ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

祝!777回継続記念 3つの「7」について語る #777

time 2015/10/26


 

「娘たちへの遺言」をサブテーマにしたこの「ラオウを目指す羅王のブログ」、なんと連載777回を迎えました!!!

普段から読んでくれているそこのアナタ!ご愛顧まことにありがとうございます。多忙ななか時間を無駄にしてしまい、申し訳ありません。

本日のエントリでは、777エントリ目記念ということで、3つの「7」について語りたいと思います。

 

1つ目の「7」〜軍事関連のおすすめ読本〜

お題に困った・・・のではなく、純粋にこれからの数年で軍事について勉強しようと思っています。ちょうど安保法案も通ったことだし、戦後からつい最近までのように、「軍事に関しては自分の知らないところで自衛隊の人たちに任せとけばいんじゃね?」という時代ではなくなりつつあるように思います。

また、安保法案騒ぎみたいなことがまた起きたときに、ヒステリックに反応するのではなく、きちんと現実を見据えた意思決定が出来るかどうかが、これからを生きる人間のキーポイントになってくるのじゃないかと僕は思ってます。

厭戦どころか嫌戦を貫いてきた僕たちの国は、今大きな岐路に立たされています。言うまでもなく、お隣の国が色々ジャイアン的なことをするからですが。なので厭戦、嫌戦を貫くのか、あるいは違う道があるのか、少し真剣に国民全体で、素人の目線で考えねばならないだろうなと思うわけです。

ただ、この手の分野は取っ付きづらいので、僕が過去に読んでふむふむなるほど、おもしれー!と思った書籍を挙げておきます。このへんを押さえておけば、別にクラウゼヴィッツを読んでなくても、一般のお花畑人間よりは少しだけ平和とはなんたるか、集団的自衛権とはなんたるかについて、現実的な解を自分のなかに持てるんじゃないかと思います。

順不同で列挙します。

 

①失敗の本質(戸部良一ほか):日本の戦争およびビジネスでの「負け方」がほどよく抽象化されてる逸品。

 

 

②銀河英雄伝説(田中芳樹):これほど歴史に精通した作家を、僕は他に知らない。

 

 

③坂の上の雲(司馬遼太郎):ご存知定番。バルチック艦隊をぶっ飛ばせ!

 

 

④終戦のローレライ(福井晴敏):映画はイマイチだが、これは秀逸。戦争に負けることの意味がよく分かる。

 

 

⑤亡国のイージス(福井晴敏):上記と異なり現代の防衛体制について。何を守るべきか?を考えさせられる。

 

 

⑥水滸伝(北方謙三):泣ける歴史小説!東野圭吾のようなふんわりした小説が以後読めなくなる副作用アリ。

 

 

⑦キングダム(六将王騎):今一番面白い漫画。コレを読んで水滸伝を読んで銀河英雄伝説を読めば開眼できます。

 

以上7つ挙げてみましたが、これらを読むと、「とにかく9条を護持してれば大丈夫だし、日本は世界に対して余計なことをしなくて大丈夫」という考えがいかにキケンなものか、よくわかると思います。平和を愛するがこそ、日本を愛するがこそ、この類いのことをたまには考える習慣をつけないとね。

 

2つ目の「7」〜7つの習慣(羅王編)〜

「人は習慣の生き物である。」とは誰が言ったんだったか。本当にその通りで、意識してやっていることも当然のことながら、むしろ意識しないでやっていることによって人間は作られます。

現に、「しょっぱいものを食べたら甘いものを食べ、甘いものを食べたらしょっぱいものが欲しくなり、しょっぱいものを制覇したら甘いものに回帰してしまうループ」に無意識に侵されている僕は、レースシーズンが終わったと同時に目下急激に太り始めています。

なので、自分を変えたいと思えば、普段意識していないことを意識し、そして強制的に関節を逆方向に曲げるがごとく痛みに耐えながら、自分に強制的な矯正をかけ続けるしかありません。

つまり、痩せたければカロリーの収入を支出以下に抑えるしかないのです。それは僕にとって、地獄の苦行です。

ということで以下、僕が普段から習慣としている、もしくは習慣にしようとしていることについて、列挙しています。

 

