ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

五輪のちょっと変わった見方

time 2014/02/26


ソチ五輪関連、最後の一つ。
 
よく僕は、会社の弟子たちに『見えないものを見る努力をしろ』と言ってます。完全に受け売りですけどね。他人から聞いた話を、さも自分の言葉かのように体重を乗せて発することができるのが、僕の奥義の一つです。
 
別に視力を5倍に引き上げろとか、ハッブル望遠鏡もないのに遠くの暗闇の星を見ろというんじゃありません。正確に言えば、『視界には入ってるのに見ようとしてないものを敢えて見ようとしろ』ということです。
 
 

【ソチ五輪のフィギュア、どこ見てました?】

史上最高と言ってもいいぐらい、愛と感動に包まれた今回のフィギュアですが、皆さんは彼らの演技のどのへんを見てましたか?真央ちゃんのあの涙なくして見れないフリー後の表情、羽生選手の高速でまわるジャンプ、高橋選手の世界一と言われる華麗なステップ、などなど。勿論僕もそのへんは見てましたが、なまじスポーツをやってるだけに、少し視点が違うところもあるかなと思います。代表例ですが以下を見てました。
 
①脚をあげて数秒スケーティングしてるとき
空手で脚をあげてキープするという練習があるのですが、これ、尋常ではないほど筋力を使います。空手をきっちりやってる人で数秒、一般の人だと、膝より上に脚を保つなんて、たぶん一秒も出来ない。ハムストリングはパワーはあっても耐性はそんなに強くないため、あっという間に筋肉が疲労するのです。これを体力を消耗する後半にできる真央ちゃん、ハンパない。しかもあの細い脚で。どんだけ鍛えてんだ・・・
まお
 
 
 
②脚を曲げてスピンしてるとき
ウォーズマンが得意なロシア名物のコサックダンスもそうですが、やってみれば大腿筋の前方部があっという間に悲鳴をあげることでしょう。試しに片足で座って、また立ち上がってみてください。たった1回すら出来ない人が結構多いのじゃないんかな。
大輔
 
 
③後半も真顔か笑顔なとき
大好きなAKBにも言えることなんですが、アーティストやアスリートの一番凄いところって、常人とはかけ離れたレベルの肺活量です。前半飛ばして後半バテるということは誰にでもできます。でも、得点が1.1倍になる後半に、メダリスト候補たちはギアを最高回転させます。フルマラソンでもそうですが、後半にペースを上げるということは死ぬほど苦しい。必然的に顔もひしゃげてきます。しかし、終わりよければ全てよしと言われるように、物事の印象は最後で決まるということも決して少なくありません。印象が点数を左右するフィギュアであればなおさら。なので死ぬほど苦しくても、彼彼女らは皆、演技中は真顔かやや笑顔で、演技終了後には満面の笑顔で余裕のフリをするのです。死ぬほど疲れているのに膝に手もおかずに笑顔になれるって、あんたらどんだけの修練積んでるんだ、と思います。
071009_2146~0001
 
 

いかに彼らがスゴイかを至らぬながら身体知として把握できるので、全く運動しない人よりは彼らの偉大さが分かり、オリンピックを楽しめるのかもしれません。

【見えてないところを見るようにすると、見えてくるものがある】

富士山を登る前、僕はてっきり一直線に登るもんだと思ってました。多少急でも、それが一番短くてラクに思えたからです。しかし実際は蛇行に蛇行を重ねて、クネクネクネクネ登っていきます。それが最長に見えて、実は最短の登り方だったのです。
 
初めてのフルマラソンを走る前、僕はいかにカラダを軽くして速く走るかが大事だと思っていました。しかし実際には走力と同等かそれ以上に、補給物資をしっかり積んで走ることが大事なんだということを痛感しました。
 
テニスが下手な選手は『手ニス』になっていて、テニスが上手な選手は『脚ニス』になっています。世界一の選手であるロジャーフェデラーが他の選手に比してもっとも優れているのは、実はあの超強烈なフォアハンドではなく、テレビだとわかりにくいフットワークだそうです。『フェデラーのフォアハンドもサーブもボレーもバックハンドも要らない。でもあのフットワークが俺にあれば・・・』とコメントした選手もいます。
 
物事の見え方というのは、いつも氷山形式です。注意していないと、ぴょこんと出た塊しか、視界に入ってきません。
 
しかし水面に顔を近づけてじーっと目を凝らして見てみると、巨大な塊の上にそれが立っていることがわかります。
 
視覚的には見えてるけど知覚的には見てないもの、それを少なくとも見て因数分解しようとする意識が、なんにせよパフォーマンスを分けてる気がします。
 
 
そんなわけで僕は、AKB48がテレビに出てくるたびに、こじはるの二の腕を見てるわけです。なにか発見があるかと言えば、勿論何もありませんがね。ただただ好きなんです。分かりましたか?ドドリアさん?
 
 
世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただけたことを感謝します。
 
引かぬ媚びぬ省みぬ!
 
我が生涯に一片の悔いなし!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。