最近読みまくっている古賀洋吉さんのブログ。
前にも読んだことがあるのですが、最近ブログを自分で書くようになって、また改めて勉強になるなぁと思いながら読んでます。
で、今日は有名な『ドラクエ人生論』(http://yokichi.com/2011/05/post-315.html)を読んで、自分なりに思いついたドラクエ人生論羅王編をば。
ドラクエ分かる人にしか分からないけどごめんなさい。こういう本質を誰にでも分かりやすく伝えられる人って、本当にスゴイと思う。
あと、基本的に僕の人格形成はゲームでされたと思っていますが、これほど学びが多いとは当時は気づきませんでした。朝6時から友達の家に忍び込んでゲームやってたもんなぁ・・・
・弱い時は弱い敵と戦ってればレベルは上がる。でも一旦それなりに強くなってしまったら、それ以上強くなりたければより強い敵と戦わないとレベルなんていつまで経っても上がらないぜ。
・怖がるな。モンスターを恐れる気持ちは分かる。でもよく考えてごらん。モンスター達の方が絶対怖いと思うよ。勇者よりもモンスター達の方が勇気あるかもね。
・ゲームの製作者はそんなにいじわるじゃない。こっちのレベルが1なのに、いきなり魔王の側近が出てくることはまずない。
・まずはカネを払ってゲームを買うこと。そうじゃなきゃ冒険は始まることすらない。
・モンスター達を少しは見習おう。勇者達を倒すまで何度でもチャレンジしてくる。勝てない敵(=勇者)に、それでも『世界の混乱を守るため』に挑んでくるって、実はスゴイことなんじゃないか?
・勇者は何でも出来るけど何にも出来ない。
・セーブは経験値の保存のためにしろ。節約だけの人生で勇者にはなれない。
・スゴイ呪文、華麗な呪文はレベル上がってから唱えよう。レベルが低い時にそんなの唱えたら、魔法力だけじゃなく命が取られる。
・日本がアメリカに負けたのは、日本に回復魔法を使える奴がいなかったからだ。
・とてもとても基本的で大事なこと。歩かなきゃ敵とは戦えない。戦えないと経験値もお金も貯まらない。
・魔王と側近が同時に襲ってきたら、弱い奴から全力で倒せ。戦力分散は最大の愚だ。
・勇者と本当に認められるのは、魔王を倒してから。でも、魔王を倒せるのは、魔王を倒すずっと前から勇者と名乗ってるヤツだけだ。
・洞窟の中では暗くて数歩先までしか見えない。でも、数歩先が見えれば、永久に前に進めるんだ。
・ドラクエが面白いかどうかなんて、ドラクエやったことないやつに分かるわけないだろ。
・基本過ぎる話だけど、『ぼうぎょ』じゃ敵は倒せない。
・メタルスライムもはぐれメタルもメタルキングも現実には存在しないけど、一つだけ参考になることがある。チャンスは逃げ足が早い。
・今レベル99で超強い勇者も、昔はレベル1の村人だったんだ。そして誰よりも多く戦った。ただそれだけだ。
・強いヤツに勝ちたかったら、そいつより強くなるしかないだろ?
・いつも気を抜くと負けそうな敵と戦うからこそ、強くなれるんだ。『楽勝』って、実は成長から一番遠いところにあるんだぜ。
・ゲームの良いところは、負けても負けてもやりなおせることだ。セーフティネットがやたらしっかりしてるな!
ふぅ、また思いついたら書きます。
最後までお読みいただき、ありがとうございます!
読んでいただいてる方のシゲキとゲンキとキヅキになれば嬉しいです。
我が生涯に一片の悔いなし!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事