ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

インド5弱の衝撃!8年ぶりに行ったインドの話 その9

time 2014/10/09


8年ぶりにインドで逝ってきました。今回は随一の経済都市ムンバイ。

全く変わっていないインド、大きく変わったインドの両方が楽しめた旅でした。

インド5弱の衝撃をどうぞ。日本が抱える問題点の解決策を持ってる気がするのは気のせいだろうか。。。

***

※主な登場人物

トミー(Tommy):世界屈指の外資系コンサル会社に勤めるエリートな漢。ふとしたきっかけからムンバイに赴任することとなり、今回の旅のホストして活躍。なぜか僕に色々と相談してくる。語学が堪能。ランチームアドミラル所属。

マッチ:某ITベンチャーの若きエグゼクティブVP。カラオケで必ずマッチの曲を歌うところからマッチと呼ばれている。体型もマッチ棒っぽい。息を吸いながら話し続けることが出来る特技の持ち主。ハートが異様に強い。語学は堪能とは言い難いが、魂で話す。

ザック:公認会計士に教える公認会計士。フルマラソン3時間30分切り(サブ3.5)まであと8秒というとても惜しい漢。会計士仲間の先輩には『おしゃべりクソヤロー』言われるほど普段は饒舌で僕から見てもとても話が上手いのだが、今回の旅では貝になっていた。ランチームアドミラル所属。語学は堪能に見えていたのに、結構とんでもない実力だった。

エンペラーの会:僕が主催する勉強会。共に学ぶ同志。

三人に共通するのは、全員心から尊敬すべき漢たちであり、卓越したビジネスパーソンでもあるということである。

***

神、シェフクマールにインド4強の衝撃を感じる

ホテルGODWINに戻ると、クマールがデカい鍋を二つ持って現れた。インド人なのに時間をきっちり守ろうと努力する漢。(守れているわけではない。)スーパーマリオを黒くして、長く伸ばした感じ。

IMG_0192

 

クマールが持ってきてくれたカレーは、思ってたのの数倍本格的だった。以前トミーがクマールに作ってもらったカレーを食べている写真をアップしていたが、そのしばらく後の投稿でインド式本場のOPPにハマってしまい、毎日トイレと共に暮らしているとの逸話があったのをほんの少し思い出して、瞬間的に逡巡した。(両イベントの因果関係は証明されていない。ただの印象論。)

なにせここは、生野菜や果物、水がNGな国、インド。クマールの好意に、100%応えてあげられない狭量な自分がイヤになる。

IMG_7782

 

・・と反射的に思ってしまったのは正直な気持ちなのだけれど、よく考えたらクマールのカレーに限らず、どのレストランのカレーもインド製である以上は同じリスクを抱えているということを思い出し、そこからはクマールのカレーに正面から向き合うことにした。

鶏肉はすんなりほぐれるほど、柔らかく煮込まれている。どうやら朝から仕込みをしてくれていたようだ。平然とした顔のクマールの、底深い好意に敬意を感じずにはいられない。

IMG_7786

 

一口食べてみる。

う・・・

う・・・

うんまい!!!!

これを境に、全員でむさぼるようにクマールのカレーを食べた。なぜか落下するトミーの頭を支えているようにしか見えない写真しか残っていないのだが、これは突如乱入してきたノルウェー人のトーマス(♀、クマールの別の顧客)に『さ、さ、おたべ!』とカレーを薦めたことによる。

IMG_0241_2

 

クマールが神にしか見えないほど、このカレーは旨かった。確かに、プロっぽさを感じる料理は他にもあったし、有名なレストランの味つけは、このカレーを上回っているものもあった。

でもこのクマールのカレーには、他のカレーにない『友情』、『ホスピタリティ』というスパイスが含まれていた。

本当に旨かった。ので、あっという間におかわりをして、それも平らげてしまったので一気にお腹一杯になってしまった。

ふと横を見ると、『あの漢』がしゃかしゃか動いていた。ザックだ。

ザックはものすごいスピードでひと皿目を貪ったあと、

『旨い!旨いよぉ〜!』

と、普段のカン高い声をさらにカン高くして、満面の笑みを浮かべながらさらに2皿目、3皿目、トドメの4皿目と平らげていった。

ザックが感情を前面に押し出して言葉を発したのも、満面の笑みを浮かべたのも、これほどせわしない動きを見せたのも、この旅初だったように思う。そして、後から振り返って、これが最初で最後の躍動だった。

