ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

IRONMAN JAPAN 2014 完『騒』記〜半年間の奇跡の軌跡 その7〜

time 2014/09/13


2014年8月24日、25mプールで溺れそうになってから約半年、今期最大の目標としていたIRONMAN JAPAN 2014(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を完走し、無事『IRONMAN=アイアンマン』になりました。半年間の奇跡の軌跡を、またまた赤裸々に綴っておきたいと思います。何回シリーズになるかは不明。

ご参考までに、走り始めて9ヶ月で初ウルトラマンになった野辺山100kmウルトラマラソン日記はこちら。

その2週間後にダブルウルトラマンになった柴又100kmウルトラマラソン日記はこちら。

ウルトラマラソンやアイアンマンを目指す方、人生の角度を少しでも変えたい方、何とかやってはいけるけど日々出し切ってない感に苛まれている『普通の人』の気づきと勇気と元気の一助になれば幸いです。目黒勤務の『普通人』より。

***

※主な登場人物

元帥:ラン、トライアスロンの師匠。筋肉かなり多め、好き嫌い多め、見た目ダヴィデ像め。柔軟体操が全く出来ず、色が黒いのに美白を目指している。

K兄さん:ミスター盤石。全てが盤石過ぎて、弱点が全く見当たらないところが弱点。海外生活が長かったせいか、『アドバイス』を『アドヴァイス』と必ず言うし必ず書く。

仙人:ほぼ同い年なのにあらゆる点でレベルの違いを感じさせる漢。見た目も中身も解脱気味。一緒に100マイルトレイルを走れる女子を目下検索中。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

アイアンマン出走前日に、大大大トラブル発生

アイアンマン前日の前日、俺は朝からフライトの疲れと(そういえばその前の日から荷物の準備不足で徹夜だった)、空港から宿までの運転の疲れと、こちらに来てからも下っ端ゆえの運転の疲れで、補給食を並べながらお互いの盤石ぶりを自慢している最中に寝てしまった。

写真は暇なチームメイトの誰かが撮った写真。21時頃に力尽きたと思う。

穏やかな寝息を立てている。自分で見ても可愛い寝顔だ。

IMG_7431

 

あくる日、起床して、さあ今日は試泳だ!試走だ!バイクセッティングだ!ついにアイアンマン前日だぁ!と一通り騒いで、気合いを入れて朝食を食べたあと、事件は起きた。

『ある作業』をしている最中に、

ピキッ!!!

と、右肩が突然激痛に襲われた。瞬間的に、『ヤバいっ!!!』と直感で分かる痛み。

桜木花道が、山王工業戦でルーズボールを取ろうとしてコート外に飛び込んだ後、負傷してしばらく経ってちょっと動いても呻いてるみたいな痛み。
(出典:スラムダンク30巻)

2011013122510809e

 

最初は寝違えたのかと思った。冒頭の写真のような姿勢で10時間ほども寝てしまったので、その可能性もある。確かに右は何とか見られるが、左を向くと激痛が走る。腕を上げようと負荷をかけると、力が入らない。

でも、起きてから1時間以上してから寝違えが顕在化するなんてこと、あるのか?

ヤバい、痛みはどんどんひどくなってくる。右腕が上がらない。というか、身体を少し斜めにしただけで激痛が走る。肩甲骨のあたりが猛烈に痛い。いちいちピキピキして、その度に顔が歪む。

(ちなみに後日談。色々調べたが、アイアンマン後3週間経っても痛みが残ってるので、どうやら寝違えではなく、肩甲骨のあたりの肉離れだった模様。砲丸投げの選手や、槍投げの選手がたまになる模様。なぜか元帥閣下もスイムを始めた数年前になったことがあるらしい。元帥の場合は、砲丸も槍も投げないが、よくご自身の意に沿わない気に入らない物事を投げ飛ばす習性があるので、そのせいではないかと思う。)

***

繰り返しになるが、ヤバい、ヤバ過ぎる。本当にヤバい。

何がヤバいって、原因が不明なことも確かだが、ピキっときたきっかけもかなりヤバい。

・先日の落車の際、不自然な角度で地面に接したため、腕を捻ってしまった。
→これならまだ分かる。事実、左腕は少し捻ってしまい、そういえばしばらく痛みが消えなかった。でも今回はそうじゃない。

・とても重いものを持ち上げて、その瞬間の負荷に耐えられず、肉離れが起きてしまった。
→これもまだ分かる。間抜けで完全な力不足だが、これならまだダサいながらも言い訳が出来る気がする。

