ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

家近営業

time 2013/04/15


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『家近営業』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
MDRTみたいな素晴らしい学びの場に出て、本人の経験と照らし合わせて学んている人たちがなるべく早く気づかねばならないのは、現在自分がしている言い訳のほとんど全ては、どこかの誰かがクリアしている、ということであり、それを力にしている人すらいる、ということであると思われます。
今回講演をしてくださった方の中に、自宅近く、半径30分以内のみを営業拠点として、業界上位1%の成績を10年間保ち続けているという奇特(?)な方がいらっしゃいました。ご用命があればどんなに遠くにでも行きます!という根性営業の人が多い業界にあって、『あ、そこは紹介されても遠いから行けません。』、『もっと近くの人紹介してもらえませんか?』など、普通の営業が絶対に言えないようなことをお客様に平然と言ってのけて、しかもそれをお客様が理解してくださるという好循環!ご本人はただの横着が長じただけとおっしゃっていましたが、僕にとっては、いや会場の誰にとっても驚きだったのは間違いないと思います。
さて、家近営業と名打ってお話されたこの方のお話ですが、家が近いというだけのことがパッと聞いた感じを含む以外にも様々なメリットがあったのでご紹介します。
1、家が近いことによる信頼関係がある。逃げられないしすぐそこにいるから。初対面からプラスがある。
2、家族と過ごす時間が圧倒的に増える。昼食すら家に帰って食べることも可能。
3、ストレスがない。どんなに売れていても、ストレスは最大の脅威となる。早死している人は大体追い込み過ぎ。
4、保全がしやすい。売ったきりにならず、お客様にも安心いただける。
などなど、他にも色々あるのですが、まさに理想の営業スタイルであると思いました。そして学んだことは、ある人が制限条件としか思っていないことを、真逆な形で力に変えることが出来る人もいるんだなということ。そしてその可能性は誰にでもあるのであり、捉え方一つ、考え方一つ、解釈一つであるということです。通常、家近営業しかしないということは、家から遠いお客様はお断りするということと同義です。これは、営業職の人間にとってはものすごく勇気のいること。だからなかなかチャレンジできません。ただこの方は、そのために転職したようなものだったので、貫いた、とのこと。考えてみれば、制限条件とは本当に色々あります。お金がない、時間がない、身体が弱い、人間関係が良くない、上司がアホ、周りに恵まれない、環境が悪い、運がない、などなど。。
考えてみれば、松下幸之助さんも、ピートサンプラスも、本田圭佑選手も、僕が尊敬するような方というのは、他の誰もがデメリットや弱点であると断じるようなデメリットや弱点を、メリットや強みに変えて生きてきた人たちでした。松下さんは身体が弱かった、だから人を使うことを覚えました。ピートサンプラスは暑さに弱かった、だから短期決戦で必ず勝つ圧倒的な攻撃力を身につけてテニス界に君臨しました。本田選手は足が遅かった。だからダッシュを繰り返し、キックを習得し、身体を強くして世界に通用するプレーヤーとなりました。みんな弱さゆえに強くなった人ばかりです。
実は僕は結構なコンプレックスが色々とあります。多くの人がそうかもしれませんが、もしかしたらそれに輪をかけて強烈にコンプレックスの塊かもしれません。今までそれを、僕は言い訳にしか使ってきませんでした。が!思考を変化させることによってそれを強みに変えることが出来るかもしれないという可能性に、少し賭けてみたいと今回の講演を聞いていて思いました。僕も家近営業しよっと。違うか。。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
我が人生に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。