ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

IZU TRAIL Journeyで人生初リタイヤした話 その2 #554

time 2015/03/17


 

IZU TRAIL Journey(72.5km、累積標高4408m)で初リタイヤ、完敗しました。敗軍の将が敗軍の将を語ります。

IMG_11772.jpg

起床、トラブル、そして出走へ

起床は午前3時半。4時半に出発するので、比較的1時間ゆったりと準備をすることができます。下の階に行くと、ロビーでいそいそと準備に励む他の参加者がいます。早くいっても寒過ぎてアレなのにな・・とか思っていると、

『あんたたち、もうバス出るよ!!!』

という宿のおばちゃんの声。

『え?え?なんて?』と、ラッスンゴレライのような気の抜けた声で確認する僕。

おばちゃん:『4時にバス出るから!もうないよ!』

途中から現れた風呂上がりのハラル:『え?でも順次バス出るって書いてましたけど。。』

おばちゃん:『ないないない!4時のでもう終わりだよ!』

代替案を示すハラル:『え・・たとえば他にバスあるとか・・』

おばちゃん:『ない!』

少し懇願するハラル:『た、たとえば送ってもらうとか・・』

おばちゃん:『くるまなんてないよ!』

活路を見いだそうとするハラル:『タ、タクシーの番号とか・・・』

おばちゃん:『タクシーの番号なんてわかんないよ!!!』

 

急いで部屋に帰って、兄さんと仙人に報告。もう4時を回っている。明らかに間に合わない。バス停までは徒歩10分ほど。『どこが順次やねん!』と文句を言いながら荷物を急いで片付けていると、おばちゃんから部屋に電話。

おばちゃん:『あんたたち、どうすんの!!!』

冷静にオーダーする仙人:『どうするってことは、もしかして送ってくれたりしますでしょうか?』

おばちゃん:『そんなのないよ!!!』

おばちゃんは一体何を確認したかったのだろう?首をかしげながら、僕たちは急ぎます。もうバスがないのだとすると、スタート場所までバスで30分ほどの道のりを何かしらの手段で移動しなければいけません。念のためタクシー会社の番号を尋ねると、

おばちゃん:『タクシーの番号なんてわからんわからん!!!あたしお風呂入るんだから!!!』

ウソをつけウソを。この宿、タクシーでもなければたどり着けない場所にあるやん。『千と千尋の神隠し』のように素敵な宿だったのだけれど、一気に興ざめ・・・とはならず、なぜかこのスーパー殿様商売のおばちゃんに、また会いたくなってきた今日この頃。ここで親切にしておけば、また僕らが来年再来年とリピーターになるであろうことは想像に難くないのに、そんな想像力はどこ吹く風と、マイペースなおばちゃん。

ちなみに宿で朝食弁当を用意してくれたのですが、おにぎり弁当の予定が、『多忙によりのり弁当になりましたこと、お詫びいたします。』との書き物とともにのり弁が。工数大して変わらないだろうに・・

なんだかんだあったものの、どうやら付近の宿からも人がワラワラと出てきている模様で、案の定、まだバスはいました。しかも最後とか言ってたのに、あと3台は来るという。『トレイルは何が起きるか分からない』と言われていますが、こんなところも甘受する器の大きさが必要っぽいです。

 

会場に到着。1700人ほどが集まる様はやはり圧巻。

IMG_1065

 

僕の場合OPP癖があるため、スタートを満喫することなどどのレースでもできません。早めに集合し、完走を誓いあい、恒例の写真をパシャリ。右から常に惜しい漢ハラル、ウルトラトレイル漢仙人、万事盤石な漢兄さん、平凡極まりない僕、そして唯一UTMBを完走しているシーモ。。。

IMG_1177

 

あれ?熊は?

 

シーモは個人であらゆるレースに出走する強者で、僕たちのチームメンバーではありません。今大会、初めて一緒に出るレースとなったので、前日に合流し、色々と情報交換をしました。ということで、本来ならばこの写真には僕たち『ハーデス』(ランチーム『Admiral』から派生して出来たトライアスロンチーム『ポセイ丼』に対抗してできたウルトラトレイルチーム)5人と、シーモ1人の合計6人が写っているはず。

しかし見たところ、熊の姿が見えません。と思ってよく思い返すと、そもそも昨日から熊を一度も見ていません。『ごむぇん、当選したのにエントリーフィー払い忘れとった』とメッセージがそういえば来ていたのでした。サブ4ランナーかつウルトラランナーでもある熊ですが、冬場にはめっきり弱く、穴蔵から全く出てこないこともしばしばでした。今回は春の訪れにようやく穴から出てくるものと思ってましたが、レースに当選した頃はまだ冬だったからか、痛恨のミス。

今思えば、ここで熊を失ったことが、僕のレースでの完敗につながったのかもしれません。

 

そしてついに出走。

最前列の人たちは、制限時間14時間のこのレースを、6時間半ほどでゴールするそうな。どんだけー。

IMG_1069

 

おばちゃん問題から始まった波乱の幕開けのITJ。果たしてどんなレースになるのでしょうか。。。

 

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。