ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

ブログを毎日30分で書くということ

time 2013/05/27


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みなさんこんぬつわ〜、ご訪問有難うございます、羅王のブログです。驚異の偏差値『8』を叩き出した高校時代から始まった『The 補欠人生』にピリオドを打ち、8桁超えの自己投資を通じて人生のレギュラーを目指す軌跡と奇跡を備忘録兼ねて徒然なるままに記しました。大体30分で書いてますので瞬発力重視なのはご愛嬌。。貴方とのご縁に一片の悔いなし!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
以前も書いた類のエントリかと思いますが、今日も『ブログを毎日30分で書くということ』について少し触れておきたいと思います。
今日でかれこれ半年間、180日に渡ってブログを連続更新してきたことになります。気づいてる人は気づいてくれてるかと思いますが、その中で僕は初期の頃と比べると、ブログのギアを2段階ぐらい上げてます。今3段階目に着手しているところですが、ちょいとチャレンジングなので今はこの程度でご容赦下さい。
さて、以前は20分程度で書いていたのですが、ここ1ヶ月程度は30分ほどかけて書いています。まぁ読む側の方にとっては恐らくどっちでも良いんですが、このエントリもおよそ30分となる予定です。ちなみに『毎日30分で書いてます』というと、ご覧になっている方のほとんどは驚かれるのですが(どっち側に驚いてるのかは知らない。それしかかかってないの!?なのか、そんなにかかってるの!?なのか)、今日はこの『毎日30分でブログを書く』ということの大小様々なメリットについてお話したいと思います。ざっと思いつくメリットを下に書いておきますので、何かご参考になれば。
①30分で書ける
ブログ初心者の方や、逆にブロガーとなってしまった方であれば一日に1時間でも2時間でもかけて構わないと思いますが、ブログを書くことが本業でもなんでもない一般人が、ブログを書く効用を理解したからといってそこまで多くの時間を割くのはなかなか難しいです。空き時間にでも書けるこの30分という時間は結構最適です。
②とはいえ年間にPDCAを結構回してることになる
一日30分とすると、1年間で約180時間。企業のKick off meetingでもここまで多くの時間、自分達の行動を振り返ることはないでしょうし、通常の方がPDCAサイクルを回すのは大体年に一度です。(大晦日に『今年はこれがアカンかったぁ』、元旦に『今年はコレ頑張ろう』)。自己省察の時間を180時間も年間に取れるということは、それだけ日々のバグを潰すことになり、生産性が上がります。
③実力がモロバレ
30分というと、下書きもできなければ体裁を整えることもできません。せいぜい誤字脱字を一回チェックするぐらい。そうすると、基本的には『出来ることしか書けない』ということになり、真なる実力がモロにバレることになります。これが結構厳しいのですが、また一方結構自己の成長にとっては大事なのです。要するに、毎日自分の現在値が見える。。1時間も2時間もかけて書いた大作というのは、およそ盛りに盛られた内容になっていることがあります。著書が本人の実力と大きく乖離している場合が多いのは、出版業界の常識かと思います。ブログではそんなことは基本的にできません。『お前の位置はココだよ!!!分かったか!!!』ということを、何を隠そう自分が書いた文章が教えてくれるのです。『俺何書いてんだろ?』と、自分の書いた何が言いたいか全く分からなくなってる文章を見て思ったことは、ブログを書いてる人なら一度や二度ではないはずです。
④出すから入ってくる
どの競技でも言えることですが、要するに毎日がモロバレということは、毎日自分の限界に挑戦させられてるわけです。そうすると、その競技に関しては間違いなく上手くなります。ブログもそう。モロバレに耐えて書き続けていると、必ず上手くなります。これは宇宙の法則とも呼ばれるものですが、物事の基本原理として、『出すと入ってくる』のです。『与えよ、さらば与えられん』しかり、『お降りの方を優先くださ〜い』の山手線しかり、人間の排泄しかり、出すと入ってくるのが宇宙の法則です。
⑤シナプスが増える
