ハーバードMBAが漁師に提案した人生の暁に


いくつかのサイトで発見した話。
こういうことを物語で諭せる人って凄いと思う。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。
すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、
女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、
漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。
どうだい。すばらしいだろう」

ウィリー、ゴメンネ


彼の名はウィリー。
 
ペルーはクスコの日本人宿『ペンション八幡』に働いている、ペルー系ペルー人だった。つまり普通のペルー人だった。
ところがウィリーは、多少の彫りの違いはよ〜く見れば感じられるものの、顔はほとんど日本人で八重歯が可愛い18歳頃の青年、おまけに日本語もかなり理解していて、しゃべる方はあまり得意ではないものの、パっと聞いただけではそれも気づかないほど滑らかだ。
 
少し解説すると、ペルーはご存知南米の国で、知ってる限りだと海産物が結構豊富、当時どうだったか知らないがフジモリ大統領が統治していて、そして治安はいつもイマイチだと評価されている。クスコはその中で旧インカ帝国の首都として栄えた町で、今も世界遺産に登録されている。今まで訪れた町の中で、一番美しい夜の顔を見せる町だ。照明が全て黄色っぽいため、夜になると、黄金の国ジパングならぬ、黄金の国インカになる。
85ba917c9d1e3f4fa173454c6aade98b.jpg
クスコは海抜が3400mもあり、富士山とそう変わらない。ということで、十中八九着いたその日に高山病になる。1階から2階に上がっただけではぁはぁぜぇぜぇ息が切れ、そもそも馴れるまでは頭がずっと痛い。そして消化機能が落ちるらしく、いつもトイレに駆け込んでいた。また、この町はかの有名なマチュピチュへの玄関口として知られていて、皆ここからマチュピチュへ向けて巣立って行く。というか、ここで標高に馴れないと、マチュピチュに行っても呼吸停止で死ぬだけだ、正直。
1857225640_4b80536a6c.jpg  
 
で、そのかつての首都クスコの日本人宿に働いていたというウィリー君。僕は彼の存在には気づいていたものの、彼がペルー人だということには、2日ぐらい経ってからやっと気づいた。それぐらい日本人に溶け込んでいた。肌はインディオの末裔らしく若干浅黒いもののウィリーはとても人懐っこく、身長は165cm程度、笑うとジャニーズみたいだ。というウィリーを滞在中に好きになってしまった年上の日本人の女の子は何人かいたらしく、そのうちの1人か2人とは実際に付き合ってしまったらしい。繰り返すがウィリーはペンション八幡の従業員であって、そのへんのペルーのナンパ系兄ちゃんではない。ただあまり陽気とは言えないペルーの人たちに比べて、ウィリーはいつも陽気で、いつも『ニホンジンノオンナノコカワイイネ〜』と言っていたし、ペンション八幡に滞在している日本人バックパッカーはみんなウィリーのことが好きだった。
 
彼のすごいところは、我々の会話に入ってきては、『ニホンジンオモシロイネ〜』と言ってくる彼の方が面白いのだが、ともかく日本語を全て、ペンションで働きながら覚えたということだ。通常バックパッカーは、沈没系と呼ばれる『当初は目的があったが、長くいることが目的になってしまってそれ以外何の目的もなく、観光なんぞ全部済ませてしまったため場合によっては賭け事やマリファナに興じまくる人たち@長い人は数年』を除けば、2〜3日、長くても1〜2週間で、その宿を去って、次の目的地へ向かう。だからウィリーには決まった日本語の先生がいたわけではなく、色んなバックパッカーが日々教えてくれる小さな日本語から、『カノジョ』になった子からピロートークで教えてもらうセクシーな日本語まで、数年間かけて、日本に留学するでも参考書を読むでもなく、身に着けてしまった。『お前ほんとはペルー語出来ないだろ?日本語の方が得意だろ?』とか言って我々がからかうぐらい、ウィリーは日本語がうまかった。
 
