ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

インド5弱の衝撃!8年ぶりに行ったインドの話 その5

time 2014/10/03


8年ぶりにインドで逝ってきました。今回は随一の経済都市ムンバイ。

全く変わっていないインド、大きく変わったインドの両方が楽しめた旅でした。

インド5弱の衝撃をどうぞ。日本が抱える問題点の解決策を持ってる気がするのは気のせいだろうか。。。

***

※主な登場人物

トミー(Tommy):世界屈指の外資系コンサル会社に勤めるエリートな漢。ふとしたきっかけからムンバイに赴任することとなり、今回の旅のホストして活躍。なぜか俺に色々と相談してくる。語学が堪能。ランチームアドミラル所属。

マッチ:某ITベンチャーの若きエグゼクティブVP。カラオケで必ずマッチの曲を歌うところからマッチと呼ばれている。体型もマッチ棒っぽい。息を吸いながら話し続けることが出来る特技の持ち主。ハートが異様に強い。語学は堪能とは言い難いが、魂で話す。

ザック:公認会計士に教える公認会計士。フルマラソン3時間30分切り(サブ3.5)まであと8秒というとても惜しい漢。会計士仲間の先輩には『おしゃべりクソヤロー』言われるほど普段は饒舌で俺から見てもとても話が上手いのだが、今回の旅では貝になっていた。ランチームアドミラル所属。語学は堪能に見えていたのに、結構とんでもない実力だった。

エンペラーの会:俺が主催する勉強会。共に学ぶ同志。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

インドの日常とそこに見え隠れするアレ

第三のエンペラーであるマッチは、この日の14時過ぎにムンバイ空港に着いてるはずで、そうすると税関だなんだと渋滞だなんだを合わせて、16時頃にホテルに到着する予定だった。既に15時になってはいるが、お昼をとっておらず腹ぺこなので、クマールオススメのレストランで、インド料理に舌鼓を打つ。

IMG_0196

 

インド料理は日本でも禁断症状が出ると頻繁に食べていたのだが、やはり本場は旨い。タンドリーチキンとバターチキンカレーは鉄板だ。

メシが旨い国、マズい国というのはやはりあり、日本は無論世界一ながら、インドもなかなかいい線行っていると思う。ただ、その圧倒的なレパートリーはカレーに限定されているため、在住9ヶ月目のトミーは、いささか食傷気味のようだ。

このお店は人気店だったので10分ほど待ったが、その間に物乞いをしている親子が近づいてきた。写真を撮れ、そしてその分のお金をよこせ、でも無料なら撮るな、といった主旨だと思うが、色々とヒンディー語で話しかけてくる。(ザックの後ろの女の子とその母親)

IMG_0250

***

言葉を選んでも仕方ないので敢えていうと、この親子は物乞いをして生きているようだった。ただ着ているものがそこまで粗末ではなかったことを考えると、物乞いは副業で、それ以外に本業があるのかもしれない。

もしくは、めちゃ稼ぐ物乞いをしているのかもしれない。インドの貧困層では、仕事をしている人より物乞いの人の方が稼いでいる、という事例も、まま存在する。

インドでは、カーストが厳密に決められている。有名なバラモン、クシャトリア、ヴァイシャ、シュードラの4つと、さらにはその下の不可触民と呼ばれてしまう人たちがいて、さらにそれぞれを細かく分けていくと、3000〜5000種類にもなるという。

公にはカーストを原因とした差別は禁止されているものの、インドに昔から根付いている価値観というのは、未だに完全に取り払われるどころか、深ーいところでインド人の意識を支配している。

また、『バクシーシ』という日本にはない概念がまかり通っている。『ほどこし』と日本語で置き換えるのが最も適当で、これは富める者が貧しい者にバクシーシをほどこすことによって、徳を積めて来世によりカーストに上ることが出来るというもの。

