ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

外リーマンの強い味方カフェ #794

time 2015/11/13


 

僕は外リーマンなので、基本的には社外に生息している。渋谷、新橋、有楽町あたりによく出没しているかな。

下を向いて肩身狭そうに、自信なさそうに歩いている小柄な漢が歩いていたら、それが僕である可能性は結構高い。ぜひ声をかけてほしい。合い言葉は、「こじま」「はるな」だ。前者を言ってくれたら後者を僕が言う。

***

外リーマンならみんな、喉から毛が出るほど欲しがっているのが、電源とちゃんとつながるWi-Fiだ。電源がないといちいち会社に戻らねばならなくなるし、Wi-Fiがないと円滑な通信は望めない。テザリングだとちょっとしたことですぐに制限に達してしまう。5時間とか滞在するのでもない限り電源は不要だが、Wi-Fiの方はあるととても嬉しい。

これから日本に今まで以上の外国人が来ると言われているが、果たして今程度の通信環境で大丈夫なんだろうか?地下鉄はいちいち認証を求められるし、ひと駅ごとにルータが変わるからかブチブチ切れる。カフェでも、結構認証がめんどくさかったり、そもそも無料じゃなかったり事前申請が必要だったりする。

日本の悪いクセで、おいでやす!おいでやす!と言うわりに、英語もしゃべらないしWi-Fiも用意してない。こういうところを直していかないと、日本の栄華は望めないと思っている。

さて、よく出没するエリアでは一応Wi-Fiの完備された場所をチェックしている。知ってる人は知ってるし、知らない人は僕みたいに知らないと思うので、役に立つか分からないけれど出没エリアでお世話になっている無料Wi-Fiスポットは下記。

***

①スターバックスコーヒー@どこでも
言わずと知れた名店。つながったり切れたり遅かったりがたまに傷で、恐らくは長期滞在を防ぐためにわざとやっているのだろうけれど、しかし他チェーンと比べて圧倒的に使いやすいWi-Fiを提供している。

惜しむべきはどこもひたすら混んでいることと、食べ物が異様にマズいことだ。誰が頼むの?って感じのパサパサの味のないサンドイッチを食べて、何度か後悔した。ドーナツもミスドの方がはるかに美味しい。が、これも長期滞在や食べ物メインの客を遠のかせ、利益率の高い飲み物で稼ぐモデルの性分なのか。

認証登録が必要。

 

②バンブー@シェラトン都ホテル東京1F(目黒)
勤務地目黒から専用バスで行けるところにあるオアシス。別に会社でやればいいんだけど、集中したいときはここに逃避している。毎度行くたびに僕みたいのがすいませんとか思うほど、ゆったり広々としたつくり。窓の外に流れる滝や緑を見ながら、落ち着いて書き物が出来る。

が、当たり前だけれど値段が高い。アイスコーヒー1杯1100円、パスタ1つで2500円とか。あと、ソファがふかふかでカラダが沈み過ぎるので、いつの間にか寝落ちしてしまうので、体力に自信のある人にしかおすすめできない。

速度のしっかりした無料Wi-Fiあり。電源はない。

 

③エスタシオンカフェ@渋谷エクセルホテル東急(渋谷)
上記シェラトン都ホテルのラウンジを見習ってほしいのがこちら。白を基調としたゴージャスな作りで、机も広々として非常に使いやすい。場所柄もあり外国人の方が多く、なんだか自分がグローバルな世界にいるような気がしてくる。

ラウンジそのものはシェラトン都ホテルとどっこいどっこいなのだが、ここはいかんせんトイレが汚すぎる。狭い、匂う、流れが悪い、黄色い。飲食店とホテルは、トイレで顧客を逃すということをちゃんと勉強した方が良いと思うのだけれど、立地がよすぎて顧客が途絶えないため、改善の気持ちが湧いてこないようだ。このホテルのレベルにしてこのトイレのレベルは、ちょっとないと思う。トイレ大使としては、絶対に許せない。

速度のしっかりした無料Wi-Fiあり。電源はない。ここで仕事をすると、帰りに下の階のつばめグリルに寄ってしまう。ダイエット中の身には宜しくないコンボだ。

 

④エチカフィット(永田町構内)
うちから会社に向かう途中に、ボランチみたいな位置にある絶妙なポジショニングのスペース。

カレー、そば、丼もの、定食、ステーキ、パン、デザートなど、一応何でも食べることのできるフードコートが敷設されている。食事時は混むけれどそれ以外の時間はスカスカで、場所が場所なせいか、受験勉強をしている人もいなければ、大声でしゃべるおばさんもいない。非常に快適。

メトロWi-Fiのため安定性に難ありではあるけれど、電源があるのが非常に心強い。

ただし、ここもダイエット族には鬼門となっている。①ドリンクを頼む→②しばらく仕事したらお腹が空くのでご飯を食べる→③その隣で八天堂のクリームパンを食べる、というコンボが容易に成立する。

上階にアディダスのランステーションがあるので、そこに荷物を預けて走ることが可能。しかしその場合はまたココに戻ってきて栄養補給、なんてことになりがちなので注意。

***

外にいるときは上記をローテーションし、それ以外のときは家のWi-Fiに頼るか、携帯のテザリングで制限を気にしながら接続するということをやっていた。

で、つい先日、サラリーマンの聖地、新橋にも、これはと思う場所を見つけた!サラリーマンの聖地に外リーマンの聖地があったとは・・・

新橋駅のSL広場を抜けて少し歩くと、見えてきたのがこちら、⑤Cafe Cotton Club。カフェというには少々豪奢な作り。

IMG_8546 (1)

 

入り口のおっさんが、今日のおすすめは電源とWi-Fiだよ、と教えてくれる。

IMG_8547 (1)

 

「カフェで仕事したい」というにしてはあまりに大げさな作り。ボーリングにちょうど良さそうな空き瓶が多数並んでいる。

IMG_8548 (1)

 

店内は「ゴチャゴチャした新橋にこんなとこがあったんか!」とびっくりするような広さ。反体制はのレジスタンスが集まるとしたら、こういう場所だろうと思う。地下のため電波が悪いというデメリットを解消するためにWi-Fiが完備。そして席には電源。完璧だ。まぁ高いんだろうけど。

IMG_8549 (1)

 

と思いきやカフェオレはスタバとあまり変わらない450円。量は1.3倍ぐらい。弱点が見当たらない。

IMG_8550 (1)

 

最初に発見したときはびっくりして、次に来ようとしたときは結婚式の2次会か何かで貸し切りになっていた。スペース的に魅力のある場所なので、そういうことが頻繁にあるのかもしれない。そこだけがデメリット。駅からの距離、広さ、雰囲気なども完璧といっていい。しかも食事時以外は混まない。

店内が広すぎて、一人でいるとデスラー総統が座る椅子みたいな巨大シェルに一人で座らされたりするので、今度誰かいきましょう。

あ、そうそう、もう1つおすすめカフェがありますた。

 

⑥カサ・デ・羅王(日本一丁目)
日本の中心に位置するカフェ。無料Wi-Fi、電源、筋トレ用具完備。店員さんは6歳と0歳。すぐ絡み付いて来たり、乗ってきたり、ジャマしてきたりするので仕事は一向にはかどらない。

また、一緒に寝ようアピールがスゴく、眠りに強制的に引きずり込まれるため生産性はゼロに近い。

家で仕事出来る人はほんとにスゴいと思う今日このごろ。最近ちょっと首筋が発達してきた店員さん。口からハチミツの匂いがする。

IMG_8385

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。