ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

IRONMAN JAPAN 2014 完『騒』記〜半年間の奇跡の軌跡 その11〜

time 2014/09/18


2014年8月24日、25mプールで溺れそうになってから約半年、今期最大の目標としていたIRONMAN JAPAN 2014(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を完走し、無事『IRONMAN=アイアンマン』になりました。半年間の奇跡の軌跡を、またまた赤裸々に綴っておきたいと思います。何回シリーズになるかは不明。

ご参考までに、走り始めて9ヶ月で初ウルトラマンになった野辺山100kmウルトラマラソン日記はこちら。

その2週間後にダブルウルトラマンになった柴又100kmウルトラマラソン日記はこちら。

ウルトラマラソンやアイアンマンを目指す方、人生の角度を少しでも変えたい方、何とかやってはいけるけど日々出し切ってない感に苛まれている『普通の人』の気づきと勇気と元気の一助になれば幸いです。目黒勤務の『普通人』より。

***

※主な登場人物

元帥:ラン、トライアスロンの師匠。筋肉かなり多め、好き嫌い多め、見た目ダヴィデ像め。柔軟体操が全く出来ず、色が黒いのに美白を目指している。

K兄さん:ミスター盤石。全てが盤石過ぎて、弱点が全く見当たらないところが弱点。海外生活が長かったせいか、『アドバイス』を『アドヴァイス』と必ず言うし必ず書く。たまに『だっはー!』と笑うが、その笑い方のルーツは不明。

仙人:ほぼ同い年なのにあらゆる点でレベルの違いを感じさせる漢。見た目も中身も解脱気味。一緒に100マイルトレイルを走れる女子を目下検索中。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

超楽しかったバイクゴールまで

仙人はバイクで腹筋が引きちぎれそうなほど攻めたらしく、とってもツラかったようだ。俺は申し訳ないことに、楽しかった記憶しかない。それは180kmを6時間半というタイムで駆け抜けようと全力を尽くした仙人と、とにかく完走が目標となった俺との違いだったかもしれない。

タイム差にも如実にそれは現れた。結果的に、俺7時間5分、仙人6時間40分。激坂がありながらのこのタイムは、驚異的だ。

***

前半の登り基調のコースを登りきり最高地点に達すると、下りがメインとなる。実際は少し下るとすぐに登りがでてきたり、下りの最後には必ず90度のカーブがあったりして思い通りにスピードを出すことはできなかったが、それでも下りだと大体60kmぐらいは出る。

俺は、どうせ後で登りで抜かれるからと、下りはマリオカートのドンキーコングのごとく、マリオやキノピオたちをばしばし抜いていった。同じぐらいの数、後の登りで抜かれたが。

レースはいつのまにか90kmを越え、後半のハイライトである、20kmにも及ぶ登り坂に差し掛かる。斜度1−2度のビミョーな傾斜を、しかしいつ終わるとも分からないほどずーっと登っていく。(赤い下線の部分。)

IMG_7680

 

(Source:仙人

***

『後半に20kmずーっと続く登りがある。一見すると直線なのに、なーんかスピード上がらないなと思ったらそれは傾斜があるってこと。焦らず回転数を意識して、自分決めたルールに従って脚を回し続けること』

こんなアドバイスを前述のアイアンマンパイセンからいただいていた。

これが効いた。唸るほど長い登りだけれど、ぜんぜん平気。くるくるくるくると、脚をとにかく回し続けた。負荷が感じるか感じないかのギリギリのところで、スピードにはこだわらずに回し続けた。

結果、あれ?これで終わり?と思うような体感時間でこの20kmを制覇することができた。

テニスで、めちゃくちゃフットワークが速いはずのトッププロの選手が、どう見ても届きそうな相手のショットに全く動けないことが、試合を見ているとままある。ボクシングでも、あれ?って思うほど軽いパンチで、めっちゃ打たれ強いはずの選手が倒れることがある。

どちらも、『予測出来ていない、見えていない』ものについて被弾したときに大きなダメージを受けている点が共通している。ナダルなどが明らかに追いつけなそうなボールに追いついて打ち返しているのは、相手のボールのコースを予測しているからであり、ときたま明らかに届きそうなのに全く動けないのは、それが予測を外れたコースを突いているからだ。

今回、初の180kmだったし、20kmも続く登りは初だったけれど、アイアンマンパイセンからの上記アドバイスが脳裏に焼き付いていたこと、そして前もって車でコースの下見をしていたことが効いた。

