IRONMAN JAPAN 2014 完『騒』記〜半年間の奇跡の軌跡 その1〜


2014年8月24日、25mプールで溺れそうになってから約半年、今期最大の目標としていたIRONMAN JAPAN 2014(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を完走し、無事『IRONMAN=アイアンマン』になりました。半年間の奇跡の軌跡を、またまた赤裸々に綴っておきたいと思います。何回シリーズになるかは不明。

ご参考までに、走り始めて9ヶ月で初ウルトラマンになった野辺山100kmウルトラマラソン日記はこちら。

その2週間後にダブルウルトラマンになった柴又100kmウルトラマラソン日記はこちら。

ウルトラマラソンやアイアンマンを目指す方、人生の角度を少しでも変えたい方、何とかやってはいけるけど日々出し切ってない感に苛まれている『普通の人』の気づきと勇気と元気の一助になれば幸いです。目黒勤務の『普通人』より。

Read more

ジブリがとても残念なことになってしまったという話


※本エントリは、完全に個人の好みの問題なので、ジブリ大好きな人にはごめんなさい。

『ジブリが制作チームを解散、実質経営破綻か』というニュースが先日駆け巡りました。

『世界と戦える日本のクリエイティブが!』とか、『ジブリの世界観好きだったのに!』とか、『宮崎駿の後継者は育たなかったか・・・』とか、世間的には悲しいニュースとして報道されましたが、実のところ、僕はあまりこのニュースを悲しいとは感じませんでした。

どちらかというと、『やっぱりな』と思ってしまってました。

Read more

凡人のための過程と結果の目的地


今日は一見相反する主張にも落としどころがあるんだよという話をしたいと思います。

多くの人が、まことしやかに言われているどちらも正しそうに見える議論に板挟みになって混乱したことがあるかと思います。事実、僕は下記の2つの主張の狭間で混乱したことがありますので備忘録に。

Read more

8月6日の話


一週間ほど前の話なのですが、僕にとってはとても大事なことなので書いておきます。ほんとは当日に書くべきだったのですが、色々考えてるうちに時間が経ってしまい、かつ先日バイクでコケて手を怪我してしまったため、まごついてるうちに遅くなってしまいました。

ということで怪我しておじいちゃんタイピングしか出来ないので短めに。

***

Read more

コバエが発生する季節


夏はコバエの季節ですね。ちょっと油断すると、すぐ生ゴミや食べ残しにくっついてたりします。一体どこで増えるのか分かりませんが、家事の怠慢やサボりに対する審判が、コバエの出現によってすぐに下されてるような気がしています。

ちなみにコバエの特徴は、

・小さい。
・よく動く。
・かといって実害はない。
・かといって目によくつくのでイライラする。

こんなところでしょうか。見つけるたびにイライラするのですが、こんなコバエどもからも学ぶことで、少しはイライラも解消できそうです。

・・・すいません、ウソです。イライラしっぱなし。

Read more

日本すごいっす


表彰旅行先のシンガポールから帰ってきました。やっぱり落ち着きますね。何がって全てが。

確かに飛ぶ鳥を落とす勢いのシンガポールと、飛ぶ鳥が落ちる勢いと言われる日本とで、『こりゃ勝てんわ』と思った点もいくつかありました。局所戦で一極集中した大企業がベンチャーに勝てないのと一緒で、今の日本じゃ勝てないなと思う点は沢山ありました。

が、一方でまだまだ日本はこのフィールドなら戦えると思った点が沢山あったのも事実。W杯みたいに優勝国は一カ国だけで、それ以外はみんな記憶から削除されるというようなトーナメントではないので、何も『強さ』や『勢い』だけで競う必要もないわけです。(だからといって、競わなくていいとは思いません。国際経済も国内経済も競争が必然。)

いくつか思いついた日本の強み、相対的にシンガポールが弱いなと感じたところをいくつか。

Read more