ちなみにインドのそれは、『上から下にほどこしてあげる』という(良くはないがありがちな)自然な形ではなく、『下から上にタカる』というのが一般的。『金出せゴルぁ!』というのを、僕は8年前に何度も受けた。

Wikipedia様には、カーストについてこんな説明がある。逃れられない、運命のようだ。

カーストは身分や職業を規定する。カーストは親から受け継がれるだけであり、生まれたあとにカーストを変えることはできない。ただし、現在の人生の結果によって次の生で高いカーストに上がることができる。現在のカーストは過去の生の結果であるから、受け入れて人生のテーマを生きるべきだとされる。

***

若干複雑な気持ちのまま、それでも美味しいと思ってしまうレベルの昼ごはんを食べて席を立とうとしたら、クマールが余ったカレーを包んでくれと店員さんに言い始めた。なるほど、確かに多過ぎた。晩飯にするのもありだろうなと思ったら、クマールが親指を立ててグー!とやってきた。さすが経済的なこともしっかり考えている。

・・・と思って外に出た瞬間、クマールは包んでもらったカレーを先ほど僕に話しかけてきた物乞いの女の子にあげてしまった。

哀れみから出た行動でもなく、恩着せがましくするのでもなく、ごくごく普通に。女の子は御礼を言うでもなく、クマールもそれを期待するでもなく。

日本で高齢者の方に席を譲ったら、ありがとうの一つも言われたら嬉しいなと思ってしまう器の小さな僕は、この二人の自然過ぎる行動に、インドのエコシステムの偉大さを感じた。なるほどこれがインド式。

人助けとかそういうのとも違う、DNAに刻み付けられている彼らの行動様式に、インドの広大さを感じた。

***

インドにインド3強の衝撃を与える漢、マッチ帝降臨!

そして、ホテルGODWINに戻った。GODがWINするこのホテルに、ついにあの漢、第三のエンペラーであるマッチ帝がやってくる。

やってくる。

やってくる。。

やってくる。。。

やってくるzzz

 

寝た。。

IMG_7724

カレーでおなか一杯になって、マッチ帝のことなどどうでもよくなって我慢できなかったようだ。クマールと少し話をした他は、終始インドに気圧されていたエリート戦士ザック。安らかに眠る。

そんなことを考えていたら、俺もいつの間にか睡魔に襲われていた。

***

マサラな臭いの中でうつらうつらとしていると、待機していたホテルのロビーが急に騒がしくなった。

間違いない、ヤツだ。

『いやー!マッチインドに来たよぉ!マッチインドに来たよぉ!』

同じことを大きな声で2回言いながら、マッチがクマールと肩を組みながら入ってきた。

え??なんでクマールと??初対面というか、まだ面通しもしてないはずなのに。

何でも、マッチの乗ったタクシーのドライバーは近くまで来たもののGODWINホテルの正確な位置が分からず、マッチが仕方なく降りてうろうろしていたところ、そろそろ日本人エンペラーが到着するはずだとの勘を働かせたクマールが、なんと大通りをうろうろしているマッチを発見して宿に連れてきたとのこと!

かなり人通りの多い道で偶然にも見つける事が出来た事、しかも他にもアジア系の人間が闊歩する中でマッチを正確に探し当てたこと。この二つのことから、出逢って3秒で

『クマール、神っ!』

と最恵国待遇のジャパニーズスラングでクマールに対するシンパシーをベリーマッチしてたらしい。ただでさえ蒸し暑いインドなのに、湿度が10%上がった。

***

いきなりベストフレンドな雰囲気丸出しで神と肩を組みながらホテルに突入してきたマッチは、そのままチェックインを済ませる。チェックインするマッチ帝、必ずカメラ目線のクマール、そして受付のトーマスが2人とボーイのトーマスが2人。インド人の名前は長くて舌を噛みそうなので、クマール以外はトーマスに統一した旅であった。

