ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

グローバルエリート御大と会食

time 2013/07/04


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みなさんこんぬつわ〜、ご訪問有難うございます、羅王のブログです。驚異の偏差値『8』を叩き出した高校時代から始まった『The 補欠人生』にピリオドを打ち、8桁超えの自己投資を通じて人生のレギュラーを目指す軌跡と奇跡を備忘録兼ねて徒然なるままに記しました。大体30分で書いてますので瞬発力重視なのはご愛嬌。。貴方とのご縁に一片の悔いなし!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


『俺はかなり年取った少年なんだ。かなり年取ってるけどな。』、浅見さんはおっしゃいました。浅見さんというのは、知る人ぞ知る浅見隆さん。過去にジョンソン&ジョンソンの副社長や、レブロンジャパンの社長を歴任された、所謂ガチの『グローバルエリート』です。尊敬する前職同期の計らいで、幸運にも三人で会食することができました。本当にスゴイ方なのに本当に親身に僕達の話を聞いてくださり、また今後の人生の指針になるような言葉を幾つもいただいたので、備忘録代わりに残しておきたいと思います。感じたこと、頂いた言葉をば。
【頂いた言葉集(意訳含む)】
①『人生は後半戦が楽しい』
人生は前半戦はなかなかバランスを取るのは難しい。男の場合、仕事だけの時期もある。が、後半になるとなんとなくバランスが取れてくる。時代もあるが、子育てにあまり時間は割けなかったが今でも娘とは仲良くしている。人生後半は確かに前半の結果であり、確実につぶしが効かなくはなる。が、それをも楽しめるように何をするか。そんなに長い時間ではないが、そんなに短い時間でもない。60歳以降の戦略的目標設定によって、人生幾らでも楽しむことができる。
②『若いうちは敢えてバランス崩してけ』
変に若いうちからバランスを取ろうとするようなヤツが増えている。いわゆる良い子。別にそれはそれで良いが、つまらない。日本代表のサッカーみたいになってしまい、何でもできるが何も出来ないような状態になってしまう。イタリア代表のカテナチオ、ブラジル代表の超攻撃サッカーのように、多少バランス悪くても良いから針を振らせるべき。仮にへんな方向に行ったとしても、芯さえしっかりしていればあとでやじろべぇのように戻ってくる。最初から中心にいる独楽なんてのは、すぐに回転をやめる。ガンガン壁にぶつかりながらそれでも鋭く回る独楽が、その後落ち着いてずっと回り続ける独楽になる。バランスばっか取ってるヤツはつまらんよ。
③『俺はかなり年取った少年なんだ。かなり年取ってるけどな』
ゴルフもカラオケも旅行もビジネスも、まだまだやりたい。なんだったら『最強マフィアの仕事術』を記したマイケル・フランゼーゼ(=当然元マフィア)にも直接逢ってみたい。今度連絡してみるわ。中卒のヤツからハーバードMBAまでの幅広い付き合いの中で、自分が好きだと思える人たちと、自分を好きだと言ってくれる人たちと一緒にいたい。ミュージカルや音楽もこれから。やりたいことがありすぎて困る。
【感じたコト集】
①懐の深さ、目線
おっしゃっていることはとても大切なこと、しかし目線は我々が理解できるように、そんな気づかいをしてくださっているのが良くわかりました。難しいことを難しく言うのは簡単だけれど、難しいことを簡単に言うのは難しいと言われます。まさにそれと一緒で、こういった一流の方は、分からない人(=僕)にも分かるような話し方を自然にできるのです。これってシンプルだけどとても大切なこと。
②相手のモチベーションを上げる
スゴイ人というのは、話をしているとすげーなぁと思います。同時に、『俺には出来ないな』とか、『あなただから出来たんでしょ』といった嫉妬と言い訳の間の子が生まれてきます。が、本当にスゴイ人というのは、目の前に座る人間のモチベーションを上げて、『俺にも出来そうだ、やったる!!!』と思わせることができます。自分の実績の誇示などに全くこだわらず、相手の自己概念を引き上げることで能力を引き出すことも出来ちゃうのです。人の人生を変える人ってのは、こういう人のことを言うんだろうなぁ。
③楽しそう
圧倒的に楽しそう。これが浅見さんとお話していて感じた一番の印象であり感想です。外資系の会社の社長というと、ロジカルに冷徹にビジネスの話ばっかり、といった(勝手な)印象を抱きがちなのですが、出てくる言葉は本当に少年のように希望に満ち満ちた言葉ばかりで、話を聞いているこちらが楽しくなってきてしまうほどでした。単純に、あ〜こういう歳の重ね方したいなぁと。が、よくよく聞いたらやはりハンパではない修羅場を通ってこられたようで、それら全てがあった上での『楽しそう』なんだなと改めて痛感。『俺はそこらの60代の何百倍も生きてる』と断言できるその厚み、濃さ、苛烈さ。。果たして僕はこれからの数十年でそれだけのことを経験できるだろうか。。
とにもかくにも、こういった方との出逢いを通じて自分の中に『認知的不協和』が発生し、新たに自分の進みたい道のイメージが出来てくるものなのでしょう。とりあえず浅見さんとはカラオケに行く約束をし、その場でクリスタルキングを披露する予定ですので、これから喉を大事に仕事をしていきたいと思います。浅見さん、本当に有難うございました!羅王がラオウになった暁には、黒王号にてお迎えにあがります。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
我が人生に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。