ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

IRONMAN JAPAN 2014 完『騒』記〜半年間の奇跡の軌跡 その8〜

time 2014/09/15


2014年8月24日、25mプールで溺れそうになってから約半年、今期最大の目標としていたIRONMAN JAPAN 2014(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を完走し、無事『IRONMAN=アイアンマン』になりました。半年間の奇跡の軌跡を、またまた赤裸々に綴っておきたいと思います。何回シリーズになるかは不明。

ご参考までに、走り始めて9ヶ月で初ウルトラマンになった野辺山100kmウルトラマラソン日記はこちら。

その2週間後にダブルウルトラマンになった柴又100kmウルトラマラソン日記はこちら。

ウルトラマラソンやアイアンマンを目指す方、人生の角度を少しでも変えたい方、何とかやってはいけるけど日々出し切ってない感に苛まれている『普通の人』の気づきと勇気と元気の一助になれば幸いです。目黒勤務の『普通人』より。

***

※主な登場人物

元帥:ラン、トライアスロンの師匠。筋肉かなり多め、好き嫌い多め、見た目ダヴィデ像め。柔軟体操が全く出来ず、色が黒いのに美白を目指している。

K兄さん:ミスター盤石。全てが盤石過ぎて、弱点が全く見当たらないところが弱点。海外生活が長かったせいか、『アドバイス』を『アドヴァイス』と必ず言うし必ず書く。

仙人:ほぼ同い年なのにあらゆる点でレベルの違いを感じさせる漢。見た目も中身も解脱気味。一緒に100マイルトレイルを走れる女子を目下検索中。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

奇跡が起きた!?

前日、朝シャンの最中に、肩から背中にかけて今までに感じたことのない痛みを感じ、以後戦闘不能になってしまった俺。

クロールに必要な肩を回すことは一度として出来ず、バイクはひと漕ぎも出来なかった。ランは衝撃がありすぎて論外。スポーツには腹筋と背筋が必要だとよく言われる意味が、よく分かった。肩と背中を痛めると、本当になにも出来ない。

就寝時にも、神様に心の底からお願いをしていた。ほんの14時間だけ俺に時間を下さい。その後にどれだけ痛みが出てもいい。戦う時間を下さい。戦うためのステージだけは立たせてください。

ほとんど寝られなかった。

***

そして朝。といっても午前3時。

元帥に断られて仕方なく自分で入れた座薬とロキソニン60が効いたのか、痛みはあるものの、奇跡的になんとか動かせるまでになっていた。

が、まだ全然痛い。これではレースまで保たない。

スタートは午前6時。3時に起床して4時には宿を出た。今日の俺のお供は、大量の補給食と、そして4本の座薬、5錠のロキソニン60、3錠のガスター20。

痛み止めが効いた状態でなければ意味がないので、俺は早速1錠ずつ身体にぶち込んだ。昨日は前門の虎のライバルである俺の肛門の狼が再三抵抗し、座薬が吸収されるまでに5分かかった。この日はわずか1分でカタをつけた。肛門の狼にデンプシーロールを決めたった。ねじり込むように、一撃で息の根を止めるように。

IMG_7396

 

***

スタート会場へ向かう。

今回はスイムバッグ(出走前に着ているシャツなどを入れる)、バイクバッグ(バイクに乗るための装備一式が入っている)、ランバッグ(ランをするための装備一式が入っている)以外に、2カ所のスペシャルニーズバッグを置いておくことができる。180kmと長丁場のバイクの途中に一カ所、最後のフルマラソンの途中に一カ所。

俺は過去の経験上、ランでのハンガーノックによる失速はないと踏んでおり(どうせ食べられないし)、今回はバイクのスペシャルバッグだけにした。ジェルの山に飽きた後のジェルを大量に入れておいた。

会場に着くと、夜が明けてきた。アイアンマン本番の会場の様子が、少しずつ鮮明になってくる。俺たちは今日、ここでアイアンマンに挑戦するのだ。

IMG_7405

 

直前はとてもバタバタするため、景色もへったくれもない最後の自撮り。一応の気合いを入れる。ゼッケン番号は194=いくよ。いけるはずだ。他のポセイ丼3人はどうやら集合して写真を一緒に撮ったみたいだが、俺はまごついていたせいで、仲間に入れてもらえなかった。

IMG_7403

いよいよ気分が盛上がってくる。やることはやった。さぁ、あとはやるだけだ!必ずアイアンマンになってやる!

・・・

・・・

と、ストレートに戦闘モードに入ることは、残念ながらできなかった。そうやって単純にその日の健闘を誓うには、前日の痛みやそれに伴う絶望は、あまりに大きかったように思う。俺は、ウルトラマラソンや短いながも濃かったトライアスリートとして経験を通して培ってきた精神力のそのほとんどを、この瞬間までに使い果たしてしまっていたようだ。

周りのトライアスリートたちは、意気揚々とスイム会場に向かっていく。俺は下を向きながら、自分の身体と相談しつつ、会場へ向かった。

***

IRONMAN JAPAN 2014 Hokkaido 開幕

細心の注意を払って、ウェットスーツを着てみた。なんとか、痛みを感じながらも、自分の力で着ることができた。

そして前日、痛みで出来なかった試泳。とにかく、今の自分に出来ることをやるしかない。不思議と、肩を回すことができた。痛み止めが効いてきた!