・日頃からのハードトレーニングによる疲労が大変残念な事にアイアンマン前日に顕在化し、痛みのあまり出走不可。
→トライアスロンを始めての半年間、走り始めての1年間を知ってくれてる人には、十分通じる言い訳だったと思うし、自分でも最悪だけど納得できないわけではないと思う。

実際のきっかけ、それは、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

朝シャン

 

だったんです。

そう、あのさわやかなイメージつきまとう朝シャン・・・

起床して気合いを入れて、朝食を摂ってから、そういえば前日に風呂に入らずに寝てしまったことを思い出して、風呂に向かった俺。

そして、シャンプーを手にとって、アイアンマンになる自分を想像しながら頭を洗っていたときに、その痛みは襲ってきた。

ぐおぉ!!!!

泡の立ちまくっていた俺の頭。痛過ぎるぐらい痛む肩。というか背中。

どうにもならないのでとりあえず泡を流そうとして右手を上げるも、激痛で撃沈。仕方なく左手で洗おうとするも、右肩としっかり連動している左手の衝撃で激痛で撃沈。またまた仕方なくとりあえず頭をシャワーに向けて泡を落とそうと身体を傾けようとするも、それだけで激痛で撃沈。

どうしようもない。そして、これはヤバ過ぎる。

暗雲立ちこめる精神状態で、なんとかかんとか泡を落とし、風呂で腕を伸ばしたり捻ったりしてみて、服を着ようとしたときに、突きつけられた現実の深刻さに、頭を抱えることになった。

着替えが出来ない!

Tシャツが着られない。下を向けない。力が入らない。これはつまり、明日のレースで、ウェットスーツが着られないし脱げない、ということをそのまま意味する。痛みを我慢すればなんとかなる、というレベルではない。いちいち痛みが脳天まで突き抜ける。ウェットスーツは、着るのも脱ぐのも、かなりの力を擁する。

なんでも出来るはずの仙人が、こんなになっても脱げない代物なのだ。この写真の仙人、写真用にふざけているわけでも、カメラを意識しているわけでもない。彼は日本有数のIQを誇る国立大出なのに、こういうことを習ったりはしなかったようだ。

仙人

***

俺は、かなりの絶望に苛まれながら、水がしたたる状態で部屋に戻った。

『すいません、肩をやっちまいました・・・』

朝風呂で何か起きるとは当然思ってないチームメイトは、当たり前だが大して興味を引かれるでもなかったようだ。やっちまったとは言っても、冗談の範囲にしか聞こえないのは当たり前。

『またですか・・・』と冷たく言い放つ元帥の声が聞こえる。

『ほんまかいな!』と関西弁で責め立てるK兄さん。

『・・・』と、無言で冷徹な視線を送るだけの仙人。

それでも下を向いて、本当に痛そうに(事実痛いのだが)していると、だんだん冗談でも盛り話でもないことを分かってくれたようだった。

安静にしたら少しは良くなるかと思って寝ようとしたら、身体を傾けるだけで激痛が襲ってきた。頭と身体の角度が少しでも良くないと、呻き声が漏れる。

『どうやら羅王は風呂で激しいバタフライをして間抜けなことに肩を痛めたらしいが、それも話が盛り気味らしい』という、不名誉な嫌疑をかけられたまま、時間だけが過ぎていく。

***

さて、それはそれとして、この日はバイクの預託(レース会場に出走状態にして預けること)と、スイムコースの試泳をしなければならない。

まずはバイクのセッティング。こんな荷物から取り出して、そもそも分解されているバイクを組み立てる必要がある。

IMG_7278

で、結論から言うと全然ダメだった。ただでさえ、複雑に分解されたバイクは、まだ4戦目と初心者トライアスリートの俺では、汗まみれになりながら組み立てる代物だ。

肩の痛みから、まずはバイクを取り出せない、取り出したバイクを動かせない、動かしたバイクを固定していられない、ハンドルを支えていられない。

汗が通常の3倍ぐらい出てくる。朝シャンから始まったこの痛み、本当にヤバい。つまり朝シャンがヤバい。

トライアスロンは自分で全てやる競技。レース中のパンクも、自分で修理する。社長もヒラも、選手であればそれは一緒。俺も怪我しているとはいえ、自分でやるしかない。

なのに、どうしても肝心なところで力が入らない。痛みが我慢できない。

一人呻いていると、盤石なセッティングでバイクの組み立てを終えたK兄さんが、『ええよ、全然ええよ』と、手伝ってくれた。K兄さんは、バファリンと同じで優しさで出来ているようだ。

