ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

年収が高い人の不幸感

time 2013/03/17


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『年収が高い人の不幸感』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本業でライフプランニングを行うのですが、同僚の一人が先日お邪魔したご家庭で、ふとした会話があったそうです。様々なご家庭の状況を伺っている中で、控えめに見ても一見十分なご年収を得てらっしゃる方なのですが、『すごいですね、物凄くお給料しっかり払ってくれる会社なんですね。恵まれてますね。』というお話をしたところ、あまり浮かない顔をしたあとに一言、
『いや、同業他社より低いです』
と返されたとのこと。
その話を聞いた瞬間、別にその方がというわけではないですが『ああ、これが人間の不幸感の典型なんだ』と思いました。断っておくと不幸ではなく不幸感です。その方が不幸かどうかは分かりませんが、間違いなく不幸感はあると僕は思いました。でも当然、不幸感に苛まれているだけでも不幸になります。
繰り返しますが、その方がもらっている年収はかなりのものです。が、同業他者よりは少し低い。人間というのは不思議なもので、遠く離れた世界のどの国よりも豊かなのに、お隣さんの家の庭が自分の家のより畳一枚分広いだけで不幸を感じる生き物なのです。
常々感じることですが、視野狭窄は人を不幸にすると思います。健康で経済的にも困っていないのに、仕事でちょっと追い込まれただけで自殺を選択する。それは、自分よりも恵まれない人たちが山ほど×100乗ぐらい世の中にはいるということをよく分かっておらず、自分だけが被害を被っていると錯覚しているからです。混んでいる電車で赤子が泣いたときにそのお母さんを睨みつけるイケてないサラリーマン。それは、なぜそのお母さんが混んでいる電車に乗らねばならなかったのかに対する健全な想像力と、赤子が言うことを聞くはずがないという子育ての常識が欠けていたからです。
僕は最近多くの『他業界』の人たちとお話をする機会を意識して多く作っていますが、その毎回において、今まで想像もしなかった発想をインサイトを与えてもらっています。歴史小説をはじめとする本を読んで学ぶこともとても多いです。しかし、そういうことをしている理由の一つは、自分の力と判断だけで物事を進めていった先の視野狭窄に対する健全な恐怖だと思います。
もう少し視野が広ければ防げたはずの交通事故というのは、字面そのままの意味においても比喩においても、どちらも同様にそれなりの量存在するのではないかと思います。使い古された表現ですが、『視野を拡げる』ということは、自分の不幸感を減殺し、幸福感を増大、結果的に幸せになるために、今更ながらに大切にしなければいけないことなのではないでしょうか。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
我が人生に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。