ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

ジョジョの奇妙な冒険と優しさという名の未必の故意

time 2013/01/31


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『ジョジョの奇妙な冒険と優しさという名の未必の故意』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
知ってる人は知ってるどうでもいいお話ですが、僕は元々かなりのゲーマーです。ぷょぷょの全国大会に出たり、当時世田谷区で5本の指に入るぐらいマリオカートが速く、そして上野毛や学芸大学のゲーセンで7本の指に入るぐらいスト2が強かったと思っています。そして一方、勿論マンガも得意でした。特にジャンプ第二黄金期だったため、『スラムダンク』、『幽々白書』、『ドラゴンボール』、『ダイの大冒険』あたりは、単行本になってからもそれぞれ何十回かずつは読んだんじゃないでしょうか。どの巻のどこに何が書いてあるかは、大体覚えてます。
その少し前、僕がまだクソガキになる前のお子ちゃまの頃から、ジャンプの第一黄金期を支えたマンガが、北斗の拳、聖闘士星矢、ジョジョの奇妙な冒険、などでした。今日はそのジョジョの奇妙な冒険について。
ジョジョの奇妙な冒険は本当に奇妙なマンガで、絵はギトギトしているし気持ち悪いし、お世辞にも青少年の育成にプラスに働くマンガとは思えません。その分、コアなファンを獲得しており、いまだに書店にはジョジョが並んでいます。このジョジョの奇妙な冒険についてとても印象的なのは、異様な存在感を誇る『キャラの決めゼリフ』でした。
このマンガでは一般的な強度しかない人間に代わり、その人間が持っている潜在能力の一つである『スタンド』という、擬人エネルギー体が敵と戦います。敵も同じような能力を有している場合が多いので、戦いはスタンドとスタンドの戦いになるケースが多いです。そのスタンドに最大強度で仕事をさせる=敵をぶちのめす際に、気合を入れるためか飛び出してくるのが、決めゼリフです。
主人公である空条承太郎のスタンドは画面いっぱいに
『オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!』
と叫びながら幾千もの拳を敵にお見舞いしますし、ラスボスであるDIOのスタンドは、
『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!』
と、圧倒的な力を以て主人公サイドの攻撃を封じ込めます。
ま、見ての通り相当ばからしいのですが、とても味のある、素敵なマンガです。
ところでこのやりとり、どこかで結構よく見たりしませんでしょうか?
何か新しいことを始めようとしたとき、それが会社の同僚であったり、友達であったり、はたまた家族であったり、最悪自分だったりするかもしれませんが、
そんなことしたって『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!』
という声が聞こえてこないでしょうか?
Comfortableな日常を抜け出して、トライ&エラーをしなければたどり着けないような場所に行こうとすると、途端に聞こえてきます。
『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!』と。
前例がない、君には無理だ、もう遅い、流行らない、効率が悪い、あなたには向いてない、下り坂な業界だ、などなどなどなどなどなど・・・
ちなみにこういう声は、残念ながら、なーんにもこちらのことを考えてない無責任な人が発することもありますが、より始末に負えないのは、どちらかというと自分のことを心配してくれている優しい誰かからの声であることも多いです。これは自分自身も聞く耳を大いに持ってしまいますし、徹底的に止められた際は心に響きますし、胸が痛みます。
じゃあどうすればいいの?
ここまでの伏線でお分かりの通り、実はジョジョの奇妙な冒険が鍵を握っています。
そう、
『オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!』
と、そんな声をぶっ飛ばし、自分の信じる道に従って大木バッタバッタなぎ倒しながら、前に進むしかないのです。
ここで、
『オラ』
だけでは足りません。
『オラオラ』
でも足りません。是非とも、
『オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!』
と、一気呵成に攻める必要があります。そうでなければ、心配してくれる誰かの優しさに負けて、あるはそれにすがる自分の弱さに負けて、結局同じ場所に留まるという選択を、人間はしがちです。
というわけで今日も一緒に、
『オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァ!』
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も良い一日を!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。