ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

血液型で人を判断するなと言いたいが抗えない

time 2013/05/17


ご訪問有難うございます。一期一会のご縁に感謝します。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
みなさんこんぬつわ〜、こちらは8桁超えの自己投資をしてきた羅王のブログです。驚異の偏差値『8』を叩き出した高校時代から始まった『The 補欠人生』にピリオドを打ち、人生のレギュラーを目指す軌跡と奇跡を備忘録兼ねて徒然なるままに記しました。同じように悩み苦しむ誰かの『一歩前へ』を応援することにつながればと心から願って!
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
人によると思いますが、僕は個人的に血液型で人を判断するのはキライです。なぜなら『B型』だから。B型といえば、マイペース/自分勝手、天才/KY、おおらか/おおざっぱなど、唯我独尊&I love meの代表格として罵られるのが常で、なぜムカつくかというと、その通りだからです。別にI love meではないけれど、自分勝手だし大雑把だし細かいことできないし、好きなことだけ集中できるし・・と。
合ってます。合ってますが、冗談じゃないよ、とも思うのです。たかが血の方が、親の教育より、共に育った友人より、周りの環境以上に性格や能力に影響するはずがない、と今でも思っています。何より、人間の種類が4種類なわけはないだろう!と言いたいです。
ただ大概の場合、この手の話をしていると、『あなたはB型っぽい』となります。こちらも、『おう、そうか』、といった感じで、同意できる部分もあるので受け入れます。これを何回か繰り返すと、いつの間にか『B型だから仕方ないよね』、『B型の人ってこういうときそういうことするよね』と、まるで血液型に自分が支配されているかのような会話の運びになります。そして僕もそれに特に抗うこともなく、いつのまにかB型として規定される行動を取るようになります。これ、どう考えてもおかしいと思います。
ウィンストン・チャーチルが遺した言葉に、『私たちが建物を作り、その後は建物が私たちを形づくる』というものがあります。血液型の話はまるでこれと一緒だなと。僕という存在がいて、初めて血液型が定まるわけですが、いつの間にか僕の性格が血液型によって規定されていて、しかも段々本人もその気になってくるのです。
昔聞いた話で、恐らく間接的には事実と思われる逸話があります。ガンは、いまや日本人の最大死因であり、国民病とも言われています。年間100万人が天国に召されるうちの、1/3までもがガンによるものだからです。昔から言われている家系以外にも、環境ホルモン、ダイオキシン、食生活や紫外線、老化など、要因をあげればきりがないぐらいです。罹患数は年々増えています。
ところで、このガンという病気はいつから劇的に増えたのか、ということについて、一つの説があります。それは、『ガンという名前が付けられ、その存在が広く知られるようになってから急激に増えた』というもの。根拠を示すに余りあるデータはそこらじゅうにあるものと思いますが、ここではそれに触れません。しかし恐らく事実なのではないかと僕は見ています。
人類が、『ガン』というものを認識してから、ガンが見えるようになり、ガンが苦しむ対象となり、ガンが死の局面において関係を避けられないものになってきたのです。それまでは、人類の歴史数十万年間、ガンというものは実際にあったのかもしれませんけれども、非常に少ない数しか罹患者がいませんでした。
ところが最近のガン罹患者は急激な勢いで増えており、それは、外的要因以上に僕達の『認知』が関係しているのではないかと仮説づけたほうが、説得力があるような気がするのです。言うなれば、『私たちがガンを発見し、その後はガンが私たちの運命を決定付ける』というまさに本末転倒、支配者と被支配者が逆転したかのような現象が起きた、ということも言えるのではないでしょうか。
少し枠を拡げて考えると、血液型やガンに限らず、人間は思い込みの産物だと言えます。B型はこのように振舞うものだと思い込むからそのようにB型の僕は振る舞い、ガンというものが自分の症状の延長に存在すると思い込んでしまうからガンになります。これも言い換えるなら、『私たちが思い込みをつくり、その後は思い込みが私たちを形作る』とでもなるでしょうか。思い込むことによって、誰かが勝手に定めた血液型のステレオタイプ通りの振る舞いをしたり、認知できてしまってるがゆえにガンになってしまったり、あるいは思い込むことによってチャレンジしたり成功したりできるわけです。
世間では『思いやり』という漠然としたものが重視されていますが、僕は人生を明るく楽しく生き抜くために、『思い込み』を再現性、確実性をもってプラスの方向に活用していくことができるように一つのスキルなり体系にして、小学校ぐらいから教育すべきだと思っています。
世の中で活躍している人達を見ていると、この『思い込み』の力が半端じゃないケースがほとんどです。しかしながらそのうちの更にほとんどが、natural born的思い込み力を備えているので、一般ピープルの僕からするとあまり参考になりません。それらの人の力を因数分解して誰にでも活用できるような形で『思い込み』の力をデリバリーできたとしたら、結構な勢いで世の中は変わっていくのではないか、そのように最近は思います。
そんなわけで、これからはB型は繊細で優しくてスリムでカッコイイ人が持ってる血液型だ、と思い込むことにします。思い込むことにします。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!
我が人生に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。