ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

どのスーパーサイヤ人を目指すのか?

time 2013/10/20


※今日のお話は、ドラゴンボールのマニアを自称する人から、その5歩手前ぐらいの人までじゃないと理解できないかもしれませんが、ご容赦ください。年齢層で言うとストライクゾーンは25歳~45歳ぐらいでしょうか。

何度も4時起き話、すみません。この4時起き、1週間が経過し、そろそろ習慣づいて・・・きません!まだ眠い。まだツラい。まだまだ、意思の力を最大限発揮しなければ、夢の中へ行ってみたいと思いませんかな感じです。

さて全然関係ないですが、松坂世代のバイブル、ドラゴンボールにおいてのスーパーヒーローである『スーパーサイヤ人』には、以下のような段階があります。属に言うスーパーサイヤ人1~3とはまた別の区分ですが。スーパーサイヤ人すらご存知ない方がいることを懸念して念のため説明しておくと、サイヤ人がスーパーな状態になってパワーもスピードも何倍も強化された状態のことです。よく比較される界王拳とは、実は比較になりません。スーパーサイヤ人という反則技が出てきてしまったおかげで、界王拳は物語の中盤までで、その出番を失ってしまいました。

あの時代の男子に共通していたのは、誰もがスーパーサイヤ人を目指していたということです。そのなり方が以下。
①怒りが頂点に達し、キレてスーパーサイヤ人になる(対フリーザ編)
ただし一般の人は、もしスーパーサイヤ人になるのであればベジータ型が望ましいと思われます。自分の弱さ、不甲斐なさに対する怒りで秘められた力が覚醒し、スーパーサイヤ人になれます。悟空のように、敵への怒り、誰かを失った悲しみによって発露することもあるかもしれませんが、そういうのは何度も経験しない方が精神衛生上よいので。スーパーサイヤ人になると、黄金の闘気が立ち上ります。激しい感情の揺れが偶然にも潜在能力を発動するパターンです。
②『んっ!』と、少し気合をいれただけでスーパーサイヤ人になれる(トランクス編)
悟空は当初、自分の意思ではスーパーサイヤ人になれませんでしたが、ヤードラット星での修行を経て、自在にスーパーサイヤ人になれるようになりました。その姿を見たトランクスが感嘆の声をあげるほどでしたが、そのトランクスも、再生し強くなって来襲したフリーザを瞬殺するほどの強さでした。意識をして自分の力を引き出せるようになったパターンです。
③『な、なんだ、カカロットのやつ。ごく自然な状態でスーパーサイヤ人になっていやがる。』な状態(精神と時の部屋編)
セルとの戦いを控え、悟空が選んだ道は、『スーパーサイヤ人でいることという非日常そのものを日常とすること』でした。もう寝ている時もう○こしている時もスーパーサイヤ人でいようということです。そしてそんな状態にあることすら忘れてしまうぐらい、スーパーサイヤ人でいるということです。ちからの半分をだすだけでカリントウが吹っ飛びそうになるレベルです。全力が巡航速度で出せてしまう、しかもそれを無意識に出来るという究極のパターンです。
ご存知の通り、同じスーパーサイヤ人でも、①<②<③の順で加速度的に強くなります。も少し正確に言えば、①<②<<<<<<<③、というぐらいレベルが違います。それだけ、無意識で全力を出せるということはスゴイことなのです。

早起きも全く一緒です。僕は1週間前、自分の生活習慣と身体があまりに締まりがないことに強い怒りを感じ、4時起きを決意しました。早起きに関する鬼教官に弟子入りしてしまったため、決意したあとに苛烈な調練から逃げられなくなったことは秘密ですが。しかしそれはまだ①の状態。強い怒りがなければ、そして教官に対する恐怖がなければ、4時に起きるということはなかなか達成できません。それでも何とか外圧にさらされながら、4時起きを続けてきました。

今現在は、②の状態に近づきつつあります。かなり自在に、とは言いませんが、『んっ!』と少し気合いを入れれば、起きること自体に苦労はしなくなってきました。①の頃と比べると、相当に早起き戦闘力がアップしているものと思います。

最終ゴールは当然③です。何も意識しなくとも、そしてそれに対する感情の昂ぶりもなく、ただ淡々と、歯を磨くように4時起きが出来ていること。個人的な盛り上がりはなくとも、そこまでいけば人生が間違いなく変わっているであろうことは容易に想像がつきます。今1週間経過したので、あと2週間、習慣が根付くまでがんばっていきたいと思います。あ、もう0時半だからあと3時間ちょいしか寝られない。

①において怒りで覚醒し、

②の段階で意思の力でコントロールすることを覚え、

③になれればもはや次に進む段階です。

『人間は習慣がつくる』の格言の通り、これから少しずつ③を増やしていきたいと考えています。しつこいけどもう寝なきゃ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!
読んでいただいてる方のシゲキとゲンキとキヅキになれば嬉しいです。

我が生涯に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。