クスコは一人旅におけるベストプレイスの一つに間違いなく数えられるのだが、それはウィリーのおかげであった部分も大きい。ウィリーは仲良くなると、『イイトコツレテッテアゲル』と言って、近所で肉を串に刺して焼いてくれる店に連れてってくれた。この手の料理は当たり外れが大きいのだが、そこのは大きな串なのに味もしっかりしていて、非常に美味かった。
またあるときはウィリーがニヤニヤしながら『イイトコツレテッテアゲル』と言って、現地人御用達の風俗街に連れてってくれた。タイのパッポンなどのように、外国人さんいらっしゃいといった風情ではなく、もろに現地人用。だからかかるコストは1回なんと6ドル!しかし雰囲気は異様! 四方を怪しい1Rに囲まれた敷地の中心部からは、各部屋が空いているかどうかがすぐに分かる。空いている部屋は5cmほど空いていて、中からは真紅の光が漏れている、そしてその隙間からおねぇさんたちがいらっしゃ〜いわたしどう?とくねくねしている。『コロンビアノキレイナオネェサンキテルヨ〜』とのウィリー情報があったので楽しみにしていた面子もいたのだが、白い肌で有名なコロンビアのおねぇさんではなく、インディオ丸出しの浅黒で腋毛ぼーぼーなおねぇさんたちがメインだったため、僕のように恐れを成して退散した者もいれば、それでも気合を入れて突っ込んでいった屈強な者もいた。ウィリーはそれを笑いながら見ていた。
 
『ケイタ、オハヨウ』、『ようウィリー!相変わらずエロそうな顔してんな!』 『カオダケジャナイヨ、ウィリースゴイヨ』という感じで更に仲良くなったときに、たまたまウィリーと二人きりになる機会があって、元々興味があったことをいくつか聞いてみた。
『何でここで働いてるの?』 『ワスレタ』
『どれぐらい働いてるの?』 『ウーン、5ネングライカナァ』 5年で教科書も何もなく、ただ『訳の分からない外国語』を聞いているだけでここまで上達できるのか・・
『ウィリーよく仕事するよね。ボスから一日幾らぐらいもらってるの?』 『5ドル』 ペルーで1日5ドルの稼ぎなら、良くもないが悪くもない。格安のバックパッカー宿なら仕方ない額の範囲。
『へぇ、何でソル(ペルーの通貨)じゃなくてドルでもらうの?』 『ダッテ、ドルノホウガツヨイ』 頭の良いヤツだ。
『お金貯めたら何するつもり?』 『ボクノコトスキナオンナノコタチ、ニホンニイッパイイルネ。ダカラアイニイクヨ』 アホか、お前は。
『でもみんなウィリーのこと、忘れちゃってるかもしれないよ?』 『ソンナコトナイヨ、ホラ。オンナノコタチ、ボクノコトスキ』 そういって胸元から、かつて日本人の女の子にもらったというラブレターを見せてくれた。なるほど、これは大層な好かれ方だ。純粋な恋文を久々に見た。勿論読めないウィリーは宿にいた日本人に訳してもらい、それはそれは自分が好かれていたことを知って、下手したら日本人の女の子は全員自分のことが好きなのではないか?と思うようになったとさ。
 
『いつ日本にいくつもり?』 『モウスグイケル』
『マジ?だって日本に行くの高いよ。行くのも高いし、暮らすのももっと高い。』 『ダイジョウブ、僕オカネムーチョモッテルネ(ムーチョ=沢山。Very muchの意)』
オカネムーチョムーチョとか良いながら、右手の親指と人差し指でお金マークを作って見せてくるウィリーは、どっからどう見ても日本人だ。お前それ、どこで覚えたんだ?
『へ〜すごいね。いくらぐらい持ってるの?』 せいぜい5万と6万とか、およそ日本には行けないような金額しか想定してなかった僕は仰天した。 『ヨンセンドル。ウィリー、ガンバッテタメタ。ニホン、モウスグ。オンナノコ、ムーチョ』 
 
