ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

松井と宮里とふつうの戦術

time 2013/03/08


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『松井と宮里とふつうのプロ選手』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
僕がかれこれ3年お世話になっている勉強会では、『美点凝視』を一つのテーマというかルールとしています。これは、人の課題や修正すべき点を指摘するのは簡単だが、人の良いところを見つけそれを表現するのには器が必要との観点から、その勉強会中心がけるものです。実際、外の世界では誹謗中傷や毀誉褒貶が非常に多く、100%の誠意を持って誰かを承認するというのはなかなか出来ることではありません。ですのでこの勉強会の時間に限りですが、自分の器を拡げる意味でもとても良いトレーニングとなっていると思います。
今日テレビを見ていたら、超一流では恐らくないプロ野球選手が、こうコメントしていました。曰く、
『いやぁ、スタミナは大丈夫だったんですけど、コントロールがまだレベル低いなと思いました。そのへんまた修正していきたいと思います。』
また、だいぶ前ですが、超一流選手である松井選手がスランプに陥ってる時にしていたコメントは、確かこんなだったと思います。
記者『少々スランプのようですが、何か対策はありますか?』
松井『うん、まぁバットは良く触れてるから、もう少しだと思いますよ。』
ゴルフの宮里藍選手もまた超一流選手ですが、日本と違うアメリカ市場の戸惑いもあったのか、あまり勝てない時期がありました。その時のインタビューも、
記者『やはり日本とアメリカは違いますか!?予選を突破するには、何が足りないんでしょう?』
宮里『そうですね、アイアンの調子が(今は悪いが)すごく良くなってきてるので、このまましっかりとやっていきたいと思います。』
最初にでた超一流選手ではないプロ野球選手と、松井選手や藍ちゃんと何が違ったか?それは、前者の彼が自身の課題を課題として明確に口にしたことです。美点凝視ではなく、短所矯正法です。具体的には、課題をしっかりと口に出してしまったその言葉は、まず最初に記者よりも視聴者よりも、その人自身の耳から脳みそに入ります。そして、自分が今この瞬間に言ったセリフが頭の中に反響します。
『コントロールがまだレベル低いなと・・・』
潜在意識に打ち込まれたこの言葉は、いずれその通りにコントロールの悪化という結果を以て、この選手に襲いかかります。人間が一番影響されるのは親でも恩師でも先輩でも友達でも同僚でもなく、自分自身の言葉です。課題を解決したいという気持ちがあったとはいえ、その言葉通りの結果を生み出すであろうと僕は予想しています。
反対に、松井選手や宮里選手の対応は見事だと思います。記者がマイナスな質問を流れとしてしてきたにも関わらず、それをポジティブな形に還流して自分に流し込んでいるのです。これ、結構スゴイことで、人が人の悪口を言っているのを聞いた時に、同調せずに『いや、あの人にはこんないいところがある』と正々堂々言うのがそんなに簡単ではないように、誰かが『あなたの課題は?』と聞いてきた時に、『○○はうまくいってます』と言うのは決して簡単ではないことです。しかし彼らは、恐らく推測するに言霊の力by自分が他に比肩するもののない最も強烈な影響力を持つことを知っており、どんな時も自分に対する美点凝視を怠らないようにしているのです。
人の良いところをいつでも見れる人というのは、とても清々しく誠実で、一言で言うと素晴らしい人だしそうありたいと思うのですが、それと同時に自分のこともきちんと美点凝視してあげられる人間になりたいなと最近は思います。僕が自分を語る時に、いつも松井式や宮里式に話をしているかというと、それは多くの場合そうではないと思います。それよりも二流プロ野球選手のごとく、自分の課題を明確に口に出して、それをわざわざ自分に対して杭を打つように押し込んでしまっていることも多々あります。
『何かを変えたければまず言葉遣いを変える』とは、僕が自己投資の中で初めて知った言葉です。ですます調も大事ですが、それよりも、今使っている言葉が+の影響力をもつものなのか、-の影響力を持つものなのか、そして後者は前者に振り返られないか、を常に考え、まずはそれを自分に対して行っていくことで、パフォーマンスを安定させる一助とすることが出来るのではないでしょうか。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
我が人生に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。