ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

#551 前に進むための手段の効率非効率、合理不合理、巧拙について

time 2015/03/14


 

IZU TRAIL Journey 72.5kmを明日走ります。制限時間は14時間。あと、ブログに通し番号を振ることにしました。関係ないようで関係あるこの2つについて、今日はお話したいと思います。

スクリーンショット 2015-03-14 12.42.48

(Source: IZU TRAIL Journey HP

推定過去最強 IZU TRAIL Jouney 72.5km

僕が過去に走った中で一番キツかったレースは、2014年5月に走った野辺山高原100kmウルトラマラソンです。このときは本当に本当に本当に出し切った。この2週間後に走った柴又や、8月のアイアンマンは、まだこのときに比べれば余裕があったと思います。

ここまでの顔になるのは、次は僕がアイアンマンの世界選手権への出場を決めた時でしょう。(予定は未定だけど一応フィジカル面のエベレスト級目標)

IMG_0054

が、今回色々調べてみると、結構ヤバいことが分かってきました。

▼距離は72.5kmと、100kmのウルトラに比べればまだマシだけど、今のブヨついたカラダにはかなりキツい。ちなみに2014年8月のアイアンマン以来、色々事情があってほとんど走っても泳いでもバイク漕いでもいない。

▼制限時間は14時間。普通の100kmウルトラと一緒。つまりそれだけ標高差に苦しめられるということ。

▼ 累積標高は約4400m。あれだけ苦しんだ野辺山のざっと倍。

▼エイド(補給所)はわずか3カ所。こんなレースは初めて。トレイルでは当たり前とはいえ、相当ヤバい。

▼最高気温5度らしい。春だと思っての準備しかしていない。

総じて、かなりヤバいことが今からでも想像できます。今までどのレースもDNF(Did Not Finish)したことがないのが自慢でしたが、今回はヤバいかもしれません。トレイル部門の最終目標であるUTMBに出るための最初の関門なので、マジでいきますが。

というわけで下記に基本戦術を定めました。

 

 

勝利のための基本戦術

基本戦術、それは題して、

『一歩でも脚を前に進めて必ず完走する作戦』

だす。ありがちですが今回もこれでいきます。

マラソンもトレイルも、理論上は脚を一歩でも前に進ませ続ければ、ゴールはできます。あとは正式な記録として持ち帰るために、制限時間内にそれを完遂できるかどうかが肝。

人生と違って、ほとんど方向を間違えることがなく、とりあえず進みさえすれば良いのが魅力で、ベクトルではなく事前および本番での努力の多寡や巧拙で結果が決まります。

人生ではそれに加えて『どちらに向かうべきか?』まで問われるためややこしいことになるのですが、とりあえずベクトルが決まった後の人生のクオリティを高めたいなら、マラソンやトレイルは非常にオススメです。(コースが168kmもあり、平気で道をロストするようなレースもあります。)

今回の戦術である『一歩でも脚を前に進める完走する作戦』ですが、これは大枠に過ぎないため、細かいことを言えば他にも色々とあります。

そもそも精神面でこの作戦を決行することをコミットするとか、エイドごとにストレッチするとか、エイドが少ないので食糧をスピード減覚悟でたんまり搭載するとか、水もたっぷり搭載するとか、塩タブレットなどのサプリを充実させるとか、登りは歩き主体にするとか、下りは体重移動で走るとか、とにかく前半抑えて後半に飛ばす(ことが出来ればだけど。。)とか、朝ごはんはたんまり食べるとか、前日にカーボローディングするとか、途中までは仲間と話ながらいくとか、途中から音楽鳴り響かせて走るとか、最後は雄叫びあげながら走るとか、いままでの苦しかったときのブログを読み返すとか・・・

色々ありますが、

ぶっちゃけ、手段は何でも良い

のです。脚が前に進んで完走できれば。効率非効率、合理不合理、巧拙色々あると思いますが、本当に何でも良いです。脚が前に進む手段であれば、ぜんぶやっていこうと思っています。

なんでも良いので、結果として必ず完走します。走り終わる頃には85kgの体重が75kgぐらいになってると嬉しいな。

 

ブログに通し番号を付けてみた

今回初めてブログに通し番号をつけてみました。これはこれからも続けていきたいと思っているし、過去の投稿についても暇があれば付け足していきたいと思います。

今回の投稿で551エントリ目。2010年5月にブログ解説を心に決め、紆余曲折あって2012年11月末からブログを毎日書くことを決め、終わってみれば毎日コミットをしてから約2年3ヶ月で550本のエントリを書いてきたことになります。

計算上は本来であれば800本強のエントリが現存していなければならないはずなのですが、3日に1日はサボったということで、残り2日を承認してあげたいと思います。

かなり飽きる性な僕がここまで継続できていることに、自分でも驚いています。

しかしながら、550本も書いていると、もうネタがないわけです。いくらネタ探しをしているとはいっても、ネタは毎日毎日そうあるわけでもありません。あるいはネタはあってもどうしても忙しくて書けないことも、ままあります。時間の使い方が下手と言われればそれまでですが、毎日書くということはやはりそれなりに負荷がかかります。

でも、仲間うちでは書くと決めてから1000日を越えるブログを更新し続けている人がいたり、もっとスゴいひとは7年間毎日書き続けていたり、もっとスゴい人は日刊メルマガを10年以上書き続けていたり、いわゆる逆立ちしても勝てない素晴らしい継続力をもった人が、幸運なことに周りにゴロゴロいます。

そういった人たちを見るにつけ、自分はなんて継続力がなく意志が弱いんだろうと毎回毎回イヤになるのですが、さはさりながら彼らに追いつきたいという欲求も、それはそれであるわけです。

となると、答えは一つで、書き続けるしかありません。毎日毎日書くしかありません。連続更新日数では追いつくことはありませんが、それでも引き離されることもありません。100年ぐらい書きつづければ、100年対99年ぐらいになって、まぁ誤差と見ることもできるでしょう。

そのためにはどうするか?

『書くため、書き続けるためのアレやコレを、効率非効率、合理不合理、巧拙問わず取り入れるしかない』、というのが僕の結論です。

よく考えれば今回トレイルに際して考えていることと全く一緒。ゴールが決まっているのだから、あとは手段はなんでも良いわけです。投げやりで言っているのではなく、極めて前向きな意味で、『何でも良い』。

今回、通し番号を振ってみたことで、自分がどこまで歩んできたかがよく分かりました。そしてまた、次にどこまで歩んでいきたいかもよくわかりました。

まずは1000エントリ、次は1500エントリ。

まだまだ道は遠いですが、イチロー選手が1本目のヒットも4000本目のヒットも同じ重さの1本のヒットと表現した通り、1エントリ1エントリ、明日は1歩1歩の積み重ねで、前へ進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエット1日目。先ほどかりんとうを食べました。美味しかったです。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

 

 

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。