ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

iPhoneが壊れ、パソコンがフリーズして分かったリスクについて #577

time 2015/04/08


 

先日、iPhoneが壊れまして。(その1その2)そのことに関して思ふことをつらつらと。

IMG_0463

iPhoneが壊れてから起きたこと

カンタンに言うと、

iPhoneを落としまして、画面が写真の通り割れマクリマクリスティな状態になりまして、ほとんど何も見えないのでiPhoneを交換すべくその前にデータを保存しようと思いまして、そしたら娘の写真が8000枚ほどあることが分かりまして、それを保存する方法がよく分からず調べた通りにパソコンに一旦保存しようとしたら8000枚の要領が大き過ぎてパソコンがフリーズしてしまいまして、やっぱりやめて他に保存しようとしたのですがどうしてよいか分からず、とりあえずパソコンの要領を空けようと思って試行錯誤してたらどうしてよいか分からず、ビックカメラのアップル修理センターに持っていったら初期化を促され、それはさすがにイヤだといったら専門用語を連発されてメダパニにかかったかのように混乱し、とりあえずパソコンの容量を空けるために師匠に泣きつき、そしたら師匠が嫌な顔をしながらも助けてくれ、そしたらその日から3日ぐらい連続で師匠の家に入り浸ることになり、そのたびに嫌な顔をされつつ忠誠心を剥き出しにして媚を売り、そしたら少しパソコンの容量が空いたのでそこに写真を入れこみ、そしたら3000枚ぐらい入れたところで写真のインストールが止まってしまい、仕方なくパソコンでなく外部ディスクに保存しようとしたら一度パソコンを経由しないと出来ないことが分かり、パソコンに移動させようとしたらまたフリーズし、結局数百枚ずつ丁寧に移動させることにし、やっとパソコンに全部移動できたと思ったらそこから外部ディスクに移動させるのにまたフリーズし、それを数回繰り返したので別の外部ディスクを買ってきて、そちらになんとか移動させることに成功したらやっとパソコンの容量を空けることができ、そうしてやっとiPhoneを代える環境が整い、壊れてからここまで約1ヶ月かかってiPhone5をiPhone6に代えることに成功しました。

長い?iPhone壊れて復活まで1ヶ月かかった元IT企業社員ってあまりいないでしょうね。『割れてても見えますから!いちいち交換してたらもったいないし』と倹約家を演じてたのですが、実際はかなり困ってました。

 

 

統合するリスクについて考えよう

僕がiPhoneでやっていることは、以下のことです。

・メールをする
・(ほとんど使ってないけど)LINEをする
・Facebookをする
・目覚ましをかける
・ダイエット記録を取る
・電話をする
・メモをする
・写真を撮る
・動画を撮る
・Youtubeを見る
・娘を起こすための動画を見る
・囲碁の対局をする
・囲碁の棋譜を見る
・スカイプをする
・マラソンのペースを測る
・計算をする
・郵便番号を調べる
・プリキュアの映画がやってる時間帯を調べる
・妖怪ウォッチの映画がやってる時間帯を調べる
・ドラえもんの映画がやってる時間帯を調べる
・音楽を聞く
・各種情報を調べる
・勉強する
・テザリングによってパソコンをインターネットに接続する

and so on ・・・

めっちゃ便利やん!めっちゃ便利やん!めっちゃ便利やん!

これらのことをたった一つの端末で出来るなんて、僕が子供の頃から考えても夢の世界に近いし奇跡としか思えません。

そして、ご想像の通りこれだけのことをやっていたiPhoneが壊れた瞬間、

 

 

全部出来なくなりました。

 

これは痛かった。

勿論全部が全部、全く出来なくなったわけではありませんが、スピードが落ちたり質が落ちたり機能不全に陥ったり、それはそれは散々でした。病気になったけど病院にいくお金がないからますます症状が悪化して、のせいで就職もままならず・・といった感じで問題の原因が問題になっており、その問題を解決するための方策が別の問題のせいで処理できないという状態が1ヶ月も続いてしまいました。

そもそもの原因は僕がiPhoneを落としたこと、そしてその代替機種にするまでのプロセスにおいてITに関してあまりにも無知だったために引き起こされた問題でした。しかし別の角度から見れば、これらの全てがフリーズするに至ったのは、それらの機能が

 

iPhoneに統合されていたから

 

という、笑うに笑えない理由からです。一つの端末に全てがまとめられていたことにより、その端末のデフォルトで全ての機能が停止してしまったのです。

確かに雑多なものを統合することは、デメリットよりもメリットの方が多いように思われます。昔はそれぞれの電車で全て切符を買わなければいけなかったのが、PASMOやSuica1枚で日本全国乗れるようになったのは非常に便利です。パソコン1台でインターネットだけでなくテレビも映画も見れて、遠隔地のじいちゃんばあちゃんに孫の顔を見せてあげられるのも便利です。

 

でも、今回思い知ったのは、統合が致命傷になることもあるってこと。

確かに統合されたらコストメリットが出るにしても、上下水道が一緒になった水を飲みたいと思う人はいません。やっぱり分けててほしい。男女のトイレが一緒になったら、かなりの確率で問題ありでしょう。スペース的な効率は悪くても、弱者である高齢者や妊婦さんが安心して座るための優先席は、やはり必要だと思います。

スマホというのは、電気やガスや水道と同じくライフラインに近い存在になりつつあります。そして今回の僕のように、それがスタックしてしまうことで、日常生活にも支障が出るほど膨大な損失を生む可能性があります。ここのところのトレンドとしては統合することが正義であり、合理的であり、効率的かのように言われていましたが、実際は分けること、非合理なこと、それゆえに安全だったり安心だったりということもあるのだな、と強く感じた次第です。

人生におけるチャレンジは一石五鳥以上のものしかやらないのですがね。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。