①48時間ルール
「お!」と閃いたら、48時間以内に着手します。今日は忙しくて無理でも、明日も引き続き忙しいと言い訳をしているのはいけません。逆に48時間以内に着手出来ないものに関しては、「アツアツで出てきた美味しい料理も、1時間経って冷めちゃったら美味しくない理論」と同様に、あまり盛上がらないか、そのまま何もせずお蔵入りとなるケースが多いです。

 

②居心地の悪い場所に身を置く
自分がそのコミュニティにおいて上位にいる場合、人はcomfortableに感じます。自分が会話の中心にいつもいられるような組織にいたり、自分がレギュラーなチームでプレーするスポーツは楽しいですよね。反対に、自分がいつも下位に位置し、いつも補欠だったりすると、ちとツラい思いをすることになります。

これは本能にヒエラルキーを植え付けられている人間という生き物の構造上、仕方の無いことです。が、伸びるのはいつだって自分以上の人と接しているとき。年長さんに混じって遊ぶ年少さんが急激に成長するのはそのためです。大人である現在も、コミュニティのいくつかは、「お前、補欠ね」と言われかねないレベルのものに属しています。

 

③TTP
「徹底的にパクる」の略。「学ぶは真似ぶ」とか、みんな知ってるとは思いますが、自分の子どもにはそれを強いるのに大人である自分はそれやってんの?と思うことしばしば。ほとんどの人は、自分の経験、自分のフィルタを通して新しい物事にバイアスをかけてそのまま取り入れません。そしてそれは成長速度に如実に表れます。

それはとても勿体無い。僕のブログ、注意深く読むと、パクリのオンパレードです。そこにプライドはありません。しゃーないやん、出来ないんやから。仕事も囲碁もトライアスロンもブログも、全部パクりから派生して自分の型を作っているのです。

 

④ブログは文章主体で書く

ブログに写真を用いることは勿論あるし、見て分かる通り娘たちは頻繁に登場します。トライアスロンのときとかも写真だらけ。でも基本的には、文章を主体としたブログを心がけています。文章で何かを伝えるということは、自分が見ている景色と同じ景色を相手に見せるための努力が必要だから。写真を使うと、その努力が必要なく、なんだかそれっぽいブログになるから。

ブログを修行の場と捉えている僕にとって、それはあまり効果的な選択肢とは思えないのです。文章だけを読ませているのに、映画のような臨場感がある。そんなブログを目指しています。

 

⑤出逢った人に「3年」をプレゼントする
くそ忙しいなか僕に出逢ってくれた人に対しては、できるかどうかは分かりませんが3年分の時間をプレゼントするよう、心がけています。つまり、僕の持っている知識や経験のなかで、その人が僕からそれを得なければそのことに気づくのに3年はかかっていたであろう地点まで、僕と出逢った1時間やそこらで僭越ながらお連れする、ということ。

勿論、自分の専門分野についてしかこれはできませんが、逆に言えば専門分野であればそれが出来ます。そろそろ自分がTakeするだけではなくて、Giveする年次に入ってきたので、特に若い人に対してはそれをやるようにしています。

 

⑥1勝10敗でよしとする
「1勝99敗でよし」とするユニクロの柳井さんのように達観はできませんが、それでも1勝10敗でよしと思うようにしています。大人になるとどうしても、10勝0敗を目指したり、よくて8勝2敗がギリギリだったり、とにかく勝ち=うまくいくことしか見なくなります。

しかしそれは、より大局的に見れば、「出来ることしかやっていない」と同義です。「今日もトイレが流せた!これで1勝!」で良いのでしょうか。似たようなことを大人はやりがちです。そこに成長はありません。1勝するまでに10敗するようなチャレンジ、そしてその1勝が10敗を凌駕するようなチャレンジをしていきたいと思っています。

 

⑦良い意味で他人に期待しない

お母さんが赤ちゃんには怒らないのに、3歳児や5歳児(特に男児)にはキレまくるのは、「期待をしているから」です。要するに「自分の言うことを理解してくれるはず」という期待があるから、それが叶わなかったときに怒るわけです。3歳や5歳の子どもからしたら、お母さんの言うことなんて高度すぎて1/5も理解出来ないのに、良い迷惑ですが。

