ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

インド5弱の衝撃!8年ぶりに行ったインドの話 その1

time 2014/09/30


8年ぶりにインドで逝ってきました。今回は随一の経済都市ムンバイ。

全く変わっていないインド、大きく変わったインドの両方が楽しめた旅でした。

インド5弱の衝撃をどうぞ。日本が抱える問題点の解決策を持ってる気がするのは気のせいだろうか。。。

***

※主な登場人物

トミー(Tommy):世界屈指の外資系コンサル会社に勤めるエリートな漢。ふとしたきっかけからムンバイに赴任することとなり、今回の旅のホストして活躍。なぜか俺に色々と相談してくる。語学が堪能。ランチームアドミラル所属。

マッチ:某ITベンチャーの若きエグゼクティブVP。カラオケで必ずマッチの曲を歌うところからマッチと呼ばれている。体型も細身でマッチ棒っぽい。息を吸いながら話し続けることが出来る特技の持ち主。ハートが異様に強い。語学は堪能とは言い難いが、魂で話す。

ザック:公認会計士に教える公認会計士。フルマラソン3時間30分切り(サブ3.5)まであと8秒というとても惜しい漢。会計士仲間の先輩には『おしゃべりクソヤロー』言われるほど普段は饒舌で俺から見てもとても話が上手いのだが、今回の旅では貝になっていた。ランチームアドミラル所属。語学は堪能に見えていたのに、結構とんでもない実力だった。

エンペラーの会:僕が主催する勉強会。共に学ぶ同志の集い。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

8年ぶりにインドに行くことになった

『そうだ、ムンバイに行こう。』

誰かがふと言った。僕が主催する勉強会、通称『エンペラーの会』での出来事だ。

師匠が主催しているという『ファラオの会』に対抗して勉強会を作ろう、でも少しでもハクのありそうな名前にしようと、『ファラオに勝てんのって、エンペラーしかいなくね?』と、2013年の12月頃に設立された組織だ。

師匠である鮒谷周史さん(ややこしいので一言で表すと化け物)のセミナーで知り合った同期たちを中心に立ち上げたこの勉強会、運営方針は至ってシンプル。

1、公に資する人財となること

2、今は高尾山レベルだが、ゆくゆくは富士山、そしてエベレストの頂上で逢えるだけの実力を切磋琢磨しながら身につけること。

3、努力、自己投資を怠らないこと。成功も失敗も本気でシェアし、互いの研鑽に努めること。

4、上記のために月1回、万障繰り合わせて集まり、エンペラー感モリモリな場所で会食すること。

5、中2以下のノリだが、お互いを『帝』を付けて呼ぶ。僕は『羅王』なので『羅帝』、やや邪悪なメンバーは『邪帝』、ある日突然赤いパンツ(=赤パン)を履いてきたメンバーは『AKP帝』など。

言葉の定義は少し違うが、大体こんな感じ。普段属しているランチームアドミラルや、トライアスロンチームポセイ丼とはまた少し違った刺激がある。

毎月幹事を持ち回り制にして、あるときは人生ミッションの確認、あるときは経営書の輪読、あるときはすべらない話を持ち寄り、あるときは俺のイタリアンを因数分解しにいったりした。

***

先月は築地で会合をした。その前は渋谷だった。さて次はどうするかな?なんて話をしていたときに、前述の、

『そうだ、ムンバイに行こう。』

と、誰だったか忘れたがアホなメンバーの一人が言い出した。その場で8月のエンペラーの会は、築地、渋谷と来て、少し距離をとってムンバイでの開催、という運びになった。メンバーの一人である、トミーが2014年1月から赴任していたからだ。

決まってからは各自忙しかったため、ビザが必要なインド渡航の手続きを遅めに済ませ、誰も出国できないかもというリスクを抱えながら、きちんと準備をし・・・ないまま当日を迎えることとなった。

ちなみに、インドビザは茗荷谷にある申請センターで取れる。ちなみに、列に並ぶ必要があったりかなり機械的な作業で1つのミスで書類を送り返されたりでかなりロスが発生するので、急ぐ人はこちらの代行センターがオススメだ。