初日に読んでいた『影響力の武器』はほぼ不発弾となり、ないすとぅみーとぅから始まったザックの影響力は、たった1回だけ発動しておしまい。

IMG_0157

 

クマールの作ったカレーを食べたのは5人だったが、そのうちの半分ぐらいをザック一人が食べていた。

***

 

今回、クマールにやってもらったことは多岐に渡る。

エレファンタ島のツアーに同行してくれ、道中のコストを全てインド人価格にしてくれ(インド人と外国人の入場料の差なんと25倍。)、インドのエコシステムを目の前で見せてくれ、ドライバーのトーマスを手配してくれ、ないすとぅみーとぅなザックに英語を教えてくれ、そもそもカオスなインドで安心感を与えてくれ、おまけに今回のカレーも作ってくれたクマール。

僕は勿論、エンペラーの面々は当然のようにある程度のガイドフィーをクマールに払うつもりでいたし、クマールもそのつもりで色々やってくれているのだと思っていた。多少トミーとのお友達価格でディスカウントはしてくれてるのだろうけど、そもそも彼の本業はツアーガイドだ。本業に対して適正な価格を支払うのは、プロとして当然のことだ。

・・と思っていたが、それは大きな勘違いだったことが後に分かる。

トミーによると、『かかった実費以外はクマールが受け取ってくれないので、どっかで晩飯オゴってあげようと思う。』とのこと。

な、なんだと!!!

クマール、な、なんていいヤツなんだ・・・。カレーだけでも相当なフィーを払いたいぐらいだったのに。

このクマールのあまりのホスピタリティに、僕たちはインド4強の衝撃を感じた。後日、現地の費用を全て立て替えていてくれたトミーに振込を行う際、全エンペラーが四捨五入してかなり多めに振込をしたことは言うまでもない。トミーからクマールへ、僕たちの分もおごってほしかった。

***

お腹一杯になったエンペラーたちは、眠気に勝てない僕を残して、みんなで買い物にいった。この日は22時頃にザックが、翌早朝4時にマッチが帰国をする。エンペラーが集う最終日となっており、楽しいカレーランチの後に、一抹の寂しさが漂う。

荷物は僕の部屋に集められた。皆は買い物だ。

買い物から帰ってきたエンペラー達も、カレーに膨れた腹に加えて、ドービーガートやスラム見学でだいぶお疲れだったようで、全員いつの間にか死亡。最後の晩餐に向けて、各自胃腸を整えながらエンペラーズナップをとった。

マッチは、さすがのハートと適応能力で、インド人よろしく、床に没した。日印問わず影響力を発揮しまくっているマッチも、さすがに疲れたようだ。

IMG_7792

 

最後の晩餐はエンペラーだけでしようということで、ここでクマールと中途半端に別れてしまった。旅にはよくあることだが、また逢えると思って別れると、後から振り返ってそれが最後の瞬間になってしまったりする。今回も、このとき

『カレー最高に旨かったぜ!また明日!』

と言って別れたクマールに、結局次の日に逢うことはなかった。一期一会という言葉は、海外でこそその重みを感じることが少なくない。一つ一つの出逢いを、大切にしていきたい。

***

目覚めると、まだクマールのカレーはたっぷりと腹に残っていたものの、それはそれとして最後の晩餐に向かうこととなった。

今回、エンペラーの会でムンバイツアーに参戦したのは、現地赴任のトミーを除くと3人。赤坂、恵比寿、渋谷などのエンペラーの会を経て、なぜかムンバイでやろうと思いつきで言い始めてから数ヶ月。