人を信じるのは良いことですが、期待をするとそれが裏切られた場合に、恨みに変わります。代表例が、「感動的なプロポーズしてくれると思ってたのに、ただ指輪渡されただけだった!」という、幸せが恨みに変わる例のパターンです。天使だと思ってたこじはるがジャニーズと付き合ってることが発覚したときも、同じような感情を抱きますね。GiveしたとしてもTakeを期待しない、というのは、なかなかに器を必要とします。

 

 

3つ目の「7」〜7つの目標〜

2015年も残り2ヶ月、今期も残り5ヶ月となりました。改めて、現在目標に掲げているものを列挙しておきたいと思います。

 

①少し痩せることにしました
「ラオウ」を目指すにあたり、想定必要体重、体脂肪は90kg、10%と判明しました。五郎丸より少し小さいぐらいです。
これぐらいのカラダであれば、黒い馬に乗ったとしても、馬から器不足で拒否られることもないと思われます。ユリアはうちに3人おりますので、あとはこの体型を手に入れて、馬主になればラオウになることができます。

取り急ぎ、80kg15%を今期中に目指します。どうもレースがないと激太りする傾向にあるので、ちと「MYZAP=マイザップ」することにしました。自分で自分を管理して痩せるという意味です。以前RIZAPに行ったら2ヶ月で2キロ太ったので、もうやりません。

 

②囲碁五段
今囲碁初段。三段戦では三段取得はならなかったものの、四段を倒したのであと三息ぐらいかなと。しかし目指すは五段。「囲碁五段です。」と言ってみたいだけです。初めて1年なので、あと1年以内に取得します。

 

③アイアンマン世界選手権出場
2014年にトライアスロン歴半年でアイアンマン(スイム3.8km、バイク180km、ラン42km)を完走しました。2015年は同じ距離のものを2本走りました。タイムはボロボロ、かろうじて完走です。が、中長期的にはやはりハワイで開催されるアイアンマンの世界選手権に出てみたい!

年齢にもよりますが、総距離226kmを10時間半切りぐらい?で出られるようなので、最後のフルマラソンを笑いながら3時間半で走れるぐらいじゃないと厳しいみたい。果てしない道のりです。

 

④フルマラソン3時間半切り
上記のためには、そもそもフレッシュな状態でのフルマラソン3時間半切りなど、もはや昼飯前で楽勝なぐらいにならねばなりません。今のとこ、ベストが3時間58分なので、3時間半切りすら遠い。。MYZAPがてら、今期中に目指すことにします。

 

⑤極真空手初段取得
初めてからあまりにダラダラとやってしまった極真空手。そろそろ初段に向けて舵を切りたいと思います。極真の場合はその他の競技と違い、白帯〜茶帯の距離よりも、茶帯〜黒帯の距離が長いと言われています。どんだけ難しいんだ。しかしやはり黒帯はどうしても取得したいので、ラオウになるのに避けられない道として制覇することにします。このままでは世紀末を生き残ることはできません。

 

⑥朝4時起き
「朝5時に起きてる人は結構いるが、朝4時に起きてる人はあまりいない」というシンプルな理由から朝4時起きを目指してますが、今のところ壊滅状態。どうも睡眠時間以前にやらなきゃいけないカラダのメンテが沢山あるようで、後回しになってしまっています。

これは40歳ぐらいまでに身につけたい習慣。そうすれば子どもとの時間も沢山取れるし、自分のことは早朝に終わらせることができます。

 

⑦本業自己ベスト 今の3倍に
そろそろ普通の社長杯入賞、普通のMDRT入会でいる自分に、飽きてきました。なぜなら、数値的に変わってないということは、結局退化はしてないけど成長もしていないということだから。勿論、激変する業界の波に流されなかった自負はあります。が、もう少しいけるところまで行ってみたい。

具体的には今の3倍の基準を目指します。界王拳3倍。ちょうど、カラダがギシギシいってヤジロベーに叩かれても痛みに耐えかねるレベルです。が、それぐらいがちょうどいい。もっともっと勉強、行動して、モノホンのプロフェッショナルになります。暇な人は見ててください。

 

そんなわけで今後も「ラオウを目指す羅王のブログ」を宜しくお願いいたします。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。