ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

衆人環視なんて甘いのさ

time 2013/10/14


『衆人環視』というワザがあります。

何か新しいことを始める場合に、一人では弱さが出てしまうという人間の特徴をカバーするために、仲間を集ってお互いに刺激しあいながらちょっとずつ進んでいく、というもの。これはこれで、とても効果があります。仲間と何かを一緒にやっているという連帯感、そして約束を果たしたいという責任感もあいまって、ある程度までは進めることが分かってきました。なかなか独力を全てにおいて進めていくことは、少なくとも凡百の僕には難しいです。赤信号じゃないですが、みんなで渡れば怖くない、というのが精神的に一番ラクですね。

でもちょっと待って!最近気づいちゃったYO!『これじゃ甘い!』と。正確に言えば、『(僕にとって)これじゃ甘い!』ということ。

なぜなら、僕は元々筋金入りのダラダラ人間だからです。高校の時はラスト4ヶ月間、1日15時間勉強していましたが、そうせざるを得なかったのは、それまで1日15時間寝ていたからでした。高校には基本的に5限目からしか『出勤』しないという形を続けていたら、『あと地学1単位を落としたら留年だぞてめー!』というところまで、学生生活をあと半年近く残した状態で追い込まれ、途方に暮れたこともありました。大学生活は基本的にダラダラ以外の何者でもなく、いつの間にかおなかには厚い脂肪がかぶさっていました。社会人になってから幾分マシになったものの、キビキビした奥さんや娘と比べると、明らかに窓際族のリラックマ状態です。

『衆人環視』は、そんな一人では何も出来ない僕のために誰かが開発してくれた至高のワザです。なんだかんだ言って、数ヶ月前からブログを始めて勉強会を立ち上げ、10年ぶりの空手の試合に出て、なんなら87kgの肉厚ボディにも関わらずフルマラソンにエントリーなんかしちゃって、朝4時起きを数日前からするようになりました。こんな僕でも少しずつ変わることが出来つつあるように思います。

しかし一方、チャレンジしてはみたけど途中で挫折したもの、チャレンジしようとしてどうしても足が動かないものもいくつかあります。うまくいったこととうまくいかなかったこと、続いたことと続かないことの間には、『衆人環視』というワザだけでは埋められない溝があったのです。

よく考えてみました・・・・ちーん、分かりました。

『衆人環視』は至高のワザです。しかしワザであって、『必殺ワザ』ではないのです。

必殺ワザというのは、通常単発のものをそう呼ぶことが多いようです。『はじめの一歩』で言えば、ガゼルパンチやリバーブローが該当します。ドラゴンボールで言えばかめはめ波、幽遊白書で言えば霊丸。しかしそれらは、物語の中盤になると、ある程度強い敵に大体破られます。そして修行の末、必殺ワザを昇華させて敵をまたバッタバッタと倒し始めます。

実は必殺ワザというのは、単発にあらずなのです。他のワザと連携させて、そして連動させてはじめて本物の力を発揮する、それが本当の必殺ワザです。一番分かりやすいのはストⅡ。ゲーマー諸氏には自明のことと思いますが、波動拳や昇竜拳をいくら連発したところで、敵には勝てません。昇竜拳を叩き込むためには、跳び大キック⇒アッパー⇒昇竜拳という代表的な『コンボ』(=連続技)があります。そう、本当の『必殺ワザ』とは、一連のワザの『コンボ』のことなのです。幕ノ内一歩のリバーブロー⇒ガゼルパンチ⇒デンプシーロールのような、悟空の元気玉+スーパーサイヤ人のような、そんな感じ。

ということで編み出しました。『衆人環視』なんて甘い。だから最初は『囚人監視』にすべきだと。そして『衆人環視』につなげるべきだと。特に何かしら新しいチャレンジをする際、序盤においては、その意義すら分からずにマストを求められることが多くなります。(空手で言えば、華麗なワザ出したければスクワットしろ、みたいな)そんなときに、『衆人環視』で人に見てもらってても、なかなかツラいことに集中することはできません。むしろ『囚人監視』で強制的に矯正するのです。

するとどうなるか?『囚人監視』によって一気にギアが引き上げられ、ケツを蹴られまくってるうちに、急激にソレが出来るようになります。強制的に矯正されるのだから、能力はガンと上がります。するとソレを段々好きになってきます。人間、出来ることの方が好きなのです。そうして初めて、ある段階で『衆人環視』に切り替えれば良いのではないでしょうか。巡航速度でも上昇傾向にあったり、成長していくような状態、そこまでいけば、ギチギチの監視よりも、ゆるやかな環視の方が本人もやる気になります。

そしてその段階すらも超えた時には、完全フリーになればよいのです。

『囚人監視』⇒『衆人環視』⇒『フリー』

こんな流れでやれば、どんなことでも出来るのとちゃいますか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます!
読んでいただいてる方のシゲキとゲンキとキヅキになれば嬉しいです。

我が生涯に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。