経験が全て、とはいうものの、経験がないことについては、ただ単に知るだけでも、結構な効果がある。

***

座薬を入れたあとしばらくは、出たり入ったりを繰り返しそうになりながら、つまりはお尻に手を当てながら走るしかなかった。国民の反乱を抑えようとする政治上層部の気分というのは、こういうものなのだろうか。

激しく遣り過ぎてもいけない。でもソフトに対応し過ぎると、民が調子に乗る。今回の場合、民が調子に乗るとは、すなわち、座薬・アウト・オブ・ザ・ドアを意味する。それだけはいかん。

半分の90kmを越え、20kmに及ぶ長い坂を制覇する頃には、座薬も溶けてしまって主人に逆らう力を失っていたようだ。

走りに支障がなくなるまでに、抵抗は弱まっていた。

***

そして最後の激坂。(下記右側の緑下線の部分)

IMG_7680

 

 

もう、最後の戦いだ。140kmほどを走ってきて、気づかないうちに相当な疲れが溜まっているようではある。

でも、まだまだ楽しい。

不思議なほどネガティブな要素が一つもなく、坂道といえど楽しみながら登っている俺がいた。(このしっぺ返しは後でくることになる。)

相変わらず何の変哲もないサイクリング風のライドで、登りも下りもこなす。全く速そうに見えない。

CT0786_009257

ここでは、過去の経験が効いた。『半年でアイアンマンプロジェクト』の第2戦、みやじまパワートライアスロンでの激坂経験だ。

激坂2.0と命名しても良いぐらいの激坂が続いた戦い。感じとしては、先ほど通過した20kmのながーい登り(斜度1−2%)を、距離は同じくして斜度だけ激キツにした感じだった。

このみやじまトライアスロンで、間違いなく俺の中の坂に対する閾値が上がっていた。それに比べれば今回の激坂は、『まぁまぁ坂』ぐらいでしかない。180kmの中に混ざっているからキツく感じるが、坂自体はどこにでもある坂だ。

俺は、息はぜぇぜぇはぁはぁ死にそうになりながらも、洞爺湖の自称激坂に対して、勝利宣言をした。

何か大きなチャレンジをするときには、前もって『そのチャレンジがショボく感じるような閾値引き上げ』を行っておくと良い、というのが最近の経験で分かったこと。そして、その閾値引き上げは、チャレンジ全体に対して行うことは事前の段階では難しいので、局地戦でそれを行えばOKということ。

文字にすると非常に分かりづらい表現となったが、いくつか例を挙げるとするならば要はこういうことだ。

・今回のように、アイアンマンの自称激坂よりきつい本物の激坂を事前に体験しておく。ただし距離は55km。(180kmのレースの前に180km走っても良いけど、アマチュアだとそれはなかなか出来ない。)

・フルマラソンサブ4をしたい場合の基本ラップは5分40秒/キロ。その場合、10kmでいいからキロ5分で走れる練習をしておくと、5分40秒がとてもラクなものに思える。

・ちょっと怖いと感じている社長に会いに行く前に、パチンコ屋か何かで本物のヤクザを間近で見ておく。

・茶帯の試合に出る前に、関東有数の黒帯の方と組み手をしておく。

***

結果として、激坂に対する意識の閾値の上がっていた俺に、この自称激坂は大した障壁にはならず、美味しくいただくことができた。(後から考えると、タイムを追ってなかったのでただの手抜きだった疑惑もある。タイムを追った仙人は、ここでも攻めて腹筋に重傷を負った。)

最後の下りをまた猛スピードで下ると、あとはほんのわずかに登り基調で傾いた25kmの周回コース。もはやランに備えるための準備と割り切り、疲れもあって上がらないスピードを無理にあげようとはせず、くるくると脚を回すのみに徹した。

あーもうほんのちょっとで終わっちゃうんだ、と少し残念。実際は7時間も漕いでいたわけだけれど、体感的には3時間ぐらいだった。めちゃくちゃ楽しいバイクだった。

周回コースを終わって街に入ると、沿道から色々な人が

がんばれー!がんばれー!

と応援してくれる。ありがたい。本当にありがたい。

出走が出来なくなりかけた身からすると、180kmの長丁場も激坂も、もちろん応援も、この疲労でさえも、全てがありがたい。本当にありがとう。

少し笑いながら、俺はバイクフィニッシュを迎えた。

7時間5分。最長のタイムと距離を誇るバイクが終わった。あとはランだけだ。

おまけのようにくっついてはいるけれど、あと42km。

必ずゴールしてやる。

で、しつこいようだがこの笑顔のしっぺ返しは後でしっかり被ることになる。

CT0786_018630

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。