仙人も視野に入っていたので手伝ってもらおうとしたが、よく見たら俺以上にバイクの組み立てにまごついていた。仙人は、ここまで今期毎月ウルトラマラソンに出ている猛者。そのスケジュールのせいで、トライアスロンはアイアンマンが2戦目という、とんでもない暴挙となった。

4戦目である俺たちとは異質の素人臭さとぷんぷんさせながら、『あれー?あれれー??』つって、まごまごと組み立てをしていたので、とても声をかけられる様子ではなかった。

***

絶望に打ちひしがれて

会場までバイクの預託にいく前に、マシンの状態を見るために試走をしようという話になった。痛む肩を押さえながら、ロビーに降りてバイクにまたがる。

そしてひと漕ぎ。

2011013122510809e

 

ダ、ダメだ。痛過ぎる。

たったひと漕ぎすら出来ずに、俺はK兄さんにリタイヤを宣言した。明日は180km。どうする。どうする。どうする!!!

仕方なく、会場までほんの数百メートルの距離を、自転車を分解して車に乗せる。自分のあまりの動けなさに、この辺りから絶望し始める。明日は総計226km、時間にして14時間程度。

俺は、果たして戦えるのだろうか。スタートラインに立てるのだろうか。

バイクは、K兄さんが分解と搬送を手伝ってくれた。K兄さん・・・K兄さん!!!

元帥はその頃、部屋で日課のブログを書いていた。。。

***

会場につくと、バイクチェックがある。これは、バイクが正しく組み立てられているか、番号が貼付されているか、ブレーキが効くか、などを確認するためだ。

アイアンマンともなると、なんだかとても風格のある人たちがチェックしてくれる。そう、俺たちは明日、アイアンマンになるために戦う。こういうところが、アイアンマンはとてもしっかりしている。並んでいるバイクも、他の大会とはケタが違う風体だ。

IMG_7367

 

俺も、愛機『黒王号』をセットする。アイアンマン用にフロントにもリアにもボトルを設置し、ハンドルはキン肉マンゼブラをイメージしたシマウマ模様。タイヤも変えた。準備は万端だ。

俺の身体以外は・・・

IMG_7420

 

半年間、俺とともに駆けてくれ黒王号と記念写真を撮る。俺のゼッケンは『194』すなわち、『行くよ!!!』。縁起だけは良い。

俺の身体よ、ほんの少しでいい、回復しておくれ。

IMG_7421

 

***

バイクの預託が終わると、次は試泳。ウェットスーツを着て、淡水の洞爺湖を泳ぐ。

・・・のは当然出来ないので、皆の試泳を見にいく。海水と違い呼吸にトラブルが起こることは少なそうだが、浮力が小さくあまり浮かないという噂もある。

たまたま客寄せパンダとして載ってしまったこの絵図よろしく、普段の俺はイルカのように可愛く泳いでいる。(暇なチームメイトは、俺のことをシャチだクジラだと揶揄してくる。海なのになぜか右手に白いGShockをしているのが俺)残念ながらこの日は、沖に打ち上げられたトドのようにおとなしくしていた。

イルカ

 

K兄さんと仙人が試泳するというので、精一杯のデータを伝えてもらおうとする。元帥含めた三人が泳いでいるとき、どうしようもなく虚しくなった。俺はなぜ、あの三人に混ざっていないのだろう。

IMG_7375

 

さすがはアイアンマン。見るからに背中からアイアンマンが湧き出ている猛者もいる。分厚さが半端ない。

IMG_7380

 

この日、俺は初めて、誰にも分からないように目に涙を浮かべた。

戦いたい。でも、正直これでは無理かもしれない。スタートラインに立つことも、出来ないかもしれない。

神は、なんと残酷な試練を与えるのだろう。

***

かすかな希望、それは◯薬

皆の試泳が終わったあと、ひとかけらの望みを胸に近くの整形外科や整体を調べたら、さすがは洞爺湖、全く近くになかった。

唯一空いていたのが、洞爺協会病院の救急外来。待機しているのは内科の先生だという。

俺は半ばヤケになっていた。整形や整体の先生ならいざ知らず、たまたまいた内科医の先生なんかに俺の怪我が治せるわけない。過去にいろんな怪我をしてきた経験上、この痛みは絶対に1日では治らない。

もういいよ。みんな完走してアイアンマンになってくれ。心から応援する。残念だし悔しいけど、俺はみんなをゴールで待つ。この半年は無駄になるけど、また来年、必ずリベンジしよう。

