に一片の悔いなし!

Introduction(初めましての方用)

世の中の見方、社会の見方の話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。