ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

あと3週間で4kg減!!! 脱De部ダイエット途中報告 #564

time 2015/03/27


 

4月19日に前期最大のレースがあるため、エネルギッシュさはゼロ、脂ギッシュさ満載なカラダを久々に絞ろうとしています。ここから踊り場、モチベーション低下、リバウンドなどが予想されるため、衆人環視のために途中経過をば。

IMG_0453_2

 

3月27日現在 瞬間最大風速82.2kg

3月13日にダイエットすることにしました宣言を宣言しました。その時点で85kg。4月19日のレースまでの4週間で、1週間に1.5kgずつ痩せて、レース前日に79kgに、レース当日に80kgになるのが目標でした。そこから約2週間。今日は少しリバウンドしてますが、2−3日前の時点で、瞬間最大風速(前の日の夕食を早めに食べて寝て、朝ご飯を食べる前の一番軽いとき)で82.2kg。

悪くない!!!

悪くない、悪くないぞ、カカロットめ。

 

なにをやっているかというと、

1、夕食は極力19時までに食べる(アポが夜に入る場合はその前に食べてしまう)

2、上記により19時〜翌朝7時ぐらいまで何も食べない状態が続くため、消化が助けられ、睡眠が深くなり、エネルギーを積極的に消費することができる。

3、朝ごはん、昼ごはんは特に意識しない。

4、お腹が空いたらコーンスープ。コンビニのでなければ菓子パンも可。

5、オフィスの登り下りは階段で。家でも何かと階段で。(登りでは心拍を消費し、下りでは結構筋肉に負荷がかかる)

6、毎日体重を測る。ちょっとした変化に浅はかに喜ぶ。

7、大盛りはしない。体型を見てほぼ必ず『大盛りは無料ですが?』と聞かれても、毅然として断る。

8、ドカ食いしそうな日(焼肉会合など)は、予習としておにぎりやからあげ君を先に食べておく。

9、野菜を多めに食べる。最初に食べる。

10、アゴが疲れる食事に挑む。『貴様、なかなか歯ごたえがあるな』とか言いながら噛む。

11、毎日の5分間筋トレをする。

12、ごはんをちょっと残す。大体食べ終わるしばらく前から、『もういいや』と思ってるけど惰性で食べてることが多い。

13、当たり前だけど運動をする

14、早起きをする(つもり)

ぐらいです。

 

今のところ、

▼サプリメントで脂肪燃焼
▼プロテインで筋力増強
▼消化の良い食べ物を選んで食べる
▼糖質、炭水化物ダイエット
▼ライザップに通う(前科1犯)
▼ビリーズブートキャンプに通う(前科2犯)

などはしていません。これらは生活習慣ではなく、 意図的恣意的な不自然な行為だし、第一お金がかかるからです。短期的には良くても、長期的に続けることはできません。それで変わった体型は、経験上まず間違いなくリバウンドします。

家康のように、本丸をいきなり攻めるのではなく、まずは外堀から。食べる時間をコントロールし(結構出来てる)、食べる量をコントロール(イメージでは出来てるけど実際と乖離はある)しました。これはスポーツで言えば下半身を作っているのと同じような感覚で、最大瞬間風速で82.2kg、平均値で83kgぐらいまで来たので、ここからは少しずつ『上半身』のトレーニング、『スキル』のトレーニングを入れていこうと思います。

あと3週間で4kg、頑張ります。

 

 

ダイエットも仕事もスポーツも、巡航速度の向上を目指す

マラソンでもトライアスロンでも、ゴールタイムが速い人というのは、『巡航速度が速い人』とほぼイコールです。『最大瞬間風速』が速い人ではありません。僕が典型なのですが、下りは速いけれども登りがからっきしだめ、平地もそこそこ速いけどエイドでの休憩が長い、などの、『上がったり下がったり、進んだり止まったり』が多い人というのは、結局のところ途中でペースを乱すことになり、あまり速いタイムは出せません。

つまり、『ナチュラルに出せて、出し続けられるスピードの上限値』がその人の実力と言ってもいいわけです。僕はどちらかというと『瞬間最大風速』が速い人間なので、マラソンにしろトライアスロンにしろ、そこのところで苦労しています。『余裕なペースを引き上げる』という作業は、どのスポーツでも当たり前のことなのでしょうが、僕はそこのところをサボってどれだけ一瞬に素晴らしいパフォーマンスを出せるかだけを追い求めていました。アホです。

ちなみに仕事もダイエットも全く同じで、結局のところ、ある一定期間においてどれだけ色々なものを削って頑張れるかよりも、どれだけ長期間に渡って高トルクでパフォーマンスを出し続けられるか、の方がはるかに重要であると、最近気づきました。

ホームランを年間30本を3年打ってその後引退してしまう選手よりも、年間ヒット200本を10年連続続けるイチロー選手の方が、はるかにスゴいというわけ。僕は数年前からこのスタイルを仕事でも取り入れはじめていて、今のところトライアンドエラー中ではありますが、少しずつ成果につながってきたかなという感覚はあります。

ダイエットも同じ。短期的に痩せるメソッドは沢山あれど、長期間に渡って痩せ続けるメソッドというのは、基本的にはありません。必ず何かを犠牲にして短期のメリットを取りにいっているからであり、それを長期間続ける意思と決意がなければ、なかなかに難しいと思います。

むしろメソッドではなく、昔から言われている生活習慣の確立に焦点を当てた方が、中長期的に見てはるかにパフォーマンスが良いと判断をしました。それが上記に書いたような1〜13の、至極当たり前で、特別何の努力も必要ではなく、原理原則に基づいた方法です。

ここを固めることによって、僕はダイエットにおいても巡航速度の最大化を図ることができると思っています。また報告します。

今こんなおなかですが。

IMG_1014

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

 

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。