ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

戦略と戦術戦闘の違い

time 2013/01/05


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『戦略と戦術戦闘の違い』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
年末年始で大好きな『亡国のイージス』と『終戦のローレライ』を読んだ関係で、ふとの思いつきですが、企業経営や戦争、昔でいうところの戦でよく言われる、『戦略、戦術、戦闘』についてお話したいと思います。
戦術は戦闘の上位概念であり、戦略は戦術の上位概念です。日本軍が太平洋戦争に負けた原因の一つに、戦略のミスを戦術でカバーしようとしてそれが出来なかったこととよく言われていますが、そもそも戦略の失敗を戦術でカバーすることは出来ないというのが定説です。
ちなみに、またまたWikipediaによると、
戦略(Strategy)=一般的には特定の目標を達成するために、長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・科学である。
戦術(Tactics)=作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である。
戦闘(Combat, Battle)=相互に敵対する二つの勢力による暴力の相互作用である。戦斗、戰闘とも。
・・・??よく分かりませんね。ニホンゴムズカシイデス。
もう少し分かりやすくすると、
戦略=戦力の配分、配置
戦術=(大きな意味でのある戦場における)戦い方
戦闘=実際の個々の戦い
となるのですが、これでもよく分かりません。
私の過去に学んだところからもっともっと分かりやすくすると、戦略と戦術戦闘の間には、大きな線が引かれます。一般的な戦略とは違う解釈にはなるかもしれませんが、このほうがしっくりくること間違いなしです。それは、
戦術戦闘とは、『戦って勝つ方法』であり、
戦略とは、『戦わずに勝つ方法』
だということです。
これは、戦略が『戦いを』『略す』と書くことからも伺えます。戦う前から勝つようにもっていく、戦う前から勝ちが確定している戦力配分を行う、戦う前から相手が恐怖して戦意喪失するようにする、戦う前からそもそも戦いが起こらないようにする、など、とにかく実際に戦わずして勝てば、それが一番両軍にとっても良いわけです。『孫子』でも、『戦わずして勝つ』のが一流で、『戦って勝つ』のは二流であると言われています。
そういうわけで、いくつか例を日常で探してみると、いくつか『戦略』すなわち『戦いを』『略して』いる事柄が見つかります。
例えば、私はかれこれ10年以上、怖い人に絡まれるということがなくなりました。恐らくの理由としては、仮に絡むとすると、あちらも痛手を負う可能性が大いにある、ということが見てすぐに想像できる体格であることが挙げられると思います。よく短気な人が電車の中にはいるものですが、うっかり満員で押し流されたときにぶつかってしまい、すみませんと言っているのにチッという声が聞こえてきてそちらに振り向くと、誰もこちらを見ていないで当人と思しき人も目を逸らしている、ということがままあります。満員電車での戦いをうまく略した例です。
『どこよりも安い値段で掲載してます!他にあったら教えてください!』と書いてある家電量販店の額よりも安くすることは、その後のダンピング競争を加速するだけであり、結局体力に劣るこちらが負けると思っている競合他社は恐らく今以上の値下げを控えるでしょう。値下げ競争での戦いをうまく略した例です。
サメやシャチや鯨などに比べて戦闘能力が著しく低いように見えるにも関わらず、深海という、圧倒的な水圧のせいで誰も住めない世界で悠々自適に暮らしている深海魚の皆さんがいます。耐圧機能を備えたボディによって、生存競争での戦いをうまく略した例です。
『私はお医者さんか弁護士さんが好きなの!』という女の子の前からは、フリーターの彼やニートの彼や私のような並リーマンは、告白する前から姿を消します。無駄な選考過程を廃するという、人材交流における戦いの略し方です。勿論こんな正直な女の子は最近絶滅危惧種ですから、保護する必要があります。
少し長くなりましたが、ビジネスに置き換えるのであれば、戦って勝っているところは利幅が少なく、戦わずに勝っているところは大きな利益をあげています。そして戦略というのは、ビジネスだけではなく、日常のあらゆる局面で考えることが、適用することが可能です。
早起きしたいが怠惰な自分と戦わずに勝つためにはどうすればいいのか、やりたくない仕事が山積みになる前に片付けるにはどうしたらいいのか、普通にしていては太る一方の食生活を、意思の力を必要とせず仕組みでコントロールするのは何をすればいいのか、テンションの上下に関係なく成果を上げる仕組みをつくるにはどうしたらいいのか、などなど、『戦い』を『略する』方法というのは、実は考えてみれば無限にあります。
戦略というカッコイイ言葉だからといって、大企業の戦略部門の方や戦略コンサルティングの業界の方だけの専売特許とみなして諦めてしまうのではなく、積極的に日々の矮小な部分に適合させていくことで、ありとあらゆるカイゼンを図ることができそうです。
後まで読んでいただきありがとうございます。

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。