ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

必勝法のワナ

time 2013/02/20


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『必勝法のワナ』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジャンケンは、素晴らしく公平なゲームです。『ものすごいグー』とか、『最強なパー』とか、『ひ弱なチョキ』といったものはありません。『このグーを出せば、チョキに勝つのは当然として、アイコのグーも打ち砕くことができるし、パーなんて貫くことができる』なんてものはなく、グーはグーであって、同じグーとはアイコになり、チョキには勝つもののパーには負ける、ただそれだけです。
だから今ジャンケンに勝っているとしたら、それはこっちがグーで向こうがチョキだからという可能性もあります。向こうがパーを出してきたら、途端に勝てなくなります。だからジャンケンに必勝法はありません。厳密には精巧なる後出しをするとか、精神的な揺さぶりをかけるとか、統計を活用するとか色々あるようですが、そうは言っても『絶対に勝つグー』なんてものはありません。グーがチョキより実力的に強かったのではなく、グーとチョキの相性でグーの勝利が決まっていただけです。それは『必勝法』と読んでもよいもので、この法則を使えば、グーは必ずチョキに勝ちます。左バッターに左投手を当てるようなものです。
ところが、先に出たように、パーが登場すると、途端にグーは勝てなくなります。どんなに会心のグーや、神が惚れ惚れするグー、ラオウに匹敵するグーを放ったとしても、なんの変哲もないパーに負けます。あの伝説を誇った必勝法であるグーなのにも関わらず、普通のパーに負けます。それがゲームのルールだからです。
現実世界においては、たいてい後出しジャンケンが可能です。ですからある程度戦略的にグーチョキパーを後出しで配分すれば、勝ちはなんとか拾えます。でも、グーにこだわっていたら、ある日世間がパーに変わった瞬間に、以後二度と勝てなくなる負け犬と化します。
これまで、独占的地位を築いてきたり栄華を極めた多くの企業が、突然転がり落ちていきました。先日破綻したコダックは、市場がチョキだった時代にフィルムビジネスというグーを出し続け、勝利し続けました。そしてあろうことか、市場がデジカメに移行し、単なる写真屋さんがどんどん姿を消しているパーの状態に変わったにも関わらず、引き続きグーを出し続け、結果倒れました。
ほんの少し前のJALは、出していたパーが全知全能だと思い込んでいて、ただのパーなのに果敢にも同じパーやチョキに戦いを挑んでいきました。結果、敗れ続けていることにも気づかないまま、敗れていきました。稲盛さんが立て直しに来ていなければどうなっていたかと思うと、ゾッとします。
一般の僕たちも、今勝っているのであれば、それがチョキに対するグーのおかげで勝っているのか、それとも実力が本当にあって勝手いるのかをよく見極める必要があります。今負けているのであれば、それが本当に実力不足なら、地道に実力を伸ばす方策をいくつも考えなければなりませんが、もし相性の問題で負けているのであれば、出す手を変えたり土俵を変える必要があります。エスキモーに氷を売ることは難しくても、砂漠の遊牧民に氷を売ることはとてもカンタンだからです。
世の中の本を見渡すと、一般的には勝利に関する本が多いように思います。どうやったら勝てるか?に重きを置いています。しかしその際に、グーを出してチョキを倒そうとしているのか、それとも小さいグーに鍛え抜いたグーをぶつけてグーそのものを破壊しようとしているのかで、取るべきアクションがかなり変わってきます。そしてその手を出し続けることで、『必勝法』がいつの日か『必敗法』にならないとも限らないことを、僕たちは肝に銘じておく必要があるように思います。
勇者は誰に対しても強く在ることができますが、それ以外の人に関して言うと、心臓病の悟空はエネルギー吸収型の人造人間に弱く、暗黒騎士はアンデットにダメージをあたえることができず、バクテリアンの体臭はクリリンには効かず、渡辺まゆゆはこじはるに決して勝てず、ベジータは悟空に勝てず、三井くんは山王工業一之倉くんに勝てないのです。今挙げたいくつかはグーにチョキが勝てない典型であり、いくつかは子供のグーに格闘家のグーが勝つ理由の典型を示しています。マニアックですみません。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も良い一日を!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。