距離は長く時間はタイトでお金はそれなりにかかったけれど、本当に来て良かった、トミー本当にありがとうと、口々に今回の弾丸ツアーの感想を各エンペラーが口にする。

僕は今回が2度目のインド。北部の主要都市とは全く違う、ある意味インドに対して抱いていた偏見や印象が見事に覆された旅であり、そこに今回の価値があった。

マッチは、自分の会社においては組織全体を統べる存在であり、神と崇められている。(本人談)エンペラーの中ではよく噛みよくスベる存在な副会長だったのだが、そのグローバルなハートは、ここインドでも十二分に通用することが証明できたようだ。

トミーは久しぶりとなる日本語のシャワーに恍惚とした表情を浮かべる場面がたびたびあり、彼ほどの強靭な精神力と明晰な頭脳を以てしても、日々削られる異国の地においては同志の存在というのはそれなりの安心感を与えるようであった。付き合い始めて1年強、トミーがようやく弱音を吐くようになり、人間界に降りてきた。

ザックは・・・

・・・

・・・

・・・

日本に帰れることがとても嬉しそうだった。

そしてその嬉しさを必死に隠そうとしているようだった。

隠してるのに嬉しそうな感じがダダ漏れしていた。

ザック、分かりやすい。。。

レストランは中華メインで、ロブスターのチリ風味など、とても美味しかった。美味しかったが、やはり誰かが誰かのために直接作ってくれた料理には、全く敵わない。クマールのカレーは、かなりの人気店と思えるここの中華を、大きく上回る満足と感動を与えてくれた。

IMG_8079

 

***

20時をまわり、そろそろザックとお別れの時間だ。荷物を抱え、来たときと同じおのぼりさんルックのザックが、タクシーに乗り込む。ドライバーのトーマスへの指示も、トミーが逐一手伝ってあげる。

ザックは無事空港に着けるんだろうか、着けたとして、お金を払えるんだろうか、荷物を運べるんだろうか、チケットを発券出来るんだろうか、税関を通れるんだろうか、飛行機に乗れるんだろうか、チキンかビーフかと聞かれて、『イェス!!!』と答えてしまった行きの飛行機のようにならないだろうか。

一抹どころか百抹の心配をエンペラー各位に感じさせつつ、ザックの乗ったタクシーは視界から消えていった。またすぐに逢えるとは分かっていても、寂しくなる。エンペラー’s Sorrowだ。

***

マッチも、この翌早朝4時にはインドを去ることになる。となると、深夜1時頃まではエンペラーの会の続きが出来る。

やはり最後はエンペラーらしく、怪しげにライトアップされてエロさの増したタージマハルホテルのバーに向かった。

IMG_8080

 

バーには、これ見よがしなシャレオツ葉巻が売っていたので、それをトミーは買った。んだけど、なんと店内では吸えず、店員のトーマスに外で吸えと言われる。日本なら百歩譲って外で吸うとしても、これほどの高級ホテルであれば、吸う場所が確保されているのだけれど、今回はただ何もない庭に行けという。

こういった場合、日本人の標準対応は『泣き寝入り』。

インド人の適当さ、行き届かなさに対する怒りと、自分がそれを確認しなかった、というか常識的にそこまで考えが及ばなかった(店内で吸ってとばかりに葉巻が展示されている)不甲斐なさに対する憤怒が交錯し、しかし足りない語学力のせいで泣き寝入りするのが普通だ。

が、さすがはトミー。

『俺は吸えると思ったから買った。なのに店内で吸えないのなら、先に言うべきだ。外でしか吸えないのなら、これは要らない。金を返せ。』

と、自分の1.5倍ほどもある強面のトーマスを相手に、強烈な4段論法をぶちかまして完全に論破していた。

トーマスは、しぶしぶとカットが入ってもう売れなくなった葉巻を取り下げていった。

日々、外資系コンサル会社で丁々発止のやり取りをしているであろうトミーの、グローバルビジネスパーソンとしての凄みを見せつけられた瞬間だった。

IMG_8081

 

ラストエンペラーな夜は波乱の幕開けとなったが、ここでトミーにやり込められたタージマハルなトーマスが、よもやの反撃を、よもや僕にしてくることになるとは、このとき予想だにしていなかった。

トミーにやりこめられたときのトーマスの瞳に潜む仄暗い炎を、僕は見過ごしていたのかもしれない。

 

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

引かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。