かなりニッチでコアな仕事なはずなのに、『インドいったことないんですぅ。行く気もないんですぅ。』というかなりやる気レスなねーちゃんが対応してくれるが、仕事はきっちりしている。代行手数料約5000円を払ってでも、忙しいビジネスパーソンにはオススメだ。

僕は、8月18日に出発だったのだが、前日の夜に10分準備をして、それでOKとした。足りないものは現地で買えるし、必需品と呼べるものは正直言えばパスポートとビザと携帯ぐらいのものだった。

***

8年ぶりにインドの地に脚を踏み入れた

なんだかんだ準備をして、溜めに溜めたANAのビジネスクラスの便に乗って、なんだかんだあってムンバイに着いた。

『ANAのビジネスクラス』ということでかなり期待をしていたのだが、ビジネス専用の小型機で、なぜかCAさんはかなりシニアで気合いの入った方ばかり。なるほど、インド便は乗組員さんも猛者が投入されているようだ。

ビデオが全く映らず、30分以上を無駄にするというハプニングもあったが、要するに『これしきのことで怒る人間であれば、日印問題に発展するのでインドに入国させない』という、外交感覚に優れたANAの気配りだったように思う。僕はこういうことではまず怒らないので、Let it go なありのままの気持ちで、CAさんがあたふた対応してくれるのを微笑ましく見ていた。

蛇足だけれど、成田⇔デリーの直行便は各社あれど、成田⇔ムンバイの直行便はこのビジネスクラス専用便のみ。ムンバイは確か経済規模ではインドナンバーワン。飛ぶ鳥を落とす勢いのインドはムンバイに、週1回ぐらいしか直行便がないのって、少しマズくないかい??

こういうところこそ、需要が整う前に赤字を補填してでも便を飛ばすサポートを、国がやるべきだと思う。チャイナリスクで、感情的にも中国から離れつつある日本の次なるビッグパートナーはやはりインド。だとすると、首都は当然として、ムンバイにも重厚なパイプが欲しい。

そんなことを少し感じた。

***

僕にとっては8年ぶりのインドだ。前回は25歳の時。まだうら若い乙女座だった。ちょうど前職のIT会社を退職し、今の会社に移る前の有給を使っての旅。約3週間で、おなじみの首都デリー、タージマハルで有名なアグラ、ガンジス川のほとりのバラナシ、そしてあまり知られていない砂漠の都市ジャイサルメールを旅した。

モラトリアムで多感な時期だったので、色々なことを感じた旅だった。一人旅を学生のときにちょいちょいしていて、このときは3年ぶりの一人旅だったので少し飢えていた。その分、色々なものを吸収できた。

僕が首都デリーに着いた2日後ぐらいに、今回行ったムンバイの新幹線みたいな基幹路線がテロで爆破されて、数百人が犠牲となった。デリー(北部)とムンバイ(南部)の区別がついていない日本の近しい人たちは、大騒ぎをしていたらしい。

その頃、暢気にデリーからアグラへと渡り、タージマハルを見て、到着してから数日後にゆっくりとネットカフェで日本に『インドのカレーは美味しいです』とメールをしたら、矢のようなののしり混じりの批判が続けざまに来てビビったことを思い出す。

心配されてたことに驚き感謝もしたが、いかんせん数千キロ離れた都市の出来事で、新聞を見ても意味が分からなかったので、テロがあったこともそのときは知らなかった。

数百年前の帝国の偉容を示すタージマハル、それに対して物乞いの人たちが跋扈する街並み、人間よりも優先される牛、その牛を取り囲んで集団でリンチする犬、その犬を蹴り飛ばす人間。誰が誰の上位にいるのかもよく分からないまま、混沌と奇妙な秩序と目に見えないようでしっかり見えてしまうカーストの壁を感じながら、前回の旅は終わった。

僕の究極の目標が、『世界平和』であることは、このときの経験も少し影響している。

で、今回。今回は今回で、また別種の結構な衝撃があったのでそれを少しずつ書いていこうと思う。25歳の前回と34歳の今回。全く変わらないインドと、少し変わったインドと、あとはインドのスゴさ、凄まじさと知ることが出来た4日間だった。

インド5弱の衝撃をご覧あれ。

11333_01

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。