ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

シッテルとワカッテル

time 2013/03/31


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『シッテルとワカッテル』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
昨日のエントリで、引越しに関することをお話しました。で、思ったこと。当たり前ですが、
『何事も、やってみなけりゃ本当には分からないな』
と思いました。
1時間の使い方を変えるのも、2住む場所を変えるのも、3付き合う人を変えるのも、字面で読んだ時には、『そうそう、そうだよね』としか思わなかった=知識知でしかなかったものが、実際に引越しという手段によって1〜3が強制されたことによって、『そうそう!そうだよね!』という体験知に変わりました。これは非常に大きなことです。知るだけであれば本でも伝聞でも構わないのですが、それは分かることとは全くの別モノだということです。
僕は職業柄、成功している方のお話をよく聞きます。それはビジネスに人間性が直結した場合が多いので、いわゆる本当に『成功』のことなのですが、そういった方の話というのは、大体において
1、その人にしか出来ないスゴイこと
と、
2、誰にでも出来る大したことないこと(を誰にも出来ないレベルで繰り返すとか注力するとかが必須なのは置いといて・・)
の2つに大別されます。それが有機的に結合してその方の人生を作り上げています。
このうち、2に関してはよくよく考えてみれば、誰にでも出来ることなのでぶっちゃけ僕にすら出来ることなのですが、人は誰しもが素直でないのと同様に、僕も昔はあまり素直ではありませんでした。結果、2に取り組むことなく、そして当たり前のようにこれまでと変わらない人生を続けていました。こういった部分というのは、実践してみれば『サルでも分かる』レベルのものですし、実践が伴わなければ『賢者でも分からない』ものなのです。僕は実践してきませんでした。なので、『サルなのに(だから?)分からなかった』のです。当たり前ですね。
今回は違います。大前さんの格言を、遅まきながら実践してみました。結果どうなりましたか?まぁ見てて下さい。たかが引越しで何が変わるか!と思っていましたが、実際既に色々なことが変わりつつあります。ああこうやって人間というのは変わっていくんだなと思うぐらいです。自分が変わろうとした場合、内部を変えるのが簡単ではないのが当たり前なのだから、まずは周りから変えてしまおうというのは、僕にとっても渡りに舟な方法でした。
今改めて思います。『実践が大事』という当たり前の格言すら、『実践してみなければその格言の本当の意味の片鱗すら分からない』のです。だから『実践が大事』という言葉を知っているだけの人と、実践して分かっている人の間には、長期間で見れば相当な開きが出来るのです。あるいは、その言葉を知っているだけだった自分と、実践を伴ってわかっている自分とでは、進みゆく未来に大きな差が出来るのです。
結構脳内でいろいろなことを完結させてしまうことが多かった僕ですが、これからは無駄に見えるかもしれないことも含めて、実践実践実践の毎日を過ごすことになりそうです。気づいたのが結構遅かったけどね。娘を見ていて実践こそが学びの一番の近道だなぁと、学びマニアの僕は今更ながらにして気づきました。
『シッテル』と『ワカッテル』どちらを選びますか?
最後まで読んでいただきありがとうございます。
我が人生に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。