ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

格差是正と聞くとなんだか微妙な気がする

time 2013/04/03


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『格差是正と聞くとなんだか微妙な気がする』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご存知の方はご存知かと思いますが、相対的に見れば相当に厳しいと言われる環境下で僕は働いています。業界全体の平均では2年で9割の人が辞め、離職率が高いと言われるIT業界を凌ぐ回転スピードです。事業主という立場なので、固定給もありません。サラリーマンというよりは零細企業の社長といったほうが分かりやすいかもしれません。
こういう環境にいると、全くないとは言いませんが、他責思考がゼロに近い水準にまで下がります。自分の責任において全ての未来が決定されるため、誰のせいにもしようがないし、環境などの外部要因もコントロール出来ないまでも予測するしかないのです。お客様との出逢いも、その活かし方も、学び方も、働き方も、家族との過ごし方も、休暇の取り方も、プライベートの遊び方も、全て自分次第。そrは究極の自由でもあり、また究極のセルフマネジメントの世界でもあります。理想の形を誰かから提示されるわけではないため、8年目に入る今年ですら、試行錯誤しながらいろいろなことにチャレンジしています。
で、この厳しいと言われる業界なのですが、当の本人は別に厳しいとは思っていません。勿論楽チンではありませんが、自分でマネジメントした結果が自分に跳ね返ってくるということは、他の誰かが決めたことに従って生きることの数百倍生きている感じがしますし、よく考えたら僕はこの種のことに馴れているのだということを最近思い出しました。それは、受験です。
僕は、中学受験、高校受験、大学受験と基本的な受験戦争は全て経験してきました。子供の世界は過酷です。実力がなければ希望する学校には入れません。努力して努力して努力して、一点でも合格点に足りないと、叩き落とされます。公的資金による救済措置とかはありません。また、その実力ですら、基本的には大きな意味で親の経済力と相関をします。本人の責任とは無関係なところで、この天国と地獄とを分ける実力の素地が決まっていくことも、十分にありえるほど不公平な世界なのです。
だから、僕はいつも格差だ格差だ!と叫ぶ番組を見ると、ちゃんちゃらおかしいなと思ってしまいます。文句を言っている人たちよりも数十倍厳しい実力格差の世界で戦う子供たちが沢山いるからです。大人の格差を是正するぐらいなら、子供の格差を是正してあげるほうが100倍良いと思います。若いうちに人生の角度を1度でも上げてあげることができれば、それはその子にとって将来、どれほど大きな意味をもつことでしょう?格差の是正のためにお金持ちの税金を引き上げたり、大して意味のないバラマキをするぐらいなら、子供の世界の格差を是正して全員にチャンスと希望が行き渡るようにして、望む子や努力を約束出来る子が絶望を感じることがないようにするのが、社会や大人の務めなのではないかと思います。
子供の世界は非常にシビアです。みんなそんな世界をくぐり抜けて大人になってきているわけですから、今更ながら格差を直せ直せと言わずとも、本来それを覆すことが出来ることほどの胆力が自分の中に眠っていることを、もう一度思い起こすべきではないでしょうか。結果の格差よりも、機会の格差の方がよっぽど重要で、そしてそれは子供の時代に集中していることが多いです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
我が人生に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。