ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

祝 イチロー選手 4000本安打!

time 2013/08/24


やはりイチロー選手はハンパないですね。ついに日米通算4000本安打を達成しました。何がハンパないかというと、記録はもちろんのこと、達成した後のインタビューでの以下のセリフ。

『こういうときに思うのは、別にいい結果を生んできたことを誇れる自分ではない。誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね。』

『これからも失敗をいっぱい重ねていって、たまにうまくいってという繰り返しだと思うんですよね。バッティングとは何か、野球とは何か、ということをほんの少しでも知ることができる瞬間というのは、きっとうまくいかなかった時間と自分がどう対峙するかによるものだと思うので。なかなかうまくいかないことと向き合うことはしんどいですけど、これからもそれを続けていくことだと思います。』

何を言うかより誰が言うかが大事、そう言われることもしばしばですが、口から出てくる『何』自体が究極まで高められた一つの例だと思います。これほどの選手がこれほど『失敗』について言及するのは珍しいのです。

多くの成功者は、事実はどうあれ公の場では『こうしたら上手くいった』という事例を話しがちです。体裁が整い、とっても格好よく聞こえるからです。また聞く側もそれを鵜呑みにしがちです。そういう姿勢で聞いた方が、自身が美談として納得しやすいからです。しかしそれは氷山の一角、いや上澄み数ミリに過ぎないレベルの薄い話であり、本質ではありません。大体において成功とは、『たまたま』発生するもので、しかしその『たまたま』を人為的に起こすことができた人が、成功者となります。

『たまたま』をより多く、より確率高く発生させようと思ったら、『たまたま』に遭遇する可能性を高めなければなりません。そのためにはそれ以外との遭遇、つまり失敗との遭遇をたっぷりと許容する必要があります。おなかいっぱいになるぐらいに。そしてそれらを効率よく丁寧に捌いて人畜無害にしなければなりません。

チャレンジに失敗は付き物です。失敗すること自体は防げません。しかし防げなくても対処することはできます。失敗の質と量とそれらに対する対処の仕方、スキル、在り方が成功を決める、イチロー選手が言っているのはそういうことだと思いますし、僕が日々色々なことを思い知らされているトップパフォーマーたちの言っていることも同様です。疲れている時にどうやる気を出すか、怪我をしているときにどうパフォーマンスを安定させるか、物事を達成して有頂天になっているときにそうならない方法はなにか、プライベートでイヤなことがあったときにそれをプレーに持ち込まない方法は・・・など、どの分野のどれにおいてさえ、一度や二度はイチロー選手と言えど失敗しているはずだと僕は勝手に思っています。そしてその失敗から次へのアクションを必ず学び取っているはずです。

成功している人にもし質問をするとしたら、こういう質問はどうでしょう。

『田中さんは○○に関してどうやってそんなに上手くいったのですか?』、これが今までの質問だとしたら、恐らくイチロー選手のコメントから察するに的外れなのでしょう。個別具体の質問なので、その他に転用できるような答えが出てこない可能性もあります。それよりも以下な感じはどうでしょう。

『田中さんは○○以外に関してどうやってそんなに失敗し、そこから何を学んで逆転の倍返しをしたのですか?』、といった失敗への取り組み方、受け止め方を訊く。そうすると横展開縦展開が可能な失敗に関するマネジメント術を学ぶことができます。そうすれば後は出来るだけ多くのチャレンジをして、バンバン失敗するだけ。失敗マネジメントさえちゃんとしていれば、人はどこまでも前に進んでいくことができます。

失敗を拒絶する日本社会よりも、失敗を許容するアメリカ社会の方が活気があると多方面において言われるのは、成果を出し成功するという観点から考えたときにどちらが最短距離に在るのかということが証明されているからではないでしょうか。3割バッターは、7割失敗しているのです。10割を目指したければ、数本のヒットが最初に出た後に二度と打席に立たないという選択肢を取るしかありません。

オラそんなこと~イヤだ~。イチロー選手おめでとうございます!そして夢をありがとう!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

我が生涯に一片の悔いなし!!!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。