ラオウを目指す羅王のブログ

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!我が生涯に一片の悔いなし!!!

思ったより思うようにいかないときに思うこと #811

time 2015/11/30


 

思ったより物事が思うようにいかないことって、人生にはあると思う。というか、結構ある。いや、かなりある。なんなら、思ったより思うようにいかないことしかない。思ったように行ったことって、そういえばあったっけ?

こういった、「思ったより物事が思うようにいかないとき」に思うことというのは、大抵が

▼あれ?おかしいな?

▼こんなはずじゃないのに?

▼たまたま失敗しただけだわ。

らへん。

これは僕だけじゃないと信じたいが、大体このどれかだ。ビジネスのような複雑なものだけじゃなくても、例えば初めてけん玉をやったとき、テニスでいつも通りラケットをぶん回したら大アウトしたとき、スキーの何気ない斜面でコケたとき、囲碁で格下と思われる人に負けたとき、僕はこれらの言葉を頭に浮かべてきた。

ところが、よくよく考えれば誰にでも分かるように、けん玉がうまくいかないのも、テニスでアウトするのも、スキーでコケるのも、囲碁で負けるのも、実際は全部自分の実力。0.1%しか起き得ないことが不可避的な外部要因で起きているわけではなく、統計を取れば何回かに1回は必ず起きるような、実力通りの当たり前のことが起きてる。

にも関わらず、「あれ?おかしいな?」とか、「こんなはずじゃないのに?」とか、「たまたま失敗しだだけだわ」という言葉が、口にしないまでも平気で頭に浮かんでくる。

これ、正直に言います。

物事を過小評価して、自分を過大評価してる人の言葉なんですよ。

僕、けん玉とテニスとスキーと囲碁の複雑さ、難しさを過小評価して、自分は「もっとできる漢なのに!」って過大評価してるんですよ。

出来るはずのことが出来てないのじゃなく、出来ないはずのことが予定通り出来てないだけなんですよ。

こう書くとどんだけ僕はイタい人間なんだと思えてくるけれど、これって結構な数の人がやっちゃってる思考的バグ。「人間、出来ることしか出来ないんだ!」と叫んでる研修講師が昔いたが、ほんとにその通り。

2015年から2016年にかけて、自分の実力を正確に見極めて、きちんとしたアクションプランに落として一歩一歩前進していきたいなって思う今日この頃。

***

世知辛い世紀末にこのエントリを読んでいただいたことを感謝します。

退かぬ、媚びぬ、省みぬ!!!

我が人生に一片の悔いなし!!!

家族とか教育とかの話

ラオウを目指す羅王のブログ

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

羅王(AKBとも呼ぶ修羅も多いです)

「ラオウを目指す羅王のブログ」にようこそ。修羅が蔓延る世紀末の日本を、「北斗剛掌派」という思想体系を以て変える活動をしています。我が生涯に一片の悔いなし!と言える人生を送るため、101回目のダイエットに励んでいます。