ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

De部でサブ4なフルマラソンの軌跡 Vol7

time 2014/02/14


皆さんこんぬつわ、De部のFounder&CEO、主将の羅王です。人生観を変えた初フルマラソンから2ヶ月半。先日、ついに2回目のフルマラソンにてサブ4(4時間切り)を達成しました。一番速いわけではなかったけれど、もしかしたら一番重いサブ4ランナーかもしれないので、87kgのか弱い男児の感動と感謝の軌跡を記しておきたいと思います。
 
※主な登場人物
 
元帥:ランの師匠。ミケランジェロの白いダビデ像を黒に塗り直して、ハイシャイン仕上げにしたような御仁。税理士、IT、トライアスロンのスペシャリスト。人格者だが、自分よりフルマラソンを速く走る人間はキライ。ランクラブのメンバーをしきりに本業のトライアスロンに誘っているが、人格者なのに断られ続けている。極低周波ボイスなので、あまり遠くの人に話しかけるのは得意ではない。
 
熊:De部の共同経営者であり、ライバル。De部副主将なのに、自分よりはるかに小柄で細いヤツを風避けにしてハーフマラソンを走ろうとする。この例でお分かりの通り、たまに全く意味のない不合理なことに神経を費やして、勝手に疲れるクセがある。マスコット&マッチョの合わせ技で’マスコッチョ’を目指している。行動の原動力は全て嫉妬。
 
小僧:スリム部のライバル。30歳になっても子供のような感じで、きっと40代になっても子供のような感じなのだろうと思う。爆発力が結構あり、継続力があまりない。終電が苦手で、基本的には乗り過ごして終点までたどり着くことが得意。ケンカっぱやいためすぐ勝負をふっかけてくるが、いつのまにかその勝負の存在自体がうやむやになっていることも多い。
 
ハラル:スリム部所属。解脱系ランナー。見た目が相当早そうで、しかしなぜか実際はかなり遅い。ハートが異様に強い。
 
ブルー:無所属。解脱系ランナー。ハートに異様なほど波が立たない。
 
【あらすじ】
ハーフまでの間に肛門の狼を倒すことに成功した俺、しかしフルマラソンはここからが勝負。果たして、口だけ野郎で終わるのか、それとも・・・
 

【ハーフ~30km】

ここまでは思ったより順調だった。肛門の狼を倒し、脚も今のところドーピング効果でもっている。タイムはサブ4にはちと厳しいタイムだが、それもここから1キロあたり10秒ずつ詰めていけば、ギリギリ問題ない。
 
成功は、因数分解してこそ到達可能な場所になるのだ。俺は、2年で9割が退席を余儀なくされると言われる過酷な仕事での経験の中で、そんな座右の銘をもっていたため、フルマラソンでも同様のことが言えることを身体で知っていた。
 
さて、一つ思い出したことがある。『ハラルの脅威』だ。
 
俺は、10kmを過ぎたあたりで、今回初マラソンを迎えるハラルに、ぽんと肩を叩かれた。『いやぁ、やっと追いつきましたよ!』。俺にはそのセリフの裏に、『(サブ4いうてたけど意外とぜんぜん大したことないペースで走ってんすね!!!)』という心の声がちらりと聞こえたが、マラソンは自分との闘いであると割り切っていたため、その心の声ごときに心の奥底をかき乱されることはなかった。
 
しかし驚いたのはこのあとである。サブ4ぐらいのペースで、しかもある程度抑えている前半である。ぽんと肩を叩いて追いついたことを知らせるからには、その後少し並走して会話の一つや二つ、たわいもないことを話すのがフツーである。『いやぁ、ここまではラクですけど、これからっすね!』とか、『まだまだイケますよ、がんばりましょうね!』とか、ありがちなフツーの会話だ。
 
俺もそれを期待して、初マラソンで検討しているハラルにどんな言葉をかけようか、頭の中で少しハラルとの会話をイメージしていた。そしてハラルに話しかけた。

 

『でさ、ハラル・・・ハラル?・・・あれ??』

 
あろうことか、俺の肩をぽんと叩いて、若干の優越感とともに俺を捕縛したハラルは、その後会話するどころか、あっという間に下がって俺の視野から消えたのである。さんざん俺にイメージさせておいて、期待させておいて、俺にエアー会話をさせたのである。俺の心に残像を残しながら、くっきりとした未来を見せておきながら、この仕打ちである。360度どこを見渡しても、ハラルはいなくなっていた。お前はネロの周りをうろつく聖犬パトラッシュか。。
 
サッカーでも野球でもそうだが、そこにボールがあると思ってうっかり空振りしたときが一番身体に衝撃が来る。心にも来る。俺は心身ともに、大きな衝撃を受けた。
 

『なんなんだ、おまえは・・・一体なんなんだ!!!