俺は、出走するフリをしてリタイヤすることを半分ぐらい決めていた。

でも、チームメイトがそれを許さなかった。

ヤケになる俺を、『とりあえず病院行こう。何のためにここまで来たか分からんやろ』と、バファリンと同じ成分で出来たK兄さんが引っ張りだす。

元帥も仙人も、俺が半分以上やる気をなくしているのに、貴重な前日の時間を割いて、病院まで同行してくれた。

肩は1日では治らない。でも、痛み止めなら、内科医の専門分野じゃないか。

病院では、案の定、原因不明と言われた。しかし、先生が思ったより物わかりが良かった。

『どうせ止めたってアイアンマン出るんでしょ?なら、とびっきり効くやつ処方してあげますから、それ飲んで。2種類出すけど、本当は1つ飲んだら3時間以上空けてからもう一つを飲んでほしい。けど、何日も続けて飲むわけじゃないから、今回に限り、連続で飲んで良いです。』

先生、出してくれた。

痛み止め界の重鎮、ロキソニンの強力版(ロキソニン60)と、それが足下にも及ばない強力さを誇る、

ザ・座薬

そして、強力過ぎるがゆえに胃に来るダメージを和らげるための、ガスター10の強力版(ガスター20)。

医者ってすげー。薬の数字が知ってるのの倍とか6倍になってるー。

IMG_7396

 

一縷の望みが出来た。これでダメだったら、本当に終わりだ。諦めよう。

俺は先生の手際の良さと物わかりの良さに感動し、気づいたら先生をアイアンマンに勧誘していた。『ありがとう!先生!ありがとう!ということで来年一緒にアイアンマン出ましょう!』若い先生だったが、本気でイヤがっていたようだった。

***

俺は早速、ロキソニン60を胃にぶち込んだ。

そして・・・

俺をネット上でだけ親友と呼んでくれる元帥に、親友の証として、強力ドラッグの挿入をお願いした。

結果として、以後お互いに気まずくなるとかで、三顧の礼でお願いしたが、断られてしまった。親友の窮地に、ドラッグ一つ挿入できないのは、果たして親友と呼べる関係なのだろうか。第一関節までを犠牲にしてくれるだけで良いのに。。。

仕方ないから、自分で挿入した。肩が痛くて痛くて、恥ずかしくて、とてもじゃないが正規の手続きを踏んで挿入する事が出来ない。また、経験者は知ってると思うが、実際には体内に吸収されるまで、ブツは門を出たり入ったりする。

俺:『突入!』

座:『こんにちは。』

俺:『突入!』

座:『ただいま』

俺:『突入!』

座:『おかえりって言って』

IMG_7432

 

予想以上に手間取り、第一投を完了。新しい扉を開いてしまった気がする。肛門の狼は、このドラッグを受け入れてくれるのだろうか。

これで、明日の全てが決まる。

***

運を天に任せて、俺は明日の準備に取りかかった。

ボトルにジェルを詰めこんでいく。補給食を入念にチェックをする。取り出しやすいように、袋から取り出し、ラップにくるんでいく。

朝はバタバタするため、今のうちにゼッケン番号を腕に張り付ける。盤石なK兄さんにやってもらったら、まさかの逆。K兄さん、よりによって、一番弱ってる俺に対して、痛恨のミス。まるで俺が間違えたみたいになっていてとても困る。

IMG_7393

こんなのも含めて、一つ一つが、レースの出来を左右しかねない、とても重要な作業。

でも俺は、その作業の一つ一つに、魂を込めることが出来ないでいた。痛み止めが思ったより効かず、まだズキズキする肩を抱えながらの準備しか、出来なかったからだ。

こんなに一生懸命準備をしても、明日出走出来ないかもしれない。

途中のリタイヤならまだ分かるが、このままではスイムの最初のひと呼吸すら出来ないかもしれない。ウェットスーツを着ることすら無理だろう。

必ずアイアンマンになろう、そう誓って努力してきたこの半年が、無駄になるかもしれない。

みんなはゴールゲートをくぐって互いに喜ぶことが出来るが、俺だけは、ゴールゲートをくぐらないまま喜ばないといけないのかもしれない。

俺は、準備をしながら泣いた。チームメイトに気づかれないように泣いた。

神様、お願いだ。ほんのちょっとでいいから、俺の肩が動かせるようにしてほしい。そのあとどれだけ痛くなってもいいから。お願いします。良い子にしますから。

俺は、今までで一番神様に祈りながら、翌朝ほんの少し回復していることを願って、床についた。明日の起床は、3時。

神様、宜しくお願いします。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。