 
ここで僕は暫し沈黙することになった。4000ドル。。正直びっくりした。日本人からしてみればわずか40万。日本に行くのに南米からだと20万ほど飛び、残り20万では数ヶ月ももたない。だが、ウィリーにとっての4000ドル、果たしてどれほどの時間と労力をかけた結果の額なんだろう?時給は最初は低かったらしく、5ドルもらえるようになったのも最近のことらしい。その彼が、日本人でアルバイトを真剣にやってる人でもカンタンではない金額を貯めている。通常バックパッカーの宿というのは盗難防止のため、部屋や荷物にカギをかけないと安心できないのだが、ウィリーには財布を預けたところで何の問題もない。そんな従業員は、少なくとも安宿にはそんなにはいない。
 
日本企業の平均給与額は430万。次の月に社会人になる予定だった僕の初任給は、そこから数年間ほとんど上がらない代わりに初年度報酬がやたら高く設定されていた(その代わり、福利厚生はゼロだったので実質賃金は日本企業と換わらない)ため、初月に35万という、ウィリーの貯金額とそう変わらない額をもらう予定になっていた。
 
僕はそれを思い出したとき、猛烈に暗い気持ちになった。申し訳ないと思った。申し訳ないと思ってしまっているその気持ちを持ってること自体、申し訳ないと思った。一生懸命働いているウィリーが5年もかけてコツコツコツコツ、コツコツコツコツ貯めた金額。それを、何にも考えてない僕がわずか1ヶ月で稼いでしまうこと。この不均衡を許している世界の不均衡。生まれた場所がたまたま違ったというだけで大きく分かれてしまった運命。それでも毎日毎日文句も言わず同じ仕事を繰り返し、笑顔でお客さんを迎えるウィリーと、ちょっとのことですぐ文句を言う僕たち日本人、というか自分。
 
一瞬で暗い顔になった僕を慮ってか、それともまたエロいことを考えていたのかは知らないが、ウィリーは、『ケイタハワルクナイヨ。コレガボクノウンメイダカラ、デキルコトヲヤル』というような感じの笑顔で、こっちを見ていてくれた。それがまた、どうしようもなく僕をどうしようもない気持ちにさせた。>ウィリー、ゴメンネ。
そのゴメンネが、無意識のうちに金持ちの国、日本の優位性を頭で描いてしまった故なのか、あるいは5年かけた財産を1ヶ月で築けてしまうことへの申し訳なさなのか、はたまた単純に生まれる瞬間に相対的にラッキーなクジを引いた結果、相対的に恵まれた環境にいることに対するなけなしの罪悪感をごまかすための免罪符なのかは知らないが、とにかく浮かんだ言葉はウィリー、ゴメンネ。
 
結局こういう問題を突きつけられたとき、だからといって僕らに出来ることは何もない。『現状』に明らかな差があることを認め、その現状に感謝しながら、一生懸命働いて生きることしかない。とはいえ、少なくともこういう差があることは生涯忘れてはいけないと思うし、自分に力が出来た暁には、なんらかの形で是正出来るように働きかけていきたいと思う。
 
 
その後、ウィリーがどうなったかは知らない。お別れの日、遠隔地ということもあり、きっと二度と来ない僕に対して、『ケイタ、マタキテネ』といつものように笑顔で送り出してくれたウィリー。ウィリーからもらったメールアドレスは案の定間違えていて一度も送信することなく連絡が出来なくなり、実際に日本に来て豪遊したのか、それとも無理だったのか、それは分からない。ウィリーは特徴的なため、後日ネットでウィリーの行方を調べてみたが、ペンション八幡を辞めた後のウィリーの消息はつかめず、他にも『あのウィリーどこ行ったか知りませんか?』というような書き込みが他にもあるのを発見するに留まった。
 
今でも思い出すのは、たった数日でもクスコでの日々が宝物だったということ。僕の価値観をガラリと変えた出会いもあった。でも楽しい思い出の一番最初には、必ずウィリーを思い出す。
ウィリー、ゴメンネ。そしてアリガトウ。
 
うっかりウィリーの行方を知ってる方、うっかりウィリーを知ってる方、教えて下さいませ。