 
俺はこの『ハラルの脅威』に驚愕し、そのあとしばらく他のことが考えられなかった。怒りと悲しみと絶望と虚無感が奇妙なカルテットを形成していて、頭がパンクしそうだった。ま、塞翁が馬なのか、おかげさまで肛門の狼のことも膝のことも、しばしの間、忘れることができたのだが。危なく精神面がやられるところだったぜ、ハラル。相変わらずの技のキレだった。
 
 
 
さて、前回の湘南国際マラソンでは、25kmで限界が来た。そこから先は地獄と化した。今回はどうだろうか???
 

25km、大丈夫・・・

 

28km、大丈夫・・・?

 

30km、大丈夫・・・!!

 

 
不思議と、30kmに到達しても、全く呼吸も乱れず、脚も痛いながらも限界とはほど遠い状態にあった。これにはいくつか理由がある。
 
フルマラソンを走るにあたって、大事なことがいくつかある。1つは脚を徹底的に鍛えること。長距離を走れる脚作りだ。
 
日常生活において、脚が疲弊して前に出なくなるということは、まずない。『歩きっぱなしで疲れたー!』程度ならあるだろうが、それにしたって脚が前に出ないということはほとんど経験したことがない。
 
しかし、フルマラソンではそれが起きる。スターウォーズのC3POの歩き方を『ぷっ』とかいってバカにしている諸氏は気をつけてほしい。アナタもきっとああなる。『脚が前に出ない』とか、『脚を前に出そうとすると激痛が走る』という状態に、冗談抜きでなるのだ。
 
これを防止するには、たった一つしか方法はない。42kmを耐え抜ける脚をつくるしかないのである。それには、ゆっくり長く走るのが最も効果的であることは、歴史が証明している。以下、元帥閣下からのおすすめ参考文献。これからチャレンジの人は読まれたし。
 
 
 
 
フルマラソンに欠かせないもう一つの要素、それは補給、すなわち軍隊で言うところの兵站である。
 
歴史上、強大な軍事力を持つ軍隊というのは、いくつかあった。それらの共通点は、指導者が強烈で、軍そのものも強烈そのものだったという点にある。そしてその負けることを予期することすら難しい軍隊が、時にあっさり負けるそのシチュエーションの共通点こそが、『兵站の不足』である。
 
軍隊はいくつかの大隊や小隊の集まりであり、それらは全て、兵士の集まりである。いくら屈強な兵士といえど、食わねば戦えない。兵站が途絶えれば、リゲインのCMのごとく24時間戦える兵士が、ほんの3日もたないのだ。長距離を疾駆する戦いほど、長期間に渡る戦いほど、兵站が重視された所以である。
 
 
フルマラソンも同様、補給が大事である。一部のエリートランナーを除く一般人が完走する頃には、朝食がとうの昔に消化し終わっていて、場合によってはハンガーノック(完全エネルギー切れ)を起こす。筋繊維は、4時間も5時間も走っている間に、信じられないほどブチブチと切れたり傷んだりする。長く走り続けるためには、食事にしろ、サプリにしろ、補給がとっても大事なのだ。
 
前の戦いで文字どおり痛いほど学んだ俺は、完璧な補給計画を作り上げていて、食事面は心配なかったので、とにかく脚の疲労を軽減し、回復を少しでも早く行えるように、少しでも保つように、一定間隔ごとにサプリを飲みまくった。それもタイムをロスしないよう、補給地点の少し前からサプリの封を切り、走りながら水を受け取り、あまりスピードを落とさずにちょこちょこ走りながらガブっといく。
 
1回もフルマラソンを走ったことがなかった前回と、2回目の今回との最大の違いはこの補給だろう。(あと穴ガバナンス)前回はわたわたしながら補給していたが、今回は心落ち着けて補給ができた。これだけでも、回復度合いが全く違うのだ。
 
身体が同じように限界だったとしても、心の余裕が、ときに大きな結果の違いを生み出す。人間の身体というのは、本当に面白いものなんだ。
 
 
30kmを過ぎても脚の無事を確認した俺は、実はこの時点でサブ4を確信しつつあった。もう少し正確に言えば、あと5km、つまり35km地点を通過して、まだ今と同程度の疲労具合であれば、恐らくサブ4は確実だろうと思っていた。
 
タイムは、本当に微々たるものながら、サブ4を少し上回るペースを維持できていた。この時点で、少し貯金もできていた。あと5kmでもう少し貯金をつくっておいて、若干ペースが落ちたとしても、サブ4を達成できる状況を着々と作り上げることができつつあった。
 
 
今更ながらに、またしても小僧の言葉が思い出される。
 

『いやぁ、1回できたら次は10倍早くできますよ!』

 
本当にそのとおりだ。前回の30km地点は、身も心もボロボロだった。同じ距離を同じ程度の体力で、しかも前回より少し膝が悪い状態で走っているはずなのに、前回とは10倍も疲労度が違う。経験値がいかに人を成長させるか、俺は自らの身体を以て痛感していた。
 
小僧、ありがとう!
 
 
そして俺は30km地点から全く変わらないペースで、勝利へと続く35km地点までたどり着くことができた。。。
 
 
~続く~
 
 
世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただけたことを感謝します。
 
引かぬ媚びぬ省みぬ!
 
我が生涯に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。