ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

日本一赤裸々な野辺山100kmウルトラマラソン日記 その3

time 2014/05/25


そんなこんなで、俺は仲間とともに野辺山100ウルトラマラソンに出場することになった。今までの最長不倒距離、42kmの2倍以上の距離だ。身体が携帯電話のようにバイブする。

前日入り

野辺山高原には前日入り。フルマラソンと違い、スタートが朝5時と早いのでみんなで旅行のノリでバスで向かった。

今回の参加者は、42kmの部、71kmの部、100kmの部を合わせて2000人を超えるようだ。スイスのアルプスを何倍か縮小したような八ヶ岳が雪をかぶったままそびえていたが、それでも十分に感動した。抜けるような青空とはこのことだ。

写真-2

地元の人への感謝を込めて、垂れ幕にメッセージを書き込む。『Team Admiral』という名の俺たちのチームは、リーダーであらせられる元帥閣下への忠誠が絶対。地元の方への感謝と元帥閣下への忠誠心を両方示せるように、どちらとも取れるメッセージを書き込んでおく。

写真-3

 

オリエンテーション会場で、一通りの説明の後にMCのおねえさんが、

『野辺山ウルトラが初めての人っ!?』

早めに着いたと思われる300人ほどが参加していたオリエンテーション会場だったが、手を挙げたのはそのうち数十名だった。ふむふむ、初野辺山のヤツも結構いるようだ。

次におねえさんが、『じゃあウルトラマラソン自体初めての人っ!?』と会場に問いかけた。

なんと、ほとんど片手の指で数えられるほどしか、手が挙がっていなかった。暗に、『素人が来るところではない』と言いたげな会場の雰囲気に、俺は飲まれそうになった。

そして、やっぱりコイツをにらんでしまった。コイツの影響でノリで申し込んでしまったのが、この大会である。ほのぼのした名前・・・関係ねーじゃねーか!!このとき震える俺をよそに、小僧は寝間着にしか見えない格好で、ただ一人、寝そべっておねえさんの話を聞いていた。

写真 (2)

 

『日本一過酷なウルトラマラソン』、『野辺山を制する者はウルトラを制す』との噂は本当なのかもしれない。タイムでなく、完走だけを目標にしたのは今回が初めてだ。

ちなみに、初トライアスロン(スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmの標準レース)のレースを命からがら完走したあとに、アイアンマン(スイム3.8km、バイク180km、ラン42kmの鉄人レース)を複数回完走している姐さん’sに、報告にいった。

その際言われたのが、言葉はもう少しマイルドだったが意味としては『はぁ?野辺山?あんたらバカじゃないの?アイアンマンよりキツいっつーの、こんのド素人が!!!完走できたら焼き肉おごったるわっ』というようなことだった。

姐さん’sの言っていたことは脅しでもなんでもなく、本当だったのかもしれない。

当日朝

当日は朝2時半起き、3時に朝ご飯、4時に出発だ。外資系エグゼクティブよりも朝が早い。

『戦争論』で有名はクラウゼヴィッツも言っていた。長期戦では補給が大事。そんなわけで色々取り揃えてみた。大変なことになった。

image-2

今回のレースは59km地点と87km地点にドロップバッグを置くことができる。いずれの地点でも、食欲がかなり減退していることを鑑みた。何せ、フルマラソンですら2万回、ウルトラでは5万回ぐらい、胃が揺れるのだ。

ジェルやサプリなど以外は好きなものを最優先とし、結果選ばれたのは『うまい棒選手』、『ヨックモック選手』、『ハッピーターン選手』、『よっちゃん選手』だった。結論から言うと、どれも一口も食べられなかった。ウルトラマラソンとは、極限との戦いである。

内紛、決意、そして戦地へ

『おはよう』、『おはようございます』と、だんだんとチームメイトが集まり始める。しかし、全員が集まった瞬間に叫びだしたヤツがいた。

『ぶっ殺してやろうかと思いましたよ!!!!』

はて誰だ?こんな物騒なのは?と思ってみると、小僧だった。いつもニコニコしている小僧が怒っている。人目もはばからずある男を罵倒していた。

キレた相手は俺のライバル熊。どうやらいびきが地響き級にうるさかったらしく、全く寝られなかったようだ。

ウルトラマラソンとは、自然との戦いでもある。熊がいびきをかいてうるさいというのは、考えてみればこれも自然との戦いだ。小僧はもっと大きくならなければならない。

 

チームメイトで写真を撮る。これからは、チームメイトが『戦友』となる。

image

簡単に紹介しておこう。

左から

1、Jo仙人
今回の遠征のリーダー。100km級ウルトラマラソンを既に2回完走し、現世からやや解脱気味。諦めないと言えば、湘北高校三井寿かこの男。解脱系最強、仙人部部長、スリム部特別監事。身体に爆弾を抱えつつも100kmを必ず完走する姿は圧巻の一言。今回も、部員の多くに勇気と希望を与えることとなる。トライアスロンチーム『ポセイドン』での同志。

2、俺
De部部長。フルマラソンは4回完走、うち3回でサブ4。しかし1kgも痩せてない。黒い馬の似合う漢になりたいと常々思っている。

3、小僧
今回のレースの元凶であり、ある意味恩人。ウソップの大言壮語とルフィの勢いを足して3を掛けたような手に余る漢。どんなに心肺がキツいときでも喫煙を忘れない、我が道をゆく見た目15歳の三十路。拡げた風呂敷の大半はきちんと畳まない。

4、兄さん
Team Admiral最年長にして安定感抜群の頼れるランナー。初フルマラソンでサブ4。今回も圧巻の走りを見せてくれた。人格、仕事、家庭、ランニング、トライアスロンとすべて安定していて、しかし国外勤務が長かったせいか、メールやFBでも『アドバイス』を『アドヴァイス』と必ず言う。トライアスロンチーム『ポセイドン』の同志。

5、熊
俺のライバル。脂多め、まごつき多め、動き少なめ。ラーメン二郎で言えば『大ダブル』。とてもいいヤツでもあり、とても悪いヤツでもある。とてもいいのは人柄。いつも100万旧トルコリラの微笑みを浮かべている。とても悪いのは『間』。なんだかいつもタイミングが悪い。たまに外出したら鳩の糞を食らうタイプ。De部副部長。ハラルとサングラスがお揃い。

6、ハラル
(仲間内の)ブログ界の神様。多くの(仲間内の)著名人がハラルのブログに登場し、そしてぶん投げられるという、ある意味有吉的なセンスの持ち主。本人にその気はないが、ぶん投げられた人間は全員受け身が取れずに悶絶していた。半年ほど前に俺がそのセンスに着目し、プロデュースを担当してきたが、最近人気が出てきて、『ぶん投げられたい!』と懇願するファンが後を絶たない。熊とサングラスがお揃い。

賽は投げられた。さあ、いざ戦地へ!!!

image-3

 

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ媚びぬ省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。