※スイム3.8km、バイク190km、ラン42km、計236kmの国内最長レース、『佐渡国際トライアスロン(=通称アストロマン)』を完走しました。制限時間15時間半。ゴールしたのは15時間27分。奇跡の3分前!またまた赤裸々にお届けします。

過去の赤裸々レース系エントリはこちら。

日本一赤裸々な野辺山100kmウルトラマラソン日記

帰ってきたウルトラマン~柴又ウルトラ100km列伝

IRONMAN JAPAN2014完『騒』記~半年間の奇跡の軌跡~

本当に帰ってきたウルトラマン 野辺山高原100kmウルトラマラソンで号泣した話

バラモンキング2015完走記

※チーム『ポセイ丼』の登場人物はこちら。

元帥:1期生。ポセイ丼の王にして絶対君主。黒い、太い、声が低いの恐怖政治三拍子。

仙人:1期生。見た目が解脱気味。中身も解脱気味。100km以上の距離しか愛せない。

みよっしー:2期生。ポセイ丼初の優男。隙がない系でちょっと心配。今回のMVP。

【気づけば『きのこの山』の山】

今年は5月の野辺山100kmウルトラマラソン、6月のバラモンキングとレースを経て、少し自信が付き始めていた。夏本番はレースがないので、その分がっつり練習を積んでスタミナをつけて、なんならシックスパックな腹筋を携えてアストロマンにチャレンジする予定だった。
が、その野望は脆くも崩れ去ることとなった。原因はコイツ。
IMG_0864
やめられない、とまらないのは、かっぱえびせんだけだと思っていた。しかし以前書いた通り、7月の発売以来、気づけば通算で『きのこの山』の山が出来てしまっていた。30箱は食べたかな?もう少しかな?
僕の宣伝のせいで3日で6箱空けたというおばかな人もいたみたいだけれど、それを笑えないぐらいコイツは旨い。娘に見つかっても、『それは大人用のやつで、食べると口がぐぉぉぉ!って痛くなるから!』と言ってごまかしてたぐらい。
 

【パーキンソンの第三法則に侵されたカラダ】

英国の歴史学者、パーキンソンは、自国の政治経済の状況を分析し、以下のような法則を導きだした。
第一法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する。
第二法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する。
官僚の数がバンバン増える原因や、国の支出が一向に減らず財政赤字を叩き続ける理由について、このパーキンソンの法則が当てはめられることが多い。
ここで意外と知られていないパーキンソンの第三法則について、ご紹介しておきたい。

第三法則:人間の胃は、出された料理の量に応じて膨張する。

IMG_0993
表彰式で一人訪れたハワイでは、ウルフギャングステーキを頼みまくって食いまくって完食した。
前述のきのこの山も、一度空けたら生産者に失礼だということで常に完食した。
オフィスの近くに有名なカレー屋さんがあり、しかもそこはデフォルトで大盛りだったが常に完食した。
結果として、おそらくは胃が拡張したのか、大盛りを食べてもお腹が一杯にならなくなり、大盛りを食べてもすぐにお腹が空くようになった。
完全にパーキンソンの第三法則に侵された形だ。
激戦でいい感じに痩せていたはずの肉体は、いつの間にか元に戻って、しかも少しデニスロッドマンな感じにリバウンドしていた。
IMG_0927
 
胃に異変を感じたときには、もう既に拡張はだいぶ進んでいたようだった。レースまで2週間を切ったときに、自分のカラダが異様に重いことに気づいた。靴ひもを結ぶときにも、腹が邪魔するようになっていた。。。
***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事