ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

IRONMAN JAPAN 2014 完『騒』記〜半年間の奇跡の軌跡 その10〜

time 2014/09/18


2014年8月24日、25mプールで溺れそうになってから約半年、今期最大の目標としていたIRONMAN JAPAN 2014(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を完走し、無事『IRONMAN=アイアンマン』になりました。半年間の奇跡の軌跡を、またまた赤裸々に綴っておきたいと思います。何回シリーズになるかは不明。

ご参考までに、走り始めて9ヶ月で初ウルトラマンになった野辺山100kmウルトラマラソン日記はこちら。

その2週間後にダブルウルトラマンになった柴又100kmウルトラマラソン日記はこちら。

ウルトラマラソンやアイアンマンを目指す方、人生の角度を少しでも変えたい方、何とかやってはいけるけど日々出し切ってない感に苛まれている『普通の人』の気づきと勇気と元気の一助になれば幸いです。目黒勤務の『普通人』より。

***

※主な登場人物

元帥:ラン、トライアスロンの師匠。筋肉かなり多め、好き嫌い多め、見た目ダヴィデ像め。柔軟体操が全く出来ず、色が黒いのに美白を目指している。

K兄さん:ミスター盤石。全てが盤石過ぎて、弱点が全く見当たらないところが弱点。海外生活が長かったせいか、『アドバイス』を『アドヴァイス』と必ず言うし必ず書く。たまに『だっはー!』と笑うが、その笑い方のルーツは不明。

仙人:ほぼ同い年なのにあらゆる点でレベルの違いを感じさせる漢。見た目も中身も解脱気味。一緒に100マイルトレイルを走れる女子を目下検索中。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

バイク180.2km 7時間5分の戦い

ついに最も長いパート、バイク180.2kmの戦いが始まった。直接的にはスイムに比べて肩の回転がない分ラクで、ランに比べて肩への衝撃がない分ラクなのだけれど、いかんせん長い。

しかも、前の日にひと漕ぎすら出来なかったことを考えると、どうやらバイクとはいっても肩や背中は相当酷使するようで、油断は出来ない。ロングライドをすると腰が痛くなるが、その痛みが背中を駆け上がってきたらアウトだ。

前々日まではアイアンマンになる気満々だったので、愛機『黒王号』の装備、搭載物だけは充実させていた。

IMG_7420

・ハンドルは、2週間前の落車で大破したので新調。キン肉マンゼブラをイメージしたシマシマ模様に。少し反り上がったDHバー(先っちょのクイっと上がってる棒)がおしゃれ。俺自身も反り上がる気持ちだ。

・ギアもリアのみ新調。一段軽いギアを手に入れた。バイクショップの店長は、俺にK兄さんのような資本力ないのを見越しているのか、あっさり一番安いのを提案してきた。可決。

・フレーム中央のベントボックスには、高カロリーのエナジーグミをこれでもかというほど詰め込んだ。

・ボトルはフロントに一つ(水)、フレーム下に一つ(水)、リアに一つ(ジェルのみ。めっちゃ不味い)を搭載。リアのもう一つは途中のエイドでボトルごともらえるので空けておいた。

・資金不足だったのでホイールには手が出なかったが、タイヤは『レース用』を新調。バイクショップの店長が、『これで時速2〜3km変わりますよ〜』と言っていたが、高いボトルホルダーを仙人が買わされるときも全く同じセリフを言っていたので、半値8掛け5割引で聞いた方が良かったのかもしれない。

・ウェストポーチもして、その中においなりさん3個、外資系ワッフル(見た目不味そう、中身意外と旨い)を6枚、カフェイン入りジェル数個、塩タブレット十数個

・そしてもちろん今回のレースの主役、ドラッグ類も搭載。これ以外にもOPP対策で名将ストッパを3錠。テーピングとドーピングが、いつも俺のレースの立役者となっている。特に座薬に関しては、バイクを漕ぎながら挿れるのか、立ち止まって挿れるのか、後ろから来るはずの親友元帥に挿れてもらうのかは、どこかで考えなければならない。
IMG_7396

そういえば、一つ思い出したことがある。昨年アイアンマンになった母校を同じくするパイセンが、事前にこんなことを教えてくれていた。

『アイアンマンは、どんなに準備しても必ずトラブルが起きる。必ず。だけど、起きるトラブルは必ず乗り越えられるように出来ている。それがアイアンマン。』

レース中のトラブルのことを言っているのかと思ったけれど、俺の場合はそれがレース前に起きた。確かに起きてしまった。そして、なぜか知らないけれど、乗り越えきれてはないけれど、今は良い方に流れが来ている。そうか、これだったのか。

