先日娘と話をしていたら、5歳児の口から、『ヤバいヨ〜』という言葉がでできてビビりました。直そうとしたけど、ケタケタ笑いながら、『ヤバいヤバい』を繰り返すばかり。かくして言葉は乱れていくものだと思い知りました。
market-601580_1280

 

『ヤバい』についてのヤバい話

先日後輩を美味しいご飯に連れていったときのこと。どうだった?と聞いたら、
『いや、めっちゃ良かったっす!』とのこと。
後日その後輩に、これぞと思う講演を紹介したときのこと。どうだった?と聞いたら、
『いや、めっちゃ良かったっす!』とのこと。
想像できるかと思いますが、その後日オススメの本を紹介したときのこと。
『いや、めっちゃ良かったっす!』とのこと。
 
『ヤバい』という言葉について。『ヤバい』という言葉はとても多くの場合に使えるぐらいヤバいです。
▼あの子ヤバい=あの子超可愛い
▼あの店超ヤバい=あの店超美味しい
▼ラーメン二郎はヤバい=ラーメン二郎を食べると20分以内に腹を壊す、特に三田本店
▼テストがヤバい=文字通りテストがヤバい
▼あの先生ヤバい=あの先生は単位くれない
▼あのじいさんヤバい=あのじいさん、年齢のわりに100kmマラソンとか出ててハンパない
▼あのばあさんヤバい=あのばあさん、歩くの速すぎ
▼この仕事ヤバい=この仕事超おもしれぇ
▼その仕事はヤバい=その仕事はとても危険だ
▼あの仕事はヤバい=あの仕事はブラックだぞ完全に
▼あいつヤバい=あいつ、覇王色の気が出ていやがる
▼このお菓子、ヤバい=昔食べたビックリマンチョコの味に似てるぜ
上記のように、『ヤバい』という言葉は、幾多もの表現を代替することが出来る便利な言葉です。冒頭の後輩の『めっちゃ良かったっす!』も似たようなものですね。
 

全然違うものが同列になってしまう

ブログを書いているからか分かりませんが、結論から言えば、僕は上記の『ヤバい』のように、幾十幾百もの意味に取れてしまうような言葉を、あまり使うべきではないと思っています。あるいは使ってもいいけれど、使うならその意味が共通言語として認識されるようにすべきだと思います。
1足す1が2以外にあり得ないように、人にものを伝えようとするときには、一意的に意味が伝わるようにしないと、コミュニケーション出来ないからです。『DB』というと、ある一定年齢層の人には『ドラゴンボール』ときちんと伝わりますが、IT業界の人には『データベース』、社労士やFPの人にとっては『確定給付年金』として捉えられてしまいます。これではあきまへん。
例えば僕は、一時期バックパッカーをしていました。日記を書いたり、後からブログで少々振り返ったりしました。本当に多くの経験が出来て、そのどれもに感謝をしています。ところがこれらを『ヤバい』という言葉で括ると、どうなるか?
▼メキシコでルチャリブレ(メキシコプロレス)の選手に選手としてスカウトされた経験も、
▼7カ国語をしゃべる女の子の高過ぎる志に心打たれた話も、
▼ナポリで食べたマルゲリータ発祥の店のマルゲリータが何の変哲もないのにめちゃウマだった話も、
▼トルコで1日目に騙されて旅行代理店で大金を失った話も、
▼その旅行代理店に怒鳴り込みにいったらヤクザみたいのが出てきて逃げてきた話も、
▼タージマハルの圧倒的な景色も、
▼エジプトの数千年前に栄えた文明に馳せた想いも、
▼インドで25歳にして大きい方を漏らして8時間後にその事実に気づいて頬を赤らめた話も、
全部が全部、『ヤバい』に集約されてしまいます。後で思い出したり編集したりする際に、『ヤバい』しか出てこないとしたらどうでしょう?それぞれが珠玉の経験で、そのとき感じたことは千差万別で、しかし表現としては『ヤバい』しか当てはめることが出来ない。
これでは、全く異なる価値を持った全く異なる経験や知識が、同一線上に無機質に並べられるだけになってしまいます。先の後輩の例で言えば、たかだか美味しいだけの食事と、人生を変えるかもしれない講演会での経験が、『めっちゃ良かったっす』というボキャブラリーしかないせいで、同列等価で並べられてしまっているということです。
これ、ヤバいよね?後から思い出そうとしても、『ヤバい』検索から導きだされるものは決して多くはありません。
言葉の種類を持つということは、走馬灯のように通り過ぎていく人生の出来事のその一つ一つを、きちんとアルバムに残した写真のように、1ページ1ページ克明に描写できるということです。だから僕はブログを書いて、言葉の種類を多く持とうとしています。
娘がヤバいって言い始めたのはとてもヤバいので、振り返って後でパパヤバい!と思ってもらえるようにヤバい量の文章をこれからも書いて、娘のヤバい語彙を修正していきたいと思います。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事