遅いと言われるかもしれないけれど、徐々に、しかし確実に、やる気が湧いてくる。イケるかもしれない。スタート出来るかもしれない。

***

元帥とK兄さんがいた。しかし仙人が見当たらない。4人で一緒に最後の気合いを入れたい。どうしよう。見当たらない。

『仙〜人〜っ!!!』

あらん限りの大声で叫んだら、2m前にいた。木を隠すなら森に隠せというが、まさにその状態。不要なときに紛れる仙人、そういうとこあります。

3人とも、ウェットスーツを無事に着込んで戦闘態勢に入った俺を見て、うむ、と無言でうなづいてくれた。『痛いの?大丈夫?』とか無駄なことは聞いてこない。痛いのは知ってるからだ。こういうとき、目標ありきで話をしてくれるのはとてもありがたい。

4人で円陣を組み、アイアンマン挑戦を決めた1月末からの半年間を思い出しながら、気合いを入れた。こういうときに主将である元帥に声を出してまとめていただきたかったが、重低音過ぎて全く盛上がりにかけるので、最年少の俺が担当することになった。

俺は、チーム名を間違えて大声を出してしまった。最後まで締まらない。。

***

この日、アイアンマンに挑戦するのは1300人ほど。マラソンに比べると極小だが、トライアスロンの中ではめちゃくちゃ多い。

混乱を避けるため、年齢別に分かれてスタートを行う。俺と仙人は第1ウェーブ、元帥とK兄さんは第2ウェーブだ。

さすがはアイアンマン、スタート前にも気合いが入っている。オリンピックファンファーレと、君が代をオーケストラの人たちが演奏してくれた。そう、繰り返しになるが、俺たちはアイアンマンに挑戦するんだ。他のどのレースでもない、アイアンマンに。

半年前には、ただの戯れ言でしかなかったアイアンマン。しかし今、あと数分でスタートするというところまで来ている。このエントリのタイトルの通り、奇跡の軌跡を思い起こしながら、俺たちはスタートを待った。

アイアンマンでは、挑戦した者皆が勝者だと言われる。そういうことが、身体でなんとなく分かる開幕の様子だった。

君が代が終わった瞬間、どちらともなく、共にスタートする仙人とハグをしていた。

『必ず完走しよう。最後まで。』

『最後まで。』これは、俺と仙人にしか分からない、合い言葉のようなものだ。性格も違う、体型も違う(俺85kg、仙人60kgぐらい?)、地に足のついてるか否かも違う(俺どっしり、仙人浮いてる)、年齢だけはほぼ一緒。

今年5月に初めて挑戦した、ウルトラマラソン界の頂点とも言える野辺山ウルトラ100kmで、俺と仙人はすれ違いざまに『最後まで。』と言葉を交わして別れた。この日の仙人は、開始4kmで痛み止めを投入するなど激痛の中、それでも鬼神のごとき粘り強さでゴールした。俺は、この『最後まで』の言葉を胸に仙人の背中を追いかけ、本当に最後の最後まで泣きながら走り、制限時間2分前にゴールできた。

そんな『最後まで。』を交わして、しかしその言葉の約束を果たせない可能性がかなり高いことが頭をよぎり、俺は『最後まで。』を最後まで言うことが出来なかった。嗚咽のような『最後まで。』しか言うことが出来なかった。

きっと、仙人は気づいていたと思う。俺が涙を溜めながらハグをしていたことを。

俺は、このとき初めて、自分以外の全員だけはなんとか完走させてほしいと、神に願った。

仙人側から見た様子はこちら

***

6時、ついにエリート選手(プロとかトップアマとか)がスタートしていく。いやがうえにも盛上がる。めちゃめちゃ速いが、俺は俺で、自分のペースを守ることを心に決める。

6時13分のスタートに備え、俺たちも入水した。

『アイアンマンになるぞー!!!!!』

『おーーーーーー!!!!!』

どこぞのお調子者が声をかけ、同じウェーブの皆がそれに応える。肩はなんとかいけそうだ。やれることをやるしかない。必ず、アイアンマンになってみせる。スタートラインにはなんとか立つことが出来た。あとは、どんな状態になったとしても、ゴールしてやる。

何度も何度も何度も何度も見たアイアンマンの動画のように、俺は水中ゴーグルをかけた。気分だけはエリート選手。
(Source:こちら
名称未設定

 

そして水中で、仙人と握手をする。気分だけはエリート選手。
名称未設定

そして、スタートのホーン(=業界では『プァーン!』と呼ぶ)が鳴った。

まずは3.8kmのスイム。アイアンマンの幕は、切って落とされた。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

 

 

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。