ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

『◯◯が◯◯な3つの理由』という記事が流行る3つの理由

time 2015/02/27


 

恒例となりました、『ココがヘンだよ世の中シリーズ』。ブログを書く身としてどうしても突っ込んでおきたい様々なことに焦点を当ててみます。こんなのを書いたら意外と読まれました。皆さん結構僕のレベルの低さについてきちゃうんですね。

今日は、気になって気になって仕方がない、でも読むと後悔することの多い、『◯◯が◯◯な3つの理由』というようなブログエントリをなぜ多くの人が書くのかについて触れてみたいと思います。

animal-portrait-234836_1280

理由1、つい読んでしまうから

『◯◯が◯◯な理由』と書いてあるだけよりは若干深そうで、『◯◯が◯◯な78の理由』と書いてあるよりはシンプルにポイントが掴めそうなのが、『◯◯が◯◯な3つの理由』というエントリの特徴です。

よく言われている通り、人間は『3』という数字に引き寄せられてしまうんですね。ことわざや慣用句にも『3』を用いたものが多いような気がしています。『石の上にも三年』、『三日坊主』、『三度の飯よりこじはるが好き』、『1/3の純情な感情』などなど。

ブログが読まれるか読まれないかは、その80%がタイトルで決まると言われています。当たり前ですが、読まれさえすれば、良いエントリかイマイチなエントリかが判断してもらえるものの、そもそも読まれなければそもそもその俎上にすら乗りません。

なのでブロガーと言われる人たちのエントリのタイトルには、こういったパターンのものがものすごく多いです。

 

2、大したことない話がそれっぽく聞こえるから

よくフェースブックでも回ってくるような記事ですが、結婚に関して書かれたコチラコチラ、読んでみてください。(理由の数は違います)

本当に驚くほど中身がなく、何かを言っているようで全く何も言っていない政治家のようなエントリになっています。書かれていることは一般常識以下の話で、このエントリから得られることは何もありません。

しかし驚くことに、『◯◯が◯◯な3つの理由』などと書いてあるだけで、とにもかくにもなんだか

▼論理的っぽい
▼なにか気づきが得られるっぽい
▼3つだから要領よくポイントを抑えられるっぽい
▼頭良い人が書いたっぽい
▼面白いっぽい

と思ってしまうのが人間。本当に大したことのない話をしていても、このフォーマットを整えるだけでものすごく価値のある話に聞こえてしまうというのであれば、やらない手はありません!

ちなみに大したことのない話をものすごくうまく賢く魅せるプレゼンに関しては、この方の右に出る人はいません。プレゼンをする機会の多い方は、参考にされると良いでしょう。

 

3、著者がラクをできるから

これが一番大きな理由である気がします。上記の理由により、

▼読んでもらえる確率が上がり、
▼大したことのない話がそれっぽく聞こえる

というだけで、著者にとっては相当にラクです。僕自身もブログを書くようになって、そんなに見られることは意識しているわけではないものの、やはり少しでも良いものをお届けしたいと思っています。

かたや、毎日更新をしているとネタがなくなるのは当たり前で、かつ日々の仕入れに四苦八苦することになります。

そんなときに、『◯◯が◯◯な3つの理由』なんぞ書くと、一応の体裁が整います。おお!なんかブログ記事っぽいぞ!と思えるようなブログになります。これはとてもラクです。

ちきりんさんのような本当に力のあるブロガーはこういうタイトルを使うことはまずないですが、ブロゴスのような『ちゃんとしているようでイマイチな人が沢山集積する場』やバイラルメディアと呼ばれるアクセスだけを取りにくる場所には、この手の記事が非常に多いような気がします。

 

あともう一つ。思考がラクになります。『◯◯が◯◯な3つの理由』と先に書いてしまうと、自分の頭の中に仮に1つしか理由が思いつかなくても、自動的に3つになるまで脳が検索を始めます。ある一定の説得力をもった理由が見つかるまで、ほとんど苦慮することなくたどり着くことができます。

コンサルタントがクライアントに対する説得力を増すために、『◯◯な理由は3つあります。』と、1つ目しか思いついていないのに先に言っちゃうのと同じです。こういうふうにアンカリングをしておくと、ある程度訓練されてる人は不思議と3つ目までそれっぽい話がスルスルと出てくるものです。

ちなみに、上記のようなことをしようとして撃沈してる人もたまにいますので要注意。僕の元上司は、

上司:『今日は貴様らに大事な話が3つある。』

僕たち:『ゴクっ(な、なんだろう??)』

上司:『まず1つ目だ・・・』

僕たち:『ゴクっ・・・』

上司:『1つ目なんだがな・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

上司:『スマン、全部忘れた。もう一回(自分の)ボスに聞いてくる。』

という悲劇がありました。格好付けようとしすぎて何も出てこないことはリスクでしかないという典型なのですが、ブログの場合はエントリの公開までの時差があるので、まぁなんとかなるでしょう。

書いてて気づいたのですが、師匠も『◯◯が◯◯な3つの理由』的エントリを多産してらっしゃるので、冷や汗が出てきました。こちらは良質なノウハウが満載ですので是非!というフォローをして、本日のエントリを締めさせていただきます。

 

 

 

 

 

こんな中身のないエントリを読んでしまったあなたに乾杯。策に乗ってしまったあなたは完敗。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。