パンクするよりもギアがイカれるよりも厳しいトラブルだったけど、それでもなんとかなっちゃうのがアイアンマンというレースなんだ。

アイアンマンという特別な力が、俺にも宿ったようだ。

***

バイクコースはこんな感じ。

IMG_7679

(Source:Official Web Site

洞爺湖畔をまず1周、そして110kmの広大なワンウェイを1周、最後にまた洞爺湖畔を1周。累積獲得標高は1900mあまり。つまりは結構登りも下りもあるよということ。

IMG_7680

(Source:仙人

最初にフラットめな洞爺湖畔を25km1周して、すぐに激坂の登り下り(=10km)がこんにちは。その後なんだかんだ色々あって(=110km)、最後のフラット25kmの手前にまた激坂乃登り下りがこんにちは。

180kmを走るのは初めて。しかも手負いの熊状態なので、慎重にも慎重を期して走り始める。

***

超楽しかったバイク

『無計画とは、失敗を計画することである』

こんな格言がある。手厳しいが事実だと思う。練習では100kmが限界で180km走ったことはないけれど、出来る範囲で計画を立てた。

・最初の25kmフラットは先々の坂対策で力を入れない。最後の25kmフラットは、後のフルマラソンのために力を入れない。いずれもケイデンス(回転数)重視。

・激坂は捨てる。ギアを軽くして回転で稼ぎ、スピードには一切こだわらない。その代わり、下りは巨体を活かして美味しくいただく。

・4時に投入した座薬の効果が切れるのが10時頃。9時半には第2陣を投入する。自分で挿れるか元帥に挿れていただくかはまだ未定。

・事実と感情が対立した場合は、事実を優先する。イケそうだ、と思っても、それは十数時間に及ぶ戦いのほんのひとときの話。イケそうでもいかない。アイアンマンになるのが最大の目標。

・25km付近のエイドまでに、食べられるものを胃にぶち込む。坂では不可、後半疲れてきても胃が受け付けず不可のため。

・1つのボトルにはジェルだけを入れて激マズドリンクを作ってあるが、それをチビチビ飲む。後半、130km付近でスペシャルニーズバッグに入れてあるカフェイン入りジェルを投入。眠気対策、一応の覚醒と気合い入れに使う。

***

序盤の25kmはしかし、事前の予想に反してとってもスピーディに進んでしまった。後から考えるとほんの少し、分かるか分からないかぐらいの傾斜がついていたようで、放っておいても32km〜35km出てしまう。

GARMIN(GPS付き時計)は相変わらずの沈黙を保っているので、念のため、隣のベテランぽいお兄さんに時速を聞く。

なんかね、もうね、超楽しいわけですよ。普通にレース出来ていることが超幸せ。怪我の功名というのか、バイクの序盤で涙するほど嬉しいわけ。前半はずーっと笑っていた。

作戦では、この25kmで補給食をもぐもぐする予定だったが、スピードがそれなりだったためあまり食べられず。グミを数個と、ワッフルを1枚程度腹に入れた。

ふと横を見ると、パンっ!という音とともに、いきなりパンクしている人がいた。路上にも1人2人といた。やはりアイアンマン、何かが起きるようだ。

***

さて、序盤の激坂である。事前の作戦通り、この坂は捨てることにする。

と、格好よくは言ってみたものの、要するに俺、179cm85kg、登りはそもそも遅い。この1年で1500kmほどは走ってきて、レース前には減量もして、レース直前にはほんの少しカーボローディングもして、体重計に乗ってみたらなんと84kg。諸々搭載して85kg。

1年間で1kgしか減ってねぇ。

誰かに後ろから意図的に引っ張られているかのような遅さで、仕方なく一番軽いギアでくるくる回しながら登った。どうせ意識しても意識しなくても遅いものは遅い。ここで余計な精神力を使うことなく、ある種の諦念状態で粛々と登っていく。

で、登ったら今度は下り。De部の本領発揮。

事前にスピードの出し過ぎとカーブに注意というお触れはあったものの、そんなものは走りだしてしまえば記憶の彼方へ飛んでいってしまった。正確には、まだバイクの性格を掴めてないので、カーブが伴う場合は安全運転、直線であれば前のバイクの落車や落とし物に気をつけた上で、最大限ギアを踏むことにした。

