ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

トラブルソン日記その1~記録への挑戦~

time 2014/03/19


2014年3月16日。
 
この日は、俺の記憶に永遠に刻まれる日となるだろう。『古河はなももマラソン』に出場した日だ。二度と聞きたくない名前でもあり、また二度と忘れられない名前であり、二度と経験出来ない素晴らしい経験を与えてくれた名前でもある。
 
過去に類を見ない、トラブルにまみれたマラソンだった。いや、運動人生でも初かな。
 
てなわけでフルマラソンならぬトラブルソン日記と命名して、話を続けようと思う。
 
 
※主な登場人物
 
元帥:ラン、トライアスロンの師匠。人格、骨格、筋力、色彩、音程、リーダーシップ、知識、知恵、やや多めの好き嫌い、かなりめんどくさがりな性格、それを補完する日々の仕事の異様な効率化、人としての器と、全てにおいてパーフェクトな師。最近のブームは美白だが、松崎しげるか元帥かというぐらい黒いため、夜の捜索は困難。
 
熊:ライバルであり、De部副部長。嫉妬深く、すぐに雪山ならぬ殻と穴倉に篭り、社会にもネット上にもしばらく出てこない。どれだけ走っても全く痩せない。
 
Mr.フレンド:ライバルであり、スリム部共同創業者。元帥支配下登録選手中、最軽量のフライ級(推定52kg)。かなり速い。
 
ターミネーター:ライバルであり、スリム部共同創業者。元帥支配下登録選手中、最もウエストが細い(推定52cm)。かなり速い。
 
愉快な仲間たち:文字通り愉快な仲間たち。職業、年齢とも綺麗にバラバラ。全員が集まることもまずない。が、心は一つ。そう、それは元帥閣下への忠誠心。
 
De部体重80kg以上か体脂肪率25%以上、もしくは骨格的にそれに類する重装歩兵の集まり。全体的にマラソンに向いてない。
 
スリム部体重50kg~65kgまでの足軽兵の集まり。全体的にマラソンに向いている。
 
Admiral:英語で『元帥』や『提督』という意味。我らがチームの名前として俺が発案。絶対にして唯一の決まりは、『元帥閣下より速いタイムを出さないこと』。
 
 

【使用前、使用後、総括】

今回は3度目のフルマラソン。俺は2回目のフルマラソンで4時間切りを達成したこともあり、今回は少しストレッチして3時間半切りを狙っていた。
 
プロデザイナーの『姉さん』にデザインしてもらった我らのチーム『Admiral』のTシャツを着て、出走することとなった。皆、精悍な顔つきでレースの準備をしている。人ごみにいても目立つし、レース中も何十回とチームメイトとすれ違いながらハイタッチをすることができた。姉さん、ありがとう!
 
 
少し紹介をしたい。
 
 
レース前の精悍な顔つきの面々がこちら(一人別働、一人寝坊)(マスクをした華奢で小柄なのがわたし)
全員
 
 
 
レース後の高揚感の中で撮ったのがこちら(後述するが、トラブルまみれでなんとか完走するも、全身を吊って全く動けないわたし)
レース後
 
 
 
De部(氷河期に強い脂質を誇示)
De部
 
 
 
De部(80kg以上)とスリム部共同創業者のフレンド(推定52kg)の比較
De部と友井さん
 
 
 
 
スリム部(と右端の全くスリムじゃないサブ4ランナー)
スリム部
 
 
 
チームTシャツを着て初めて走ったレース、ほとんど学芸会の様相だったが、その学芸会にふさわしい結果を皆でたたき出すことができた。
 
元帥以外はずぶの素人ランナーで始まったこの『Admiral』、3度目の大会にして、本当に素晴らしい成果を挙げた。
 
・16人全員完走
 
・サブ4達成者9名
 
・初マラソンサブ4達成者2名
 
・サブ3.5(3時間半切り)まであと1分が1名(フレンド)
 
・冬眠癖のあるライバル熊がサブ4達成。直接対決で俺は敗北。
 
 
 
スゴくね!?本当に素晴らしいチームだと、改めて思った。皆、ありがとう!
 
 
 

【俺の総括】

目標:3時間30分
結果:3時間59分10秒
 
なんと、目標から29分も遅れ、サブ4すらほんとギリギリの結果。惨敗も惨敗、ひどい戦いだった。ただ、学んだことはめちゃくちゃ多かった。
 
終わった当初は悔しくて叫んだが、今はもうだいぶ消化できて来ている。学んだことを次に生かすために、このブログにもそれを少しずつ書いていこうと思う。
 
で、『トラブルソン』と呼べるほどトラブルまみれだったので、どんなトラブルがあったか列挙してみたいと思う。細かい話は、随想録にて、漸次紹介していきたい。
 
 
・年末に怪我をした脚が全く治らず、怪我前提でのレースを強いられた。
 
・よって、全くといっていいほどまともな練習が出来なかった。
 
・『レース前は練習量を落とすこと』と元帥から厳命されていたにも関わらず、怪我による練習不足の不安から、こっそり戒律を破って2日前までトレーニングしていた。
 
・ダイエットにまたも失敗し、レース当日朝に量ったら、またも87kgあった。
 
・精神を集中するべく、白いダウン着てサングラスして帽子かぶってマスクしてたら、チームメイトから対不審者用の視線を向けられて軽くショックを受けた。
 
・当日は痛み止め界のゴールドセイント、『ロキソニン』を4時間で3錠飲んだ。(普通は1日2錠、6時間空けての服用が限度)
 
・OPP(おなかPP)の不安があったため、下痢止めを3錠飲んだ。
 
・そしてレース開始10分後にOPPに襲われ、全くもって下痢止めの効果を実感することなく戦線離脱を強いられた。
 
・2回目の大会らしく、レース中の補給地点でコップがない、果ては水がないなどの事態が発生していた。水のない給水所は初めてだ。
 
・3時間半切りマジで狙ったため実力以上のペースとなり、20kmで疲労がはっきりと体感できるほど溜まっていた。
 
・30km地点で両脚ふくらはぎが吊って、その後12km走らざるを得なかった。
 
・35km地点で腿が吊り、その後7km走らざるを得なかった。
 
・40km地点でついには尻が吊り、その後2km走らざるを得なかった。
 
・ゴール後、全身全てが吊って動けなくなった。あちらを伸ばせばこちらが吊り、こちらを伸ばせばあちらが吊った。ナッパに屠られる孫悟飯のように、しばらく叫んでしまった。
 
・結果、目標から30分遅れのレースとなってしまった。
 
 
 
総括するとこんな感じ。最低のレースだったが、きっと近い将来に振り返って最高の分岐点になることだろうと思う。『人間万事塞翁が黒王号』である。
黒王号
 
結果こそが実力。最低のコンディションでも出た結果はやっぱり実力。そこは、重く受け止めたい。
 
では、次章から慣例に従って、レースを回想してみたい。
 
 
世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただけたことを感謝します。
 
引かぬ媚びぬ省みぬ!
 
我が生涯に一片の悔いなし!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。