ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

野辺山100kmウルトラマラソンで逝ってきます

time 2014/05/17


明日、人生初の100kmマラソンに出場します。その名も、『野辺山100kmウルトラマラソン』

過去走ったことがあるのは42kmのみ。今回はその倍以上の距離です。いったいどうなってしまうのか。

ということで、最近限界突破にチャレンジするときに肝に銘じてる言葉を厳選して、備忘録代わりに貼っておきます。自分で考えたこと、パクってつなぎ合わせたもの、偉人の格言など。

   

1、怖いもの:『地震雷火事ゆとり』

思考や身体が弛緩することほど怖いことはない。ほんの少し前までの僕がそうだったように、何も考えずに流れに身を任せて楽な方、楽な方ばかり流されていくと、行き着く先はジャバザハット。

   

2、『精神の限界は、肉体の限界より先に来るものである』

つまりもう無理だ、と思ってるところは実はまだ動ける!のサインでもあるということ。本当に精神の限界と肉体の限界をイコールにもっていけるのは、スケートの清水宏保選手のようなトップアスリートだけ。素人が気にする必要はない。

   

3、『諦めることを諦めよう』

どうせレースは始まってしまう。始まったらゴールしないと恥ずかしい。しょうがない、がんばろう。あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

 

4、『百聞は一見に如かず、百見は一験に如かず』

この1つのチャレンジで、数百冊の本を買って読むに勝る経験値が手に入る。経験こそが最大のコスパだ。

 

5、『人間万事塞翁がネタ、人間万事塞翁が含み益』

いますぐメリットがあるか、効果はあるか分からない。でもすべては、後日のネタであり含み益につながる。

 

6、『空腹は最高の調味料』

エベレストにヘリで登ったって感動は得られない。山の高さを知るには、谷の深さを知らなければならない。苦しんでこその喜びを感じよう。

 

7、『死ぬこと以外、かすり傷』

そのまんまの意味。もはや原始時代ではない。死ぬことはリスクだが、もっと確率の高いリスクは、何もやらないこと、だ。

 

8、『大は小を兼ねる』

100kmを走っておけば、42kmがラクになるかななんて。人生大半のことは、100kmマラソンよりはラクなはず。普段からラクばっかしてると、些細なことに不満が溜まり、つまづくようになる。

 

9、『俺の全盛期は今なんだよ』

今日が現役最強、それが一番カッコいい。過去が現役最強で今は当時を思い起こすばかり、ではつまらない。

 

10、『カエルを二匹飲み込まねばならないときは、大きい方から飲み込むこと。それと、あまり長い間見つめないことだ』

マークトゥエインさん万歳!

 

11、『やったことは、例え失敗しても、20年後には笑い話にできる。しかしやらなかったことは、20年後には後悔するだけだ』

上に同じ

 

12、『私がこれまで思い悩んだことのうち、95%は取り越し苦労だった』

上に同じ

 

13、『勇気とは、恐怖に抵抗することであり、恐怖を克服することである。恐怖を抱かないことではない』

上に同じ

 

14、『死んだら葬儀屋も悲しんでくれるぐらいに一生懸命生きよう』

上に同じ

 

15、『努力は必ず報われる。もう一歩。いかなる時も自分は思う。もう一歩。今が一番大事なときだ。もう一歩。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力とは呼べない』

シビアすぎる現実を述べた言葉。そう、まだ僕がやっているのは努力とは呼べない。

 

16、『明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ』

ガンジー万歳。

 

17、『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ』

身近に必ず前年比の数字で100%以上をたたき出す人がいるのを思い出しました。

 

18、『ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに』

尊敬する戦友でありチームメイトでもあるJo仙人がにたようなことをおっしゃってました。

 

19、『何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない』

最近これがやっとわかってきたので、体験しまくってます。これまでいかに机上の勉強で時間をムダにしてきたことか。。。

 

20、『人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである』

ただ以前の自分に比較し、今の自分がよりよい状態でいること。

 

21、『あきらめないことだ。一度あきらめると、習慣になる』

フルマラソンの30kmの壁などで頻出するこの問題。今回の100kmでどれだけ自分のあきらめに抗えるか!?

 

22、『変われない人は成長しない。成長しない人は、ほんとうに生きているとは言えない』

成長をバカにしたりまぁまぁという人もいるけれど、成長しない人生なんて、ブルシットだ。

 

23、『壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁があるときはチャンスだと思っている』

100kmにチャレンジしようとしたから、100kmをクリアするための体力をつける必要が生じた。そうでなければ、一生そうではない人生だったろうと思う。

さて、いろんな格言、至言に勇気をもらったところで、いまいちど誓います。

日本一厳しい野辺山100kmウルトラマラソン、必ず制限時間内にゴールします!!!

世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ媚びぬ省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。