頭が良い悪いというのは、一般的に脳の処理速度の速い遅いではなくて、このシナプスと呼ばれる神経回路が脳にどれだけ張り巡らされているかによる、と言われています。しかも嬉しいことに、このシナプスは脳を沢山使えば増えるそうで、これなら元がアホな羅王さんといえどもなんとかなりそうです。で、ブログを書くと1ヶ月程で実感するのですが、確実に頭が良くなる(気がする)実感があります。考えがシャープになるとか、アイデアが湧くとか、言い方は色々あるでしょうが、これは間違いなく誰にでも起こり得ます。これ、結構嬉しいものです。
⑥アウトプットを経由することでアホでも脱アホできる
最近の結論ですが、インプットをいくら増やしても、衰えゆく脳みそからは次々にダダ漏れしていきます。とても悲しいことです。それを防ぐために有効なのがアウトプット、というのはよく言われてる話ですが、これも本当です。ブログに限って言えば、どこかで聞いた話やどこかのサイトをほぼパクリしてコピペすることも可能だったりするのですが、そんな浅はかな行為ですら、やらないよりはやったほうが良いと僕は思っています。何故ならば、そのパクリやコピペをするにあたり一回は自分の頭を通過し手で入力する必要があるので、その時点で結構なアウトプットになっているからです。アウトプットはアホな人でも脱アホできる、とても大事なファクターです。ほら、僕を見てください。アホからアポぐらいにはなったでしょう。
⑦アンテナが増える
30分で書くということは、30分で書かねばならないという時間的な制約もある一方、30分間書き続けなければいけないという量的な負荷もあります。気づいた時には30分書き続けているのですが、これも30分書いたからといって中身がペラペラ一反木綿なようでは、自分に自信がなくなります。ということで、与えられた30分という時間書き続けたとして、いかに良質のものを作り出せるかという思考が、いつの間にか頭を駆け巡るようになります。すると、普段なら見逃していたようなあんなことやこんなことも、『あ、コレ、ネタに出来るんちゃうか?』、『あ、コレもこういうふうにまとめたらインサイトになるな』などと考えるクセがつきます。極端な話、今の僕は犬のウ○コを踏んだとしても、そこから何らかのインサイトを導き出し、一通りのエントリに仕上げる自信があります。鍛錬の成果ですね。
⑧一種のブランドになる
僕の目指すところでもあります。著書のように何百時間もかけて一つの芸術をつくるわけではなく、『出来ることしか出来ない』中からなんとか形にする『実力モロバレ』なのがブログなので、逆にそのクオリティが高まった暁には、たった30分で人にインサイトを与える驚異のブログ!と題される日が来るかもしれないわけでもないとも言えないことも否定できないかもしれないとは限らないこともないわけです。
⑨困ったら・・・のよりどころとなる
何をしていいか分からない程追い込まれた時、とりあえず自分が積み重ねてきた『毎日更新』という実績が自分を支えてくれるものと思います。また、意外と過去のエントリを見直してみると、『おお!こいつ(=自分)めっちゃ良いこと言ってんじゃん!!!』と感動することもあります。ある瞬間ふと過去のエントリに目を通すことがありますが、なかなかどうして、俺やるじゃん、と思ったりしてます。
⑩ブログをやってる人とはなんか心がつながれる
ブログをやっていると必ず立ちはだかってくる壁というものが、いくつもあります。やっている人だから分かるなんとやらですが、最近はブログを書くということが、芸能人ではなく一般人の中でも重要視される傾向にあるような気がしていて、僕はその人たちが近い将来直面するであろう壁にいくつもぶち当たり、そして壊してきました。また、いまだ叩いているけど壊せていない壁もたっぷりあります。そんなわけで、自分との戦いであるのは間違いないのですが、並行してともに戦う仲間がいるというのはとても心強いことです。ブログやってる人達とのシンパシーというのは、どこか特殊で温かい感じがしています。
というわけで他にもいろいろあるのですが、まぁこんなところで。オチなくてすみません。これから書きたい!どう書いていいかわからない!という人はご一報下さいませ〜。出来ることしか出来ないので、出来る範囲でお話します。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
我が人生に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。