ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

理念と利念

time 2013/01/24


ラオウへの道 あしたのために 今日の北斗剛掌波
『理念と利念』
いつもお読みいただき本当にありがとうございます。一期一会に感謝します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本ブログは、8ケタを超える自己投資をしてきた羅王(ラオウではありません。似て非なる羅王です。)が、これまで学んできた知識、知恵、各業界のピークパフォーマー達からの教えを、備忘録兼ねて徒然なるままに記したものです。偏差値8を記録した高校時代から始まり、自らの秘孔を突いて隠された力を引き出し続けてきた我が軌跡が、迷える誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って、下記に今日のエントリをお送りします。我が人生に一片の悔いなし!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あらゆる商品が徐々に、しかし確実にコモディティ化し低廉化し、一部の会社だけが勝ち組と言われる中で、理念が大事だ、理念経営が大事だ、理念を持つことが大事だ、語ることが大事だ、と言われて久しいです。全くその通りです。僕たち保険業界でも、理念を持つ人は持たない人の10倍の成績を収めると言われていますし、事実トップクラスには理念型の素晴らしい人財が非常に多いです。また、トップ企業になればなるほど、理念を大切にしています。クレドを是とするリッツカールトンしかり、稲盛さんが指揮する京セラしかり、他にももっと大きなエクセレントカンパニーと呼ばれる会社は、とりわけ理念を大切にしています。理念はブランドとなり、一部の商品価値を飛躍的に押し上げています。
ところが、『理念』ではなく、『利念』が先行してしまっている企業や人が多くなってきています。あのトヨタですら、聞こえてくるのは『利益1兆円』という利念ばかり。たまに豊田社長のボヤキに近い『乗れば乗るほど健康になるクルマ作り』みたいなわけのわからない理念が雑誌に掲載されたりしていますが、関係者は首を傾げるばかりげです。
オバマ大統領はつい最近決着のついた大統領選において、2期目の当選に向けて、
『中間所得層を豊かにするために働く』
と言いました。
ライバルのミットロムニー氏は、自身もとっても大金持ちなのですが、それを大上段から振りかざした上で
『税金と財政支出を減らす』
と言いました。
オバマ大統領は人の心に訴えかけ、ミットロムニー氏には人を感動させるところが皆無だった、というのが、上記のメッセージを見ても明らかなのではないでしょうか。何故なら、オバマ大統領のメッセージは
『理念』
であり、
ミットロムニー氏のメッセージはまさに、
『利念』
であったからです。
本当に人を惹きつけて熱狂と集中を促し、ベクトルを合わせられるのは『理念』だということを証明したのではないかと思います。
ところが、気をつけなければならないことがあると僕は考えています。実は、『利念』の方が、万人に分かりやすい。数値や利益目標であれば、それは誰から見ても同じ基準だからです。だからメッセージを発信する側としても言いやすい。言いやすいけども、結果として誰もの心を動かすことはできず、純粋に功利的な判断しか促せないということになります。
それに引き換え、『理念』はそれを受信する側のイマジネーションや、ぶっちゃけた話、器によって、伝わる度合いや伝わり方が変わってきます。例えばひとくちに『理想郷』と言っても、酒ドラッグまみれの酒池肉林を夢見る人もあれば、節制と倹約を重んじ、感情と欲望が適切にコントロールが利いた人生にそれを見出す人もいます。(勿論前者をイメージさせるようであれば、伝える側のプレゼン能力に問題がありますが。。)しかし、ある程度の幅を持たせつつも、そしてある程度の健全な犠牲を払いつつも、皆が幸せになる道の方向性を示すのが『理念』であり、それは多くの人の賛同を応援を得られるものです。
これを伝える側は、ですから同じことを何回も何回も何回も何回も伝え続けなければなりません。経営者しかり、組織のリーダーしかり、一人の営業しかり、お父さんしかり。『理念』というのは、一度では伝わらないものです。何度でも何度でも伝えて、すり込んでいくものです。その行程はラクではありません。しかし、本当に人に伝える価値のあるものです。
こういう世の中だからこそ、一貫性やしつこさや地味さや当たり前さを根底に置いて、目指すべき未来を語ることに、改めて価値が出てきたように強く思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日も良い一日を!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。