この激坂、下りもなかなかの角度で下っていく。最高時速は70kmを超えていた。バイクで70km!!!俺は興奮のあまり、ゴリ赤木のように『おあーーーー!!!』と叫んでしまった。

この日、10を越える下りがあったが、たぶん誰にも抜かれなかったと思う。抜いたのはのべ100人は超えていたはず。あとから調べたら、スイム751位、バイク589位だったので少しマシ。ただし、下りで抜きまくった同じ人たちに登りで抜かれまくるという意味のない競争をしていた気がする。

***

そろそろエイドだ。エイドの手前にはボトル廃棄エリアが設置され、それまでに飲み尽くしたボトルを投げ込むことが出来る。そしてその後、アイアンマンボトルに入った水もしくはスポーツドリンクを受け取る。そのためにボトルゲージは一つ空けてある。

一連の動作を完了させると、なんだか自分がアイアンマンな気がしてきた。いや、間違いなくアイアンマンを戦っている。こんなとこにもアイアンマンを感じれるのって幸せ。いつ終わるかも分からないこの挑戦、一つ一つ噛み締めよう。

***

羊蹄山を含めた北海道の雄大な自然が見られる、とのお触れのあったこの110kmにも及ぶ周回コース。残念ながらこの日は、前日までの雨の影響があったのか、完全に曇り。でもおかげで、暑さに翻弄されることはなかった。たまに雨はパラついたけれど、レースに支障がないレベルで助かった。もうトラブルは要らない。

さて、計画はある程度立てたものの、やはり計画通りにいかないのが本番。誤算の一つは、やはり俺の体調だった。痛めた肩は、最低限の負荷で働かせるしかない。でも、バイクで速く走ろうと思ったら、DHポジションと言われる、空気抵抗の少ないポジションを取る必要がある。こんなの。

超カッコいい。

20070629_288621

 

が、それをすると背中を開く必要があり、どうもそれをするとどこかでバリっと背中が割けそうな気がしたので、仕方なくとってもかっこわるいポジションで走ることにした。こんな感じ。

CT0786_009257

せっかく付けたキン肉マンゼブラ模様のDHバーは、7時間もの間、ただの飾りとなってしまった。なんだかただのサイクリングを楽しんでいるかのような緊張感のないポジションだけれど、これはこれで本人とても真剣。

空気抵抗がそれなりにあるので、スピードが上がらずに苦労した。捨てる予定だった登り坂に加え、時速2〜3kmは稼げるDHポジションも、勝利のために敢えて放棄することにした。

***

天気はいまいちだったけれど、それでも雨が降って極寒だったという去年よりはるかにマシで、暑くなって疲労が蓄積するよりも精神的には落ち着いていられた。

確かに北海道は広大かつ雄大で、走っていてとても気持ちがいい。アップダウンだって、出走すら危ぶまれた昨日から考えれば、天国みたいなもの。

楽しくて楽しくて、俺は笑いながら北海道を横縦断していった。登りはおしとやかに、下りは熊突猛進のごとく。特に下りでは敵なしで、誰も彼もが俺の後塵を拝することとなった。俺は特に何もしていないのに、前を行くヤツが全員、気づくと後ろになっている。主人が不甲斐ない分、黒王号、絶好調。

が、いかんせん登りが遅い。『下り『は』速いんですね!』と、スリムなヤツに軽やかに登りで抜かれたときは復讐を誓ったが、やっぱり追いつけなかった。

***

そろそろ9時半が近づいてきた。3時のおやつならぬ、10時の座薬の時間だ。

俺はおもむろに、劇薬をたっぷり詰め込んだドラッグバッグから、ロケット然とした、先端が丸みを帯びつつ尖った物体を出した。

昨晩、今朝と、2回も新しい扉を開いてしまった俺の指は、もはや逡巡することはなかった。

エイドでトイレに駆け込み、ぐいっといった。

ぐいっと。

手加減なしでぐいっと。

座薬がドアを開けて『こんにちは』とか挨拶してくるのも阻止したし、『あの・・』と話しかけようと肛門の窓を開けようとするのも許さなかった。

完全な勝利。

俺の臀部に格納された秘密兵器は、その後もきっちり仕事を果たし、俺を肩の痛みから解放してくれた。痛いけど、戦えないほどではない。次藤くんにタックルされた翼くんよりはマシだ。

俺は、また先ほどと変わらず、少しだけお尻をかばいながら走り始めることにした・・・

戦いは、まだ序盤に過ぎない。バイクはあと3/5以上残っている。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。