ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

IRONMAN JAPAN 2014 完『騒』記〜半年間の奇跡の軌跡 その16〜

time 2014/09/26


2014年8月24日、25mプールで溺れそうになってから約半年、今期最大の目標としていたIRONMAN JAPAN 2014(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)を完走し、無事『IRONMAN=アイアンマン』になりました。半年間の奇跡の軌跡を、またまた赤裸々に綴っておきたいと思います。何回シリーズになるかは不明。

ご参考までに、走り始めて9ヶ月で初ウルトラマンになった野辺山100kmウルトラマラソン日記はこちら。

その2週間後にダブルウルトラマンになった柴又100kmウルトラマラソン日記はこちら。

ウルトラマラソンやアイアンマンを目指す方、人生の角度を少しでも変えたい方、何とかやってはいけるけど日々出し切ってない感に苛まれている『普通の人』の気づきと勇気と元気の一助になれば幸いです。目黒勤務の『普通人』より。

***

※主な登場人物

元帥:ラン、トライアスロンの師匠。筋肉かなり多め、好き嫌い多め、見た目ダヴィデ像め。柔軟体操が全く出来ず、色が黒いのに美白を目指している。

K兄さん:ミスター盤石。全てが盤石過ぎて、弱点が全く見当たらないところが弱点。海外生活が長かったせいか、『アドバイス』を『アドヴァイス』と必ず言うし必ず書く。たまに『だっはー!』と笑うが、その笑い方のルーツは不明。

仙人:ほぼ同い年なのにあらゆる点でレベルの違いを感じさせる漢。見た目も中身も解脱気味。一緒に100マイルトレイルを走れる女子を目下検索中。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

汗臭や強兵どもが夢の跡

『夏草や兵どもが夢の跡』

ついにゴールしたアイアンマン。

IMG_7419

ずっと憧れで、半年前には完全な他人事で想像すら出来なかったこのゴールゲートを、自分の脚でくぐることができた。

IMG_7410

まとめると、

元帥:16時間10分58秒
バイクで体調を崩されながらも、制限時間3分前にフィニッシュしたそのギリギリ感は脅威。最後は俺のロキソニン60で太ももを治して完走。太すぎる太もも(=極太もも)が脚を引っ張るという韻を踏む事態だった模様。

K兄さん:13時間55分40秒
盤石なK兄さんが、ついに最後のランで心身および括約筋ともに盤石さを失いかけたレースだった。でも全体として、ロジスティクスやファイナンス面など含め、ほぼパーフェクトな盤石ぶりを見せてくれた。

仙人:12時間37分16秒
トライアスロン2戦目にしてこのタイムは驚異以外の何者でもない。さすが毎月ウルトラマラソンを走るという狂行を行っているだけある。

俺:14時間54分39秒
十数話に渡ってすら語り尽くせないドラマの末、ゴールに至った。スイム、バイクはまだ負傷の身として許せるものの、最後のフルマラソン5時間50分(特にラストハーフ3時間20分)はいただけない。ちなみにトランジションは計30分近くとっている。シャンプー、リンス、ブローをしたかのような遅さ。

でもとにかく、半年前に完走を誓った4人全員が、それぞれの戦いの末にアイアンマンになれたことが、一番嬉しかった。ど素人3人を導いてくださった元帥に全員で敬礼をし、会場をあとにした。

***

風呂に入り、ところどころめくれた脚の皮を見ると、やはり相当に強度の高い戦いであったことが分かる。バイクで傷めた左膝は全く曲げられなくなり、腰は重く肩はいまさら痛みが出てきた。耐えてくれた俺の身体、ありがとう。

それぞれに傷ついていて、それぞれの形で心身を休ませることにした。

元帥は、8時間以上に渡る戦いとなったバイクで肥大化した臀部の筋肉に皮膚が耐えられなかったのか、『おしりを乾かす』という新しい時代を感じさせるダウンを行っていた。

IMG_0145

K兄さんは、全く隙のない盤石過ぎる顔で早々に眠りにつかれた。

IMG_7418

これは、仙人が自分のメダルを撮った写真。後から気づいたが、写っている後ろ姿は俺。言葉少なな仙人だが、俺と同ウェーブでスタートし、俺の代わりに目標タイムを達成してくれた。遅いけれど一応アイアンマンのゴールゲートまで辿り着いた俺を、褒めてくれてるのかもしれない。明らかに何か食べてる後ろ姿を撮るあたりが秀逸。

写真 (1)

その日は、汗臭いウェアをバッグに押し込んで、夢のような戦いを夢で思い出しながら、眠った。

***

疲れているにも関わらず、早寝早起きの元帥に起こされて、バイクのピックアップにいった。本当ならもう少し遅い時間にしかピックアップ出来ないらしいのだが、事前予約をしているとアーリーピックアップができるらしい、ということを、元帥がエレベーターで一緒になった他のアイアンマンから聞いてきた。

もちろん予約をしていない元帥は、しかし得意の低い声でゴネたらしく、あっさりとピックアップを終えていた。俺たちも続く。

ちなみにこのときに『エレベーターで元帥にアーリーピックアップが可能であることを教えてくれたアイアンマン』は、俺が後日友人にたまたま連れられて行った先のバーのマスターだった。偶然にもほどがある偶然。全ての偶然がつながり、頭のなかで点が線になり、マスターと大盛り上がりした。ニアミス過ぎて笑える。

IMG_7454

前日は疲労でほとんど何もできなかったが、フェースブックを見ると、ポセイ丼(トライアスロンチーム)の母体となるTEAM Admiral(ランチーム)のメンバーから、雨嵐のように応援メッセージとお祝いメッセージが届いていた。レース中もレース後も。何度も何度も。忙しいなかデータまでトラックしながら応援してくれた人もいた。

1ヶ月経った今見返してみても、涙が出てくる。みんな本当にありがとう。後日の打ち上げでも肩の件があったためか、また泣いてしまった。やっぱりツラかったんです。

***

驚くほど閑散とした会場を後にして、もくもくと片付けをする。トライアスロンは疲れた身体でパッキングもしないといけないからおちおち寝てもいられない。もう、この戦場ともおさらばだ。

IMG_0148

一抹の寂しさとともに、それでも少しずつ片付いていく。

昼は憧れのウィンザーホテルで、ランチを食べながらアイアンマンとなったポセイ丼サミットを行った。

皆、普段と異なり余韻に浸っているのか、ウィンザーホテルに気圧されているのか、言葉が少し少ない。うちの娘だけが、ぺらぺらとしゃべっていた。

午後は表彰式。

IMG_7426

トップのMichael Ruenz選手は、スイム3.8kmを54分22秒、バイク180kmを5時間1分23秒、ラン42kmを2時間52分36秒のトータル8時間53分40秒。

どれ一つとして比較にならない。最後のランでサブ3って・・・

こんな化け物と同じレースを走ることが出来ていたというのが、妙に嬉しい。

レース中から思っていたけれど、アイアンマンにはまた挑戦したい。もっと強くなって、もっと良いコンディションで。完走がギリギリのアイアンマンの末席に過ぎないので、まずは中堅を目指したい。

***

帰りの飛行機。De部主将の俺は当然のごとく最前列だったのだが、俺と元帥含め、最前列が全員アイアンマンTシャツを身にまとっているという圧力。

墜落しなくて良かった。

IMG_0147

アイアンマン率の異様に高い飛行機が羽田に着くと、あとはうちに帰るだけだ。

ただいま。

無事、アイアンマンになりました。

もっと、もっと強くなりたい。

それが今の感想。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。