ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

ステーキよりもハンバーグ、そしてサブプライム

time 2013/08/13


自己投資の質と量が仕事の成果とかなり強く結びつく業界なので、上記の通り8桁を軽く超える金額を今まで費やしてきたというのは何度かお話してきた通りです。

その一環でよく自己分析的なことをすることがあるのですが、いわば自分の能力と資産の棚卸で、自分が一体何を持っているのか?ということを突き詰めて考えたりします。

自分で思ったり人から言われたりするのは、手前味噌ながら以下です。『○○ぽい』とか『○○そう』と、大体アバウトな評価なのですが、うちいくつかは結構気に入ってたりします。

☆声が良いっぽい。
☆カラダがデカくて安心感があるっぽい。
☆強そう。
☆話が分かりやすいっぽい。
☆話にひねりがあるっぽい。
☆文章がうまいっぽい。
☆英語が上手そう。
☆カラオケが上手そう。
☆自分に厳しそう。

それぞれの項目だけを取ると、僕より声が良い人はいっぱいいます。カラダがデカくて安心感がある人もいっぱいいます。実際強い人もわんさかいます。僕はそういう人たちに勝てません。ステーキと一緒。お肉そのもの味だけで勝負しようとしても、なかなかに厳しいものがあります。

世の中にはもっともっと旨いステーキが沢山あるからです。

ところが上記の特徴、評価全てを備えているかと言えば、多くの人はそうではなかったりします。

僕よりずっと強い空手のセンパイ方は、そう長く文章が書けません。僕よりカラオケが上手い同級生たちは、僕の体型の数回り小さいサイズで生きてます。英語がペラペラな外国人が、必ずしも皆僕よりストイックかと言えばそうでもありません。

僕は僕なりに、生きる場所を得ているのです。

これはハンバーグに似ています。

お肉そのものの味で勝負するステーキと違い、ハンバーグには弁解と挽回の余地が用意されています。一般的にはステーキに使われるであろうお肉よりは数ランク下のお肉が、ハンバーグには使われます。しかしそれをミンチにして、塩コショウで味付けし、玉ねぎや卵と混ぜることで、あららびっくりとても美味しい料理に仕上がります。

必ずしも、お肉本体だけの実力が問われるわけではないのです。

サブプライム問題も、ああいう結果とはなってしまったため印象はよくありませんが、根本は一緒です。一級品以外の余りを集めて、うまく組み合わせることで一級品と同等の価値=味を与えることが出来ます。

価値のトーナメントに敗退した選手たちにも新たなチャレンジのチャンスを与えるという意味では、サブプライムにしろハンバーグにしろ、素晴らしい考え方なのではないかと思います。

翻って、多くの人はその一つの才能、能力だけで戦えるほど、天から何かを与えられてはいません。恐らく僕と同様、ちょっと特徴めいたものはあるけど、誇れるようなものじゃないよという人が大半なはずです。

しかしそれでも心配ご無用。組み合わせ次第で何とでもなります。

今僕は保険家としては特異なことをやろうとしていて、その点についてはエッジが立っていると思います。が、あくまで使っているのは『相対的に』強みとちょっとだけ思われるものを競争優位戦略の柱として使っているだけです。その能力だけを見れば大したことはありません。が、業界内では同じことを出来る人がいないために、圧倒的な競争力を持つのです。

ステーキとして戦うか、ハンバーグとして戦うか。サブプライムは世間の悪者となりましたが、サブプライム的ハンバーグな考え方は、僕のような一般ピーポーにとって希望の光の一つであると言えるのかもしれません。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

我が人生に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。