IMG_0253_2

ようやくエンペラーが揃ったので、まずはエンペラーらしくタージマハルホテル(主要都市には大体ある、その都市で一番高級なホテル)に向かうことにした。金曜日でまだ仕事をしているトミーと、合流するためだ。

道中、インドに到着したばかりでクマールと奇跡の邂逅を果たしたマッチが興奮したまま、クマールに機関銃のように話しかける。

クマール、早くものけぞったりうつむいたりしてマッチの大きな声をいなそうとするが、マッチは全くめげずにボディランゲージフル活用でクマールを追い込んでいく。

IMG_0158

 

***

このエンペラーの会副会長のマッチについて、少し紙面を割いて紹介しておきたい。今回、マッチは僕とザックより一日遅れで成田を飛び立ち、ドバイまで飛んでから折返してムンバイまで来るという最上級エンペラーな経路でこの地に降り立った。さらには多忙のため、次の日の深夜にはもう日本へ帰るという。

外資系コンサルティング会社で論理的思考とリーダーシップを学んだ後、ベンチャー企業の経営者として今は辣腕を振るっているマッチ。

猪突猛進するベンチャーを『統べる』存在として会社では『神』と呼ばれ、圧倒的なパワーで日々の膨大な仕事をこなしているらしいのだが、我々エンペラーの会に出席した時のマッチは、よく『噛み』、その上に本当によく『スベる』。

話す言語の8割は自己完結するため、誰も突っ込めないまま会話が終わるということもたびたびある。一度、エンペラーの会で『すべらない話』を真面目にやったのだが、このときのマッチはスベりの可能性を最低な下ネタでコーティングし、何とか奈落への滑落を防いでいた。というか、かなり面白かった。スベるマッチがすべらない話の時だけスベらない、のに、日常に戻るときっちり会社を統べりながらスベる。壮大なアイロニーを理解されたい。

スベったときに、周囲がそれに気づいても自分がそれには全く気づかないという心の強さを持つのも特徴。そして、相手がのけぞるまで、お腹いっぱいになるまで攻め続けることもできる。

あと、細かい話だけれど、マッチは話すときに絶対に酸素の摂取量と消費量が合っていないと思う。つまり、息を吸わないまましゃべり続けることができるという特異体質の持ち主なのだ。たぶん、トークに魂を込めているため、しゃべっているときは光合成をしているんだと思う。

***

そんなマッチ、インド到着早々、本場のインド人をいきなりのけぞらせた。クマールが、あまりの機関銃っぷりに、うつむいている。

タージマハルホテルは、およそ100年前に出来たという、ムンバイで最高級のホテル。構内には、明らかに外にいるインド人とは異なる服装の人たちが沢山いる。

IMG_0191

 

トミーもとうとう合流し、ようやく4人のエンペラーとクマールが揃った。エンペラーの会inムンバイ、ここに開催。

IMG_0159

IMG_0160

上の二つの写真を見て、違いに気づいた貴方はとてもエラい。

下の写真では、トミーとクマールが話をしている。見たところ、意思の疎通はしっかり出来ている。

上の写真では、マッチとクマールが話をしている。実のところ、全く会話が噛み合っていない。というか会話にすらなっていない。なのにお互いにうなづいたり笑ったりしている。よく見ると笑っているのはマッチだけだったりするが。

マッチによると、

『いいんだよ!魂、魂!魂で語るのが大事っしょ!』

外資系コンサルティング会社に在籍していたマッチ、英語ではなく魂で語るの巻。

昔、イタリア一人旅をしていたときに出逢った老夫婦が、イタリア語も英語も全く出来ないのにも関わらず『イタリア人の言ってることも、この歳になるとなんとなく分かるんです。同じ人間ですから。』と言っていていたく感動したのを思い出した。

言語と人種と文化の壁を容易に飛び越える漢マッチと、言語と人種と文化の壁の周りをトボトボと歩き回りながら壁の消滅を願うザック。

日本では見